もらとりあむタマ子の作品情報・感想・評価・動画配信

「もらとりあむタマ子」に投稿された感想・評価

れお

れおの感想・評価

3.8
《モラトリアム》
大人になるまでの猶予期間。社会へ出るまでの猶予期間。

過ぎていく日常の中で、身の丈に合った小さな成長の物語。なので刺激もない。
例えばこれを見て、私も頑張ってみよう、と思う人は少ないかも。
それでも小さなきっかけで、ほんの少し何かが変わっていく。人生、そんなものなんだと思う。

漠然と何か今を変えたい、でも何をしたらいいか分からない真剣な孤独の中で、思いついたのが芸能界。この浅はかなタマ子を私は笑うことはできない。自分のダメさも痛いほど分かっていて、でも自分の何かに期待もしてしまう。諦めと期待の間で立ち往生するこの時間の無駄使い。まさにモラトリアム。

私は好きだったけど、好き嫌いが分かれる映画かなと。
文字通りモラトリアムなたまこ(前田敦子)を1時間みる映画だった。写真屋の息子良い。
牧史郎

牧史郎の感想・評価

3.0
前田敦子ということも含めて、この頃の「ザ・邦画」のイメージ。笑

こうしてだんだん時代の気分は過去になっていくんだなーと思いながら見ていた。

たった10年くらいなんだけど、今だったら、「こんな甘くないよ!」みたいな感じで受け取られそう。
lkangwen

lkangwenの感想・評価

3.4
前田敦子を見るだけの映画。
甲府って感じが良かった。
45/配信
柚子

柚子の感想・評価

3.5
ぼーっと観られる短いお話
春夏秋冬タイトルの背景がきれいだった
am

amの感想・評価

3.9
良かったぁ

前田敦子さん、
こういう役ハマる

お父さん役の人も良い

ご飯美味しそうだった
tom

tomの感想・評価

3.7
邦画の良さって、日本人だからこそわかる時代の空気感、ノスタルジックな感じ、共感してしまうちょっとした登場人物の仕草とか性格など。色々あるなあと、最近海外の映画を見ることが多かったけど、改めて邦画の良さを感じた

作品として、めちゃくちゃ最初っから最後まで引き込まれて面白いかと言われると、そういうタイプの作品ではないけど、日本の夏のダラーッとした時間の過ぎ方、実家暮らし、地方の生活、みたいな雰囲気を感じ取れる映画でした。

そういう映画もたまに見るのは良いなとおもった
1時間ちょっとの、なんて事ない家族の話だけど、悪くない。
たま子と中学生の男の子とのやり取りが可愛い。
どこから連れてきたんだろう?ニキビだらけで、フツー過ぎる。超上手いのか、ほんとにフツーに話してるのか。。。
タマ子がちゃんと子供で愛おしい、なんとかしなきゃって自分が1番分かっている故の小さな爆発
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

3.6
少なくとも今ではない
って返しめっちゃ強い。

生活音が聴き心地良い。噛んだ時に音が出る漬物などが無言のシーンでもテンポ良く聴こえるのが味がある。

ぐうたら女って惹かれてしまう。なんだろう素の光るものというか。
手のかからない人は自然と手をかけなくなってしまって情が薄れていくけど、手がかかる人の方が常にその人を考えてしまうゆえに愛おしく思ってしまう。
>|

あなたにおすすめの記事