バトルフィールド クルーティの戦いの作品情報・感想・評価・動画配信

「バトルフィールド クルーティの戦い」に投稿された感想・評価

camuson

camusonの感想・評価

3.0
2019年のウクライナ映画。amazonプライムで視聴。

1917年。ロシア帝国の崩壊を受けて、
ウクライナはウクライナ人民共和国として独立したものの、
翌1918年にソビエト軍に侵攻されることに。
戦力で圧倒的に上回るロシア相手に、ウクライナの独立を守るために、
学徒出陣までしてこれに対抗したクルーティ駅での戦闘を描いた作品。


序盤はそこそこ落ち着いたイイ感じの作品だと思って見てましたが、
いざ戦闘が始まると、いかにも悪役のソ連将校が出てきて、
作品の色が大きく変わってしまったような気がします。
麻薬を打ってラリった状態で、陣頭指揮を行う狂人として描かれているのですが、
史実的な根拠はあるのでしょうかね?
そういうのがいてもおかしくはないと思いますが。


また、主人公の兄貴にスパイ役をさせて、
学徒出陣の裏で、何やらコソコソ動きまわらせているのですが、
エンターテインメント性を狙ったのかも知れないものの、
何のために何をしようとしているかがわかりづらく、
混乱させられるだけで大して面白くもなく、
話の焦点がボケてしまったように感じられました。


正攻法で行けば、感じ入るものがある良い作品になる可能性が高いのに、
余計な脚色でフィクション色が強くなり、
信ぴょう性が薄れて、感動も薄れてしまったような気がします。
けん

けんの感想・評価

2.5
戦争映画として、アクションシーンの見どころもなくだいぶ誇張された感はある。
ウクライナ自由を勝ち取る戦いの歴史は、ソビエト連邦から始まったということはわかった。
para

paraの感想・評価

-
血を流さずして自由を手にすることは出来ない。

1918年1月29日 赤軍(ソビエト。約4000人)からの侵攻を受け、クルーティ駅での死闘の末にキエフを守り抜いた約400人の若き兵士たち。その大半はキエフ大学の学生だった。。。

映画は2018年に舞台を移して100年前に起きた悲劇と1991年に独立を果たすも今も自由と夢のために闘っていると結ぶのだが、、、

Stand with Ukraine 全額寄付のチャリティー上映会

レビューというか私感。

今のウクライナ・ロシア情勢と何一つ変わらぬ構図に言葉が出ない。
さらに言えば、ロシアのやり口は昔も今も全く変わらない。ウクライナ国民を人と思わず、病院や学校などの公共施設を狙えというところも…

ピョートル1世が南下を目指した時から続く攻防。
ロシアにとって国家繁栄のために肥沃な大地と特に不凍港は是が非でも死守しなければならない。
ウクライナは常に他国からの侵略を受け続け、独立と自由のために血を流すことを厭わない。

自国の繁栄のためには何をしても許されるというのか?
いや力による一方的な現状変更は許されないだろう。

プーチン率いるロシアがこの先どうなるかはわからないが、地理と歴史を考えると未来にもまた同じことが繰り返されるのかもしれない、と思うと、、
人間って愚かなというか馬鹿なんじゃね?
地球から見たらお前ら人間は滅びちまえ!だ。(自分も含む。)

映画としての出来は今回は横に置く。
ムラヴィヨフ大佐をプーチンに寄せた俳優が演じており、、、
この映画がクリミア併合後に製作されていることからそこはかなり意図的と思われます。
ウクライナ国民に根強く残るロシアに対する感情は、今回のことで更に強固なものとなったことは想像に難くないし、
ロシアが現代においても武力をもって他国を侵略していることを考えたら、プロパガンダ上等!かな。
ウクライナ国歌がとても切ない。

今読んでいる地政学の本に、、
2008年に当時のブッシュ大統領にプーチンが会談で
「ウクライナは国家ではないのだよ。」と語ったとある。
プーチンがウクライナを主権国家として認める日は果たして来るのだろうか?

