サクリファイスの作品情報・感想・評価

サクリファイス2019年製作の映画)

上映日:2020年03月06日

製作国:

上映時間:77分

3.3

あらすじ

「サクリファイス」に投稿された感想・評価

観る前に 大阪のとある街のコメダ珈琲に入った 店の中は「ビジネス」「オンラインサロン」「占い」「学び」「不動産」といったワードが飛び交い 胡散臭さと意識の高さだけが充満されていて 吐きそうになった けどその人たちはその文脈に則って生きているのだと思った 要は崇高化だと思う この映画も コメダの店内も宗教的といえば簡単だけれど もっと複雑なような気もする ただ 今日は私の精神がゴミなので 気持ち悪いなとしか思えない

エンドロール、 「聖なるもの」(ここではオットー的な「概念として」のことではなく、私たちに所在のない畏怖を与える対象の物体のことを示す)を表しているような気がしてよかった
エンドロールと同様 時折入るノイズも良かった

現実の出来事と連関していながらも 現代に則してないような気がした けれどそれが本意なのかもしれない 新興宗教をキリスト教系の大学のなかで扱う(そしてロケ地も大学と その大学の中の教会)というのもなんだか良いような気がした

シネ・ヌーヴォで観るべきだと思ったし 観てよかった
落伍者

落伍者の感想・評価

1.5
新興宗教ネタをやりたいが為、震災が口実に使われた感。後からインタビュー読んだら震災テーマありきの企画だった。終始一貫して個人の話なのは好き。
つエ

つエの感想・評価

3.0
序盤こそ凝った編集に戸惑うものの、ストーリーとしては90年代〜3.11にいたるまでの日本で起こった様々な事件を背景にした終末論的物語のミルフィーユ仕立てという感じで、何かの漫画・アニメの実写化と言っても通りそう

ただ、オウムやサカキバラ事件とリンクするようなテーマに主に比重がある分、物語としては少し古い感じがした

普通でいることを嫌悪し、特別な物語に入り込むことを希求しながらついに果たせない、という女子大生の役を演じた半田美樹の繊細な表情の演技は印象に残った
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.0
戦争か猫殺し または就活か
と「就活戦線異常なし」の子らの生存戦略
あ

あの感想・評価

-
影が見当たらなくなった街で、亡き人を繰り返し思い返す。抱える思いを吐き出す隙間もないこの社会で、世界を感じるためには息が吐き切れるまで走り続けるしかない。そのために、前に進むために、映画が作られ、前に進むために映画を観る。スクリーンに映るのは紛れもない現在だから。熱気と殺気が目にも耳にも入り込む衝撃作。目がとにかく良い、感情が乗り移った熱い眼をしていた。
柚を観に行った。好きだなー。
映画自体はなんかぼやぼやしててわからないところがあった。
あと、五味ちゃんかわいい。
tgmy

tgmyの感想・評価

4.0
真正な予言/インチキなカルト、災害の記憶継承/不謹慎な読み直し、平凡な日常/狂気の世界、そして高品質な大作映画/自意識先行の学生映画、そんな二項対立がぼんやりと溶けていくような感覚を味わった
あと、村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』収録短編のミックスという感じ
タルコフスキーの映画と同名タイトル、って大胆やなあと思いながら見物。

同じ日に『れいこいるか』を見る段取りだったので「地震繋がり」ということもあって。

いろいろと既視感を抱かせる設定が続き(とりわけ「新興宗教」の捉え方とか)タイトルともども新鮮さを感じられなかった。

けど、役者さんたちはみんな真面目に熱心に演じておられ、清々しい気分をいただきました。
きき

ききの感想・評価

3.5
ひとりよがりになりがちなところをぎりぎり踏みとどまって、なんとか共有できるつくりになっていたとおもう。
生まれたときにはすでに経済が低迷していて、幼いころに3.11を経験し、いまコロナ渦のただなかにいる若者たちの足元は、こんなにも静かでひっそりとよりどころのない不安定さなのか。
足の速い女の子という設定の五味未知子さんが、ちょっとどんくさそうな雰囲気でぜんぜん足が速そうじゃない感じ、よくわかんないけどすごくいい!推せる!とおもいました。
廃墟の就活男のシーンは舞台っぽくて良かった。エンドロールのバックの写真も不気味で好き。3.11論というより1995年の話な気もした。「オウムの子」が今の大学生とほぼ同世代という着眼点ならやはり95年を起点にした方が良かったのでは、とか考えた。とにかくゼッテー就活したくないという思いは伝わった
>|