青葉家のテーブルの作品情報・感想・評価

「青葉家のテーブル」に投稿された感想・評価

minanana

minananaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく後半くらいまでずっと一本調子なかんじが面白くなくて丁寧な暮らしとかに行き着いたらどうしよ、また変な映画引いちゃったかも、、とかってなってたけど、
ゆうこが答えを見つけると同時に一気に晴れやかになって、自分も嬉しくなっちゃって、雨のあとに虹みたときみたいな気持ちになる、
シング・ストリートにちょっと似てる感じの若さでぐっとくる

ふたりでプールに飛び込んで
絵がやっぱり好き!下手だし、先生むかつくけど、でも好きだから、続けたい
ってとこ

なんにでも飛びこめるゆうこが羨ましかった〜、っていう与田ちゃん

私はなりたい自分が毎日変わる、前はそれが嫌だったけど、今はそれでいいって思ってる
だから5年後に会おう!
ってとこ

(歌も絵もやる、気になることに全部挑戦したいって意味で)
選ばないことを今は選びたい

ってのよかったなあ
後半にいい台詞畳み掛けられた、、、
好きなことに飛び込みつづけたいし、なりたい自分も今いる自分も変わり続けたいなってなった
ひょん

ひょんの感想・評価

3.8
この世界観が好きすぎるし、メモしておきたくなるお気に入りの台詞がたくさん。これまでのもがいてきた自分も愛おしく感じられるし、これからに対しても前向きになれる。ほくほく。
ラーメンズの片桐さんが出てたのが良かった。ごはん屋の店員がガリガリガリクソンなのでは????というのが個人的に1番ポイント高かったけど全然違う人でしたすいません。映画自体はどう言い表して良いかわからないけどWebのショートムービーのロングバージョンという印象だったけど普通に面白かったし青葉家で暮らしたいしごはん美味しそうでした。
mmm

mmmの感想・評価

4.0
他人の目に触れることで否定されるのは怖いし、でも第三者の目があるからよりいいものになることもある。

日々SNSで、いい部分や綺麗にまとまった話が溢れすぎてて、自分だけダメなんじゃないかと感じることが多いけど、
予告にもあった「かっこいいお母さんの青くてダサいところは、若者の希望だよ」
という言葉には大共感で、なにか新しいことに挑戦するときには胸に留めておきたい。

あとはとにかくご飯が美味しそうで、
思い切り料理がしたくなった。
tkei

tkeiの感想・評価

3.9
思ってた以上に良かった。

青春に年齢なんて関係なくて、子どもも大人も一生懸命前向きにもがいて生きてるよなーって感じられる良い映画でした。

この作品の人と人との距離感やコミュニケーションがとっても好き。

このレビューはネタバレを含みます

はぁちゃんライスもタコスも登場するご飯が全て美味しそう、全て食べたい…

歳は全然上だけど…
自分も優子ちゃんタイプだから、なんか勇気をもらった
爽やかに泣いた

協力 Enjoy Music Club
北欧暮らしの道具店監修ということもあり、期待通りいちいち小物や服やデザイン全般がかわいい。
やりたいことに悩む中高生、やりたいことを叶えたのか分からない大人、それぞれの青春が絶妙に影響し合ってて、キャラ一人一人がすごく愛おしい。共感するところやクスッと笑えるところが沢山あってハートウォーミングとはこのことかと。
コロナ以後、何かに本気で打ち込むっていうことを忘れかけてたので早くスタジオで楽器練習したいと思いましたねまる。
さ

さの感想・評価

4.5
あらゆるものは、他者の目があって初めてアウトプットとして成立するんだよね。
t

tの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

バンド全員で歌う部分が最高。内容とバンド名からもTeenage Fanclubを思い出した。
何にでもなれるし何にもならなくても良い。
パーティから夜道を2人で帰るシーンが好き。
オープニングからすぐの無駄におしゃれな料理とキッチンシーンで「ごめんなさい。見る映画間違えました」の気持ちに。

なんでもやってみるという最終的な着地点は爽やかで悪くないが、この手の「丁寧な暮らし」をこねくりまわした系はどうでも良いと思ってしまうな。
>|