子供はわかってあげないの作品情報・感想・評価

「子供はわかってあげない」に投稿された感想・評価

刈谷日劇にて。

泣いて笑って感動して心が忙しかった。

アニメ、お習字、水泳…
色々がいっぱい詰まった良い作品。
TEN

TENの感想・評価

2.8
高校 2 年、水泳部女子の美波は、書道部男子のもじくんとの運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親の居所を探すことになる
慣れない父にとまどいながら、海辺の町で夏休みをいっしょに過ごす

映画が始まって???スクリーン違う方に来てしまった?と思った
タイトルがなく始まったので、余計に心配した

ストーリー自体も、タイトルとあらすじから思っていたのと違い、コメディか?と思ったのとあまり響くところがなく残念だった
時間も午後からだったので、ちょっと眠くなってしまった(私としては、映画は朝から・・)

観客:4人
korin

korinの感想・評価

3.8
なんかこう、沖田監督の映画ってほわほわするね(?)毎回期待を裏切らない。
そして父トヨエツ最高か。
mako

makoの感想・評価

3.9
《あの夏の出会いが私を変えた》

観たい映画が目白押しで本日も2本鑑賞しました。シネマモードさんのラインナップは嬉しいけど、もう少しバラけてほしい😅

1本目は沖田修一監督作品。
原作: 田島列島。未読。

高校2年、水泳部の朔田美波(上白石萌歌)は、ある日学校の屋上で絵を描いていた門司くん(細田佳央太)と出会う。好きなアニメが同じで盛り上がる二人。
門司くんとのきっかけで、幼い頃に別れた父親を探す事に。
ひと夏の出会いが、美波にとってかけがえなのない思い出になった。

沖田監督らしい、温かい映画でした。
クスッと笑える所もあるし、グッとくる所もある。
実の父親との再会という事で、ちょっと重めな展開になりがちですが、そこは沖田監督作品なので重い感じはほとんどなくて。お互いを思いやる姿にじんわりきました。

ただ、美波の母親が言う「OK牧場」は寒い//((´д`)) ブル 古すぎでしょ。

萌歌ちゃんはスクール水着がよく似合う✨ いい意味で変に色気がないのもいい👍

実の父親役に豊川悦司さん。これまでの役と違ってて面白かった!

門司くん役の細田佳央太くん、ほんわかしてていい。『町田くんの世界』の町田くんみたいな感じがする。

門司くんのお兄さん役で千葉雄大さん。
美しい✨

2時間超でゆったり展開だけど、あまり長いと感じなかった。楽しめました♪

冒頭が本作じゃないような作りのため、若干ヒヤッとした。ただ、皆さんのレビューで知っていたのでこのことか!と思いながら観ることが出来ました。
その事を知ってか知らずか、男性が一人席を立ってしまった。2階席で観てたけど戻って来なかった。その後1階席で観たかな🤔


印象に残った台詞
「誰かに教わって、誰かに伝えていく」


観客 1階席 ?、2階席 3人
劇場鑑賞 #119
2021 #171
全身の力を全て抜いて
プカプカ海に浮かんでるような
心地よい時間を過ごさせて頂いた。

素敵な家族、仲良し兄弟
妄想して心配してくれる友
魅力的な登場人物ばかりで
みんな優しくて暖かくて‼️

切羽詰まった場面になると
笑いだしてしまうの
そんな時があった気がします😃
日に焼けた顔に正座、眩しい🥰

※余談
冒頭のアニメシーンが
予想外すぎて、違うスクリーンに
迷い込んだのかマジで不安に。

※余談
左官魔女と、モルタルちゃん?
そっちのアニメも
なかなか良くできていて
観たくなりました、なぁー。
 水泳部の少女のひと夏の出会いの物語。
プールサイドや高校の屋上、実の父の伊豆の家、その手前に広がる入江。
無造作に投げ出されたような夏の風景を特に狙ってませんよと言わんばかりにさりげなく切り取る見事な撮影。

なのにドキッとする鮮やかな瞬間に泣く。
正行

正行の感想・評価

4.0
コロナで長い間延期になっていたわりには内容は全然知らずに鑑賞。
意気投合したアニヲタカップルのイチャラブスクールものかと思ったら、娘と父の夏休みの思い出作品でした。
最近のトヨエツはだらしない父親の役が多いな〜。
「うん、暗殺気を付ける」は名言。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

4.0
とても良かった
うっかり元気になる ひと夏の冒険ーー
ぬりかべバッファロ~って… えっ…作品間違えた?
おいおい、イヤイヤ… ちょっと狙い過ぎじゃない?
上白石萌歌、不思議なほど女子力も色気もないなあ…
でも、迷探偵頑張ってるやん⤴ とかとか思ってたら
!!!美波と実父藁谷の時間が😆😆😆
とにかくトヨエツが良い良い良い
ブーメランに死体練習にテレビにDVDに似てるの顔…
どんどんお父さんに…どんどん親子に…
こんなにカッコよくなくてカッコイイのは過去最高!
そして合宿後のド晴天の屋上の美波ともじくん
あれ、上白石萌歌 可愛く見えるぞ
あと、高橋源一郎氏に気付いた自分を褒める  な!

映画110本目/21年 刈谷日劇
DrYOUKI

DrYOUKIの感想・評価

3.7
『魔法左官少女バッファローKOTEKO』にもってかれた。笑笑

小田和正的なチャカチャンなギターイントロで、もじ君が走り出す。

曲名“左官のこころは突然に”。笑笑
岩男

岩男の感想・評価

4.3
近くで公開された時にタイミングが合わなかった
遅くなったけど観れて良かった!!

劇中の大人たち、良い意味でみんな悪ふざけてる
明るくて寛容で器がデカいような心地良さ
子供の取る行動を全て受け止めてくれるような大人たち
だからこの作品のタイトルがいまいち腑に落ちなかった
観賞後にずっと考えてて、自分なりに逆説の意味なんだろうなって思った🤔
"大人はわかってあげる"ってことなんだろうなと
(※改めて"子供はわかってあげない タイトル 意味"で検索したら、全く同じこと書いてあってちょっと震えた😂笑)

娘の前で改めて父親風に振る舞ってみる実父
昔の自分を重ねて涙する門司兄
娘の意思をきちんと尊重する母
そんな大人の優しい愛が沢山詰まっていた気がする

子供は子供なりに、心配かけないようにとか嫌な思いをさせないようにとか考えていて、こうやって大人になっていくんだなっても思った

そうして大人の階段を上がったときには、また子供たちに何かしてあげたり、自分の出来ることを教えてあげたり、そうやって繋いでいく世界って美しいなと思った😚

萌歌ちゃんのハツラツとした快活な演技が素晴らしい
あんな美しい涙を見れて贅沢な気分
ラストの屋上シーンは素晴らしい名シーン!!
>|

あなたにおすすめの記事