SHARINGの作品情報・感想・評価

『SHARING』に投稿された感想・評価

東日本大震災と記憶がテーマ
世代の異なる二人の女性主人公がだんだんと交わっていく


ガードレールに干された大根と、
爆破されていた学食 笑 が印象に残る。


確認に確認を重ねても、上映トラブル。…

>>続きを読む

【じぇれのレビュー】

2017/05/04 04:32
111分バージョン鑑賞
予知夢・ドッペルゲンガー・幽霊といったオカルト要素を散りばめた、ホラー風味のサスペンス。
......ではあるのです…

>>続きを読む
EDDIE

EDDIEの感想・評価

3.2

3.11東日本大震災…歴史的大地震や津波の被害。それを予知した人物がいた?
大学の教員として記憶の研究をしながら、予知夢の永遠命題を追究する主人公。
ドッペルゲンガーの存在や本当にあったのか混乱する…

>>続きを読む
K

Kの感想・評価

3.5

変えられないものと変えられるもの。「もしも居るのならものすごいサディストです」。台詞ともろもろの音の音量差大きめ。ラバーハンドイリュージョン。虚偽記憶。演劇。予知夢。分身。夢と覚醒の繰り返し。さっち…

>>続きを読む
塩湖

塩湖の感想・評価

4.0

冒頭、女性が亡霊らしきなにかを追いかけつづけるシークエンスは『エルミタージュ幻想』を思い出した。すごい速さで対象についていくカメラが全くブレないのが"魂の切実な彷徨" を現してるよう。そこにある1/…

>>続きを読む

なんでこんなに評価が高いのか…自分にはサッパリ。メタ作品は万人向けではないのは分かるが、本作に関してはあまりにも「もったり」していて開始10分から睡魔との闘いになった。夢落ち&ループだけで映画一本は…

>>続きを読む

表象不可能性が夢として体験される時にそれを映画を通して体験できる映画の力。想像力の限界を認めつつもそれでもなおそこにある何かを確かめていく。リミットオブコントロールを想起する内容で、クローズアップと…

>>続きを読む
電池

電池の感想・評価

2.0
夢からハッと覚めて…夢からハッと覚めて…(以下ループ)

これまでもこれからもずっと喪失感を抱えたまま生きていくしかない。
自分の存在に確からしさが感じられないとき、分身が現れる。自分が自分でない、この自分でありたくない、という感覚。それが恐怖になる。
arch

archの感想・評価

5.0

3.11と呼ばれる日常や価値観を根本的に転覆させうる災害があった。本作は、その事件に被災した当事者ではなく、遠く離れた被災地以外にいた人々の心情にフォーカスする。
当事者ではない、されどそれは日常に…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事