スターリングラードの作品情報・感想・評価

「スターリングラード」に投稿された感想・評価

久々に観たけれどやはり緊張感があって面白かった。1vs1のジリジリとした時間、恐怖感は「アメリカン・スナイパー」とはやや異なる趣がある。

それにしても自軍の兵士を射殺するロシア兵や子どもの描写など、ジャン・ジャック・アノーは容赦ない。そういった意味ではエピローグ的なラスト、観客心理的には良かったと思う一方で戦争の無情さや虚無感というものとは遠ざかった感がある。

俳優は皆非常に良かったけれど、特にジョゼフ・ファインズの厭らしいエリート感が印象深い。エド・ハリスの敵スナイパーの方が芯のある人物に見えるほど。
HaradaM

HaradaMの感想・評価

3.4
スナイパーへの勝手な孤高のイメージとは異なり快活な好青年であり、超大作であり、戦争映画の各種要素盛り沢山であり、英語である。Netflix!
gojyappe

gojyappeの感想・評価

2.5
ジュードロウめっちゃ良い男だけど射撃の瞬間は目をつぶっちゃうタイプで残念!
横恋慕で汚い手を使う奴って…
女の子からのアプローチがホッとした
戦争モノって大抵レイプじゃないですか?
ビクビクしちゃいますけどこれはお茶目♪
狙撃手って格好良く見えるのは何ででしょうねw
ソビエトのお話しなのに英語しゃべってるのが気に入らないの!
確か3度目の鑑賞。実在したソ連の伝説的狙撃手の話。wikiなんかで調べると大筋は事実だが人間関係などはフィクションみたいです。冒頭の戦闘シーンから夥しい死体と弾丸 痛みがビンビン伝わってくる演出にグイグイやられます。敵将校との攻防 弾丸の重量感 エドハリス 真っ白いケツ 無理な体位 いやぁ良い映画です。
つよ

つよの感想・評価

4.0
戦争もので天才スナイパーの話。
実在の人物だけどフィクションだとか。

戦場の雰囲気や緊張感が伝わる作品。
ザン

ザンの感想・評価

3.4
爆撃を逃げる味方を逃亡兵と決めて射殺するの酷い。最後にJ・ロウがハッピーエンドになるのは実話だから入れたのか?そこだけリアリティがないように感じた。
heki

hekiの感想・評価

2.7
公開当時に映画館で見たのは中学生の頃。意外と覚えてるもんやなー。ロシア人もドイツ人もみんな英語喋ってて変な感じ。
s

sの感想・評価

3.5
動画【字幕】
・ヴァシリとターニャがガラスの破片を使って戦うシーンこっちまで緊張した!
・サーシャ悲しい…あんな小さい子が何故スパイに
・少佐らしくない最期
食パン

食パンの感想・評価

3.0
ジュード・ロウとエド・ハリス、二人の腕利きスナイパーを巡る戦争映画。第二次世界大戦中のスターリングラードにおける激戦。憎しみと復讐。訳も判らないくらい人が死んでいく。戦争描写は凄まじいし、恋愛要素はあるし、主人公は格好良いし、後半の二人の対決が超手に汗握るし、言うことなし。個人的には、ジュード・ロウのバリバリ恋愛戦争映画『コールド マウンテン』の方が何十倍も好きで印象にも残った。
masato

masatoの感想・評価

4.0
以外にレビューしてる人が少ないけどなかなかの名作。

公開以来の久々の鑑賞。

戦争ものあまり得意な方ではないけど、戦争の残酷さはもちろん描きつつも、スナイパー同士の対決がすごく手に汗握る緊張感でドキドキします。

キャストが素晴らしい。
>|