バウハウス 原形と神話の作品情報・感想・評価

「バウハウス 原形と神話」に投稿された感想・評価

今や高齢となった卒業生達のインタビューを中心とするバウハウスのドキュメンタリー。

当時を知る者の生の声というのは、実態を理解しやすいですし、とても興味深いものでもあります。

いつかドイツにも行ってみたい。
途中寝てしまった。

バウハウスについては大学で習ってたのでなんとなく知ってたけど
ナチスや共産主義者と学んでいた事は、初めて知った。
おじいちゃんの話終わった後の得意げな顔が可愛い。
あ

あの感想・評価

-
バウハウス概論 神話的に語られるバウハウスの微妙なところも教えてくれる ナチス登場以前の人の出入りだけを見ても、こういう方面の人材育成の場作りの難しさを感じる
hamburger3

hamburger3の感想・評価

3.5
〈バウハウス100年映画祭「プログラムA」〉

現在も影響を与え続ける「バウハウス」の軌跡。

ナチと共産主義者が一緒に学んでいた事に驚き。

『ニューバウハウス』を合わせて観ると、ラースロー・モホイ=ナジとルチア・モホイの重要性がよくわかる。

途中寝ました、、、。


バウハウスの定義とか、関連する作品がもっとフォーカスされているのかと思ったら違かった。
バウハウスの複雑な歴史や、社会的位置付けみたいなところが描かれていました。

現代におけるバウハウスという所も入れてくれたらもっと分かりやすかったかも。


途中、牛柄の猫がふと横切ったのだけれど、猫すらもなんかデザイン的に感じてしまった。
morine

morineの感想・評価

3.0
いやーおもしろかた。固定と流動、多様と画一、退廃と進歩が共存してるが故、どこか不安定な、でも瞬間的には強烈な煌めきを見せている感じが、バウハウスの魅力だよねん。隣のおじさんはめっちゃイビキかいて寝てたけど、あの音楽は確かに子守唄的な作用があるかもしれないな(笑)
mizubara

mizubaraの感想・評価

3.8
やはり内部に、イデオロギーが別々な誰でも入れることにしたら崩壊する…
ナチも共産主義者もいたことは、ここ最近語れるようになったことらしい。
バウハウスは西ドイツとアメリカが神格化したのか。
デッサウは醜い街
性的な自由
機械化の時代を形而上学的な光に
mingo

mingoの感想・評価

3.6
オスカーシュレンマーのTシャツ着て意気込んで観に行った。グロピウスは革命の機運が急激に退潮していく中社会主義のユートピア実現の夢を断念したがその代わりにバウハウスという学校に火種を持ち込み芸術の世界に新たな火を灯した。元学生たちの肉声は学校の革命的な雰囲気を生き生きと伝えるだけでなく、今なお影響は現在まで続いているのだと確信づける。しかしその芸術的革命理論は右翼からはロシア革命を想起させる文化ボリシェヴィズムだという非難が絶えなく、新天地デッサウに移転せざるを得なくなるがマイスターハウスやテルテン居住区などの建築活動が最盛期を迎える。そこでグロピウスの跡を継いだ二代目ハンネスマイヤーは教育内容を充実させるが、32年ナチスが多数派となったデッサウ市議会でバウハウスの閉鎖が決定。と成り立ちと歴史的展開を具体的な事例と証言を重ねて浮き彫りにしてくれるので勉強にはもってこいの一本。
そしてグロピウスが新天地で実現した巨大な建築物は地域的な人間の繋がりが希薄になり、新建築の理論が暴走した結果、非人間的な都市空間が生まれたというモダニズムの歪みについての真実は大変興味深かった側面である。栄光と挫折があるからこそ神話がより神話として強調されてしまうのだろう
ラウぺ

ラウぺの感想・評価

3.7
バウハウスの卒業生のインタビューやグロピウスらの証言などによって、バウハウスの実像に迫るドキュメンタリー。
バウハウス100年映画祭「プログラムA」

映像がやや古いと感じる作品でしたが、製作は2009年。
1998年のクレジットも入るので、その頃の映像素材を主に使っているのかもしれません。

当事者たちの語るバウハウスの実際の様子は書籍や展覧会などで知る外形的な知識と異なり、授業や学生の生活の様子、当時の世相などとの関わりが伝わり、大変興味深いものです。

その設立当初の様子や、ヴァイマール-デッサウ-ベルリンと移転しつつ変容を遂げるバウハウスの内情は、この画期的な美術学校が時代の流れに翻弄され、14年という短い期間で閉校を余儀なくされた経緯を皮膚感覚で知る貴重な機会を提供してくれます。

ナチスのあからさまな妨害を経て、形式上は自主閉校を決めた経緯は当事者として圧力に屈したと素直に認めたくない微妙な心理の顕れではないかと感じます。

閉校後にナチスに協力した者がいたこと、アメリカをはじめ関係者が活動の場を海外に移してその精神を伝えてきたことを想うと、ナチスが政権を握った1933年という年にドイツでの活動を終えたことはむしろ僥倖というべきだったのではないか、という気がしてくるのでした。
>|

あなたにおすすめの記事