バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍の作品情報・感想・評価

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍2015年製作の映画)

The Battalion/Batalon

上映日:2017年07月18日

製作国:

上映時間:123分

3.4

あらすじ

第一次世界大戦中の1917年。ドイツ軍による毒ガスや塹壕戦により、壊滅的な状況に追い込まれたロシア軍。その中で国家の最終兵器として女性だけの秘密部隊が結成された―志願したのは貴族、学生、労働者など様々な身分の女性たちであった。彼女たちは、凄まじい訓練を耐え抜き、すぐさま戦場の第一線に送られる。戦意を喪失した男たちに反して、勇敢にドイツ軍に立ち向かっていく女性部隊だったが、戦いが激化していく中でひ…

第一次世界大戦中の1917年。ドイツ軍による毒ガスや塹壕戦により、壊滅的な状況に追い込まれたロシア軍。その中で国家の最終兵器として女性だけの秘密部隊が結成された―志願したのは貴族、学生、労働者など様々な身分の女性たちであった。彼女たちは、凄まじい訓練を耐え抜き、すぐさま戦場の第一線に送られる。戦意を喪失した男たちに反して、勇敢にドイツ軍に立ち向かっていく女性部隊だったが、戦いが激化していく中でひとり、またひとりと命を落としていく・・・。

「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」に投稿された感想・評価

buenavista

buenavistaの感想・評価

3.5
バタリオーン❗と叫ぶとこ(  ̄▽ ̄)
ちょっと笑ってしまいましたが、
まぁ実話と言うところで、
男たちが飲んだくれになってるやん
( `Д´)/
毒ガスのシーンとか酷とか思いながら、やっぱり、見張りの娘とか捕虜を連れていく途中で殺された娘たちは、独りでとても切なかったな(;つД`)
kumi

kumiの感想・評価

3.4
実話。
第一次世界大戦中の1917年、
ドイツ軍に太刀打ちできず
壊滅的な状況に追い込まれた
男性兵士メインのロシア軍。

このままでは決定的に負けてしまう、
また配偶者・恋人も戦争にとられ
残された女性たちは黙っていなかった。
女性だけの秘密部隊が結成され、
戦地に送り出されたが、、

戦地で恐怖と戦争のアホくささに
愛想をつかし飲んだくれになった
男たちの尻をひっぱたたいても
女性の強さには平伏すしかない
『 バタリオン 』です。

このタイトルを見て、ある年代より上の
君たちが言いたいことはわかる!わかるが!
その気持ちは心の中にそっと閉まっておけ。

その君たちの心の中にある
アレはここに↓貼っておく。
https://youtu.be/q3cdo441U2E
伝染するよm(゚Д゚)m♪


『 バタリオン 』です。(←2回目 )


戦え!この命が尽きるまで ━━ 
『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍 』

第一次世界大戦時ロシアの最終兵器として
対ナチスドイツ戦の最前線に送り込まれた
女性部隊の激戦を描いた実話映画作品です。

バタリオン(Battalion) = 大隊。

この女性部隊の正式名称は・・・
Russian Women's Battalion of Death.
( ロシア婦人決死部隊death )


この作品はいわゆる " 戦争新設部隊もの " で
この手の作品にはベタな一定の面白さがある。

・志願する者の決意をする事情や葛藤。
・様々な入隊希望者が集まる入隊審査。
・それぞれがその入隊審査に受かるか否か。
・入隊した個性的な面々の初対面&衝突。
・強烈な鬼教官による過酷な軍事訓練。
・その訓練にまともにこなせない訓練生。
・そしてまとまりのないバラバラな部隊。
・やがて徐々に能力を高めていく訓練生。
・気持ちがひとつになりチームとなる部隊。
・そして最前線へ向かい…いざ決戦へ。

このような鉄板の定型的な展開があって
予想通りに( ある程度は )終始面白かった。

( ある程度は ) ・・・ というのも。
これは完全に私の好みによる物足りなさだが
この部隊の女性兵士が想像以上に女性だった。
この作品は史実だからしょうがないのだが
女性兵士の戦闘能力が思いの外・・低い (´Д`)ヨワッ
( ごく普通の一般女性程度 )

