スターリングラードの作品情報・感想・評価

「スターリングラード」に投稿された感想・評価

maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.6
やっぱ、スナイパーってカッコいいな。ジュードロウにやらせるあたりね。
想像していたのと少し違った。
もう少し、戦闘シーンがあった方がよかった
Dway

Dwayの感想・評価

3.0
戦争映画だが、戦争というよりプロフェッショナルとプロフェッショナルの対決という映画。
4

4の感想・評価

3.3
赤軍ホント容赦ない。エンディングは希望の二文字。良かった
スナイパー対決面白い。ラブストーリは無いほうが良かった
面白かった!!
戦場の迫力あるし、恋愛もある珍しい戦争映画、
ジュード・ロウがカッコよすぎる。
ぱ

ぱの感想・評価

3.5
あれ、わたしが見たいのこのスターリングラードじゃない!って途中で気づいた、、
hikumahika

hikumahikaの感想・評価

4.0
地上波なので結構重要な部分もカットされたようだが充分面白かった。露独スナイパー対決の緊迫感が満載。
ひじい

ひじいの感想・評価

4.4
スターリングラード攻防戦で活躍したソ連の狙撃手とドイツ軍狙撃手のチキチキスナイパー対決。

社会主義国家ソ連が舞台なだけに、女性兵士が活躍するのが他の国が舞台の戦争映画と大きく違うところ。
レイチェルワイズの女性兵士がカッコいい。ジュードロウとレイチェルワイズ、男女が戦友として恋人として第二次世界大戦を戦うのは新鮮。
アメリカ戦争映画なら、塹壕のなかタバコをふかしながら皆で「中高生の修学旅行の夜」みたいな話をして過ごす。
一方ソ連では防空壕でジュードロウとレイチェルワイズがセックスをしている。
おいソ連いいじゃんかと思った。

けど

銃は2人で1丁!銃を持っている奴が死んだらそれを拾え!逃亡兵、撤退兵は容赦なく撃ち殺す!どっちが敵なのか味方なのかわからないクレイジーソ連感もあってやっぱいいですってなりました。
矢口

矢口の感想・評価

3.5
1942年9月。ナチス・ドイツの猛攻にさらされ陥落寸前のスターリングラード。そこへ送り込まれた新兵ヴァシリ。敵の銃弾が降り注ぐ中、死体に紛れて反撃の機をうかがっている時、同じように身を潜めていた青年政治将校ダニロフと出会う。ダニロフのライフルを借りたヴァシリは驚くべき正確さで敵兵を次々と仕留めていった……。
第二次大戦の伝説のスナイパーの極限状況における愛と苦悩を描いた戦争ドラマ。
(yahoo!映画より)
>|