『歴史から学ぶことができるただ一つのことは、人間は歴史から何も学ばないということだ。』哲学者ヘーゲル
痙攣

痙攣の感想・評価

2.5
よく分からんかった。プロパガンダ映画なのかな。唯一鉄道だけは良かった。
Fyohko

Fyohkoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


『バトルフィールド
     クルーティの戦い』

2019年公開のウクライナ映画


ロシア帝国崩壊と共に独立した
ウクライナ人民共和国に
ソビエト軍の侵攻が始まった

軍人である父と兄を持つ
アンドリューは

ソビエト軍の侵攻を記録した
フィルムを観せられ
学徒出陣を志願する

短い訓練期間を経て
前線に送り込まれるが

そこには
首都キエフ侵攻を狙う
ソビエト軍が
待ち受けていた


という
史実に基づいた話


ソビエト軍4000人に対し
ウクライナ軍400人

というコピーで
絶望しか感じられない
戦いだなーと思いきや

想像の斜め上を行ってた


ロシア帝国の崩壊により
棚ぼた的に
独立国となった
ウクライナだったが

間髪入れず
侵攻してきた
ソビエト軍に立ち向かうには
あまりにも非力だった


おまけに
4000人を率いた
ソビエト軍の指揮官が
イカれたジャンキー過ぎて

史実を基にしているという
触れ込みを疑うが

直前に
「バタリオン」を観ていたので
さもありなん


よくよく考えてみると
この時期のロシアは
とんでもなく
ぐちゃぐちゃである


自国のツァーリを虐殺し
内戦状態にも拘らず

第一次世界大戦で
侵攻してくる
ドイツ軍と戦いながら

独立したウクライナにも
侵攻するという


専制政治から
2月革命を経て

一瞬だけ
民主派政権が誕生し

外交において
戦争継続路線を取ったコトで
社会主義となっていく


短期間で
これだけ国の方向性が
コロコロ変わってしまうと
国民は不幸でしかない

と、同時に
強烈な独裁者のもとに
恐怖政治を行わなければ

国家として
存続できなくなるという理屈は
分からなくもない


各国の歴史や成り立ちを
知れば知るほど
何も言えなくなってくる



#バトルフィールド
#クルーティの戦い
#ロシア関連映画
#ウクライナ関連映画
#休日映画鑑賞
#歴史好き
100年以上前にウクライナ独立の為に戦った学徒動員300人の戦士たちが、ソ連から送られた10倍にもなろうかという兵士を退けたという、史実に基づいたストーリーを映画化。
これだけ見ると何だかプロパガンダっぽく観えちゃうかもだけど、実際今起こっている事態を見れば、ただの作り話ではない事がわかるとおもいます。
けろ

けろの感想・評価

3.1
これは第一次大戦時のソ連とウクライナの戦争。

ウクライナって100年前からロシアにいじめられてたんだな。

ウクライナはロシアの兄弟国だなんてよく言われてたけど全然そんなことないのではないか。

「血を流さずして自由は手に入らない」

重い言葉だ。
クルーティの戦い
1918年、ウクライナ・キエフの東北130キロにあるクルーティ鉄道駅で起こったクルーティの戦い
4000人のソビエト軍に400人(300人の学生)のウクライナ軍が戦い、約半数が戦死した
ウクライナの英雄として祈念碑が建てられた

ウクライナはロシアから祖国を守る
にしの

にしのの感想・評価

2.0
ウクライナ産のプロパガンダ映画のお手本。プーチンそっくりのボリシェビキが覚醒剤打ちながら意味不明な命令出すシーン以外何もない。
仕方ないことかもしれないけど、戦争はこういう作品しか残さない。
期せずしてウクライナ三部作
①本作
②「赤い闇」
③「バンデラス」
そして今、④が現実に進行中
>|

あなたにおすすめの記事