ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カットの作品情報・感想・評価

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カット」に投稿された感想・評価

オマージュがいっぱいありそうで、もっと映画に詳しければもっと楽しめたと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

YouTubeとかで【事件】を予習して視聴するのがオススメ。
その当時の文化や風俗など知っておくとさらに楽しめる。

凄惨な事件を監督がラストを変えて作った作品。勧善懲悪的なカタルシス。

ブラピもディカプリオも映画のシーンも渋い映画。

分かりやすく盛り上がる様な映画ではないがおもしろい。

純文学作品を読む時に似た面白さ。
ただでさえ傑作なのに追加映像でタラ味が増した。

良さしかない。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
あまり盛り上がりはないけど豪華なキャストに男の渋さで全然見れる。
オチに現れてる製作陣の事件への向き合い方が好き。エンタメ的にもそっちの方が断然いい。

普通の役者のはずなのに、事件のせいでどうしても悲しい取り上げられ方をしてしまうシャロン・テートにタランティーノが手を差し伸べる。

「僕は悲劇をとりあげるつもりは無い。彼女の日常が観れるだけでも特別なことじゃないか。」

異常なまでの映画愛が成し遂げたハリウッドの奇跡。
Kaho

Kahoの感想・評価

5.0
11月11日✌️✌️💗💗
今日は愛するべきレオ様の誕生日🎂🎉✨
47歳おめでとう〜🥳👏🎉
「タイタニック」を観て以来、ジャックに惚れてからずっと大好き💓🥺
宇宙一大好き(* ˘ ³˘)♡*


クエンティン・タランティーノ監督
「Once Upon a Time in Hollywood 」

こちらは、“全く新しい4つのシーン”を加えた10分拡大版エクステンデッド・カット。
日本でも2週間限定公開されていたそうです。
私は通常版しか観てないのですが、通常版はもう既にレビューしてしまってるからこちらに💁‍♀️10分拡大版はまたチェックしてみます🙇‍♀️

レオピ&ブラピを同じ作品、同じスクリーンで観れる至福の作品✨✨😍
どのシーンを取ってもレオ様かブラピが出てるから常に眼福😭💗💗

1969年8月に実際に起きた女優シャロン・テート殺害事件を元にされたノンフィクションとフィクションが混ざるストーリー。

2時間半強と長尺ながら長さを全く感じさせない。
もう終わったの?😳って感覚にいつもなるから不思議😮‍💨
やっぱり好きな作品は長さを感じないよね😚

シャロン役金髪美女はマーゴット・ロビー💗💗👩🏼
この作品のマーゴット・ロビーのファッションも可愛くて見どころの一つ😆
あの着こなしはお見事👗💄✨👠
撮影前にタラちゃんがシャロン・テートの妹デブラ・テートに会いに行き、この作品の脚本を読んでもらった時に生前シャロンが身につけていた宝石をマーゴット・ロビーのために貸してくれたそう💎
それを劇中でマーゴット・ロビーは付けているそうです(⑅ˊᵕˋ⑅)

個人的に好きなシーンはリック・ダルトン役のレオ様がウエスタンの撮影現場で女の子と会話するシーン👧🏼
ジュリア・バターズちゃんって言うらしいんやけど、めちゃくちゃ可愛いの🥺💗
短いシーンにも関わらず、大人顔負けの演技✨✨

ブラピがアンテナ📡直すシーンとヒッピーの家🏡にズカズカ入っていくシーンも好き🐎🐎
あと、シャロン役のマーゴット・ロビーが自分の出演作を映画館で観るシーンも好き🍿🎬

リック・ダルトンとクリフ・ブースの友情も良いよね👍👀

アル・パチーノも出演していてほんまにキャストが豪華すぎる✨✨👑

あとは、なんと言ってもラストが爽快👏👏🍃
タラちゃんらしさ全開のあのラストは何回観てもたまらん🤣🙏
特に火炎放射器最高ね🔥🔥🔥

これ観ると毎回LAに行きたくなる🌴🇺🇸🚗
来年こそは海外旅行を〜!✈️✨

監督、出演者、スタッフ全員の映画愛を感じる今作✨ほんまに大好きな作品( ˘ᵕ˘ )
Nの箱

Nの箱の感想・評価

3.9
流石タランティーノ。超スタイリッシュ!
ブラピとマーガレット・クアリー目当てで観たけど、懐かしいルーク・ペリー(ビバヒルのディラン・マッケイ)が出てて、おぉっ!ってなった。
観て大正解でした。
mikura

mikuraの感想・評価

2.0
長すぎ。
どうして2時間以内におさめられないかな。
犬の食器洗って!
kuzi

kuziの感想・評価

4.2
Stories: ★★★★
Visuals: ★★★★★

どこを切り取っても美しいカメラアングル
かっこ良すぎる

事件について後から知ったが、事件のストーリーと俳優とスタントマンの関係性を組み合わせるのはほんとに面白い
どこからその発想がくるのか

実話や実際の人物を知っているとより面白いんだろうな

最後は不幸にならないところは良かった
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品