女性版エクスペンダブルズな部隊だったら♪♪
ワンダーウーマンの産まれ育った、あの島の
アマゾネス軍団みたいな戦闘能力だったら♪♪
どんなにさぞ楽しかったことやら(*´∀`)ニマニマ♪

とか思ったりはしましたが・・・
それだと別のジャンル映画だね (;・∀・)アッ

※ エンドロールに実際の婦人部隊の行進の時の
映像が流れるが映画の中よりグダグダでしたw


ラストの塹壕での死を覚悟した彼女達には
ぐっと来るものがありましたよ ( ;д;)ゞ

もっと盛り上がりをつくることのできる
おいしい題材だし、かなり惜しいなーと
思うところはあるが地味なところも含めて
ロシア製作ならではの良さがある作品です☆


おしまい。



【余談】
わたくし毎日、夜な夜なソ連戦車 " KV-1 " に
乗り込み最前線の戦場に出向いていますので
https://youtu.be/82Xd-lHmtzk
ロシア婦人決死隊バタリオンのことを完全に
同士ッ( ゚Д゚)ノ!!という気持ちで観てましたよ!
(↑何を言っているでしょう?この人…な文章 )
観るべき映画。
社会主義と権利と腐敗の狭間に生まれた正義。
はじめから涙が止まらなかった。
恋人の為主人の為、祖国の為に立ち上がった女性達。
ただの主婦が歌手がメイドが倒れていく。
戦時下の弱者とは言わない。
人間として観るべき映画だと思った。こういう社会主義の歪の積み重ねによって、残虐性の強い国民性になったのだと思った。
でも以前ではこんな映画が世に出た事さえ信じられない奇跡に近いとも思った。
第一次世界大戦で活躍(?)した婦人決死隊の創設から実戦までを描いた、見終わったアトに「マジで実在した部隊だったんだ」と感心するコト仕切りの一作。
あくまでも女性が主役で、如何な男性も脇役という徹底振りのせいか、メロドラマ一歩手前の風情を醸し出していた。ご時世がご時世だからか坂を駆け下りることから始まる訓練には度肝を抜かれたけど、女性達の頑張りに目を見張る……より何より、このレベルで実戦投入させたロシア軍の切羽詰り具合が手に取るように判ってしまうあたり(笑)。
ともあれ、痛ましい戦争の記憶というよりも、最近の#MeToo運動で暴走を始めたフェミニズムの末路みたいな気がするのは何故だろう……。
以下理由で、途中で見るのやめた。

光がダメ。服や壁に汚れがなく、質感が失われている。
手紙と一緒に添えられたメダルの落下をスローでとったり、モブキャラの御者をなぜか仰角のショットで撮ったりクドい。
あと、そもそも、おばちゃんの顔を延々と見れない。
tonnt

tonntの感想・評価

2.5
ハリウッドのロシア題材のはあってもロシアで製作された映画をDVDで観る日が来ようとは思わなかった。戦争映画だからすっきりは見れないけ土曜なんかモヤモヤ感残る。腐ったミカンが主張してくるうっとおしさ。黙って帰りゃいいのにって何回か思った。兵士として見ないとダメなんだろうけど女の子だからキツい。隊長ホントは30前だったと知って昔は太く短く生きてた人が多いと改めて思う。
バターリーオーン‼️



この掛け声が頭から離れませんでした(^_^;)


最初は入隊試験を受けて、そこから厳しい訓練で鍛え上げて、はい戦場という流れになってしまいましたが、


一人また一人と命を絶ってもなお戦い続けた、
彼女達はすごく目に焼き付けました。


最後にまたあの掛け声で締めます。



バターリーオーン‼️
Ayn

Aynの感想・評価

2.5
思っていたのと違った。

モタつきとか泣いたり
やっぱり女性やなーって
よくわかるシーンが多くあって
仕方ないけど、
流れも結構平坦な感じやし
吹き替えの声に違和感を感じて
結構序盤から退屈してしまった。。笑

相手に突撃する時の
ccdカメラみたいな目線も
なんか安っぽい。ゲームか!ってなる。

トータル、見せ方でもっと
カッコよくわかりやすい作品に
出来たんじゃないかと思う。
実話にしては勿体ないかなー😓
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
現代ならまだしも当時で女性だけの軍なんて、想像するだけで辛い。髪切るだけで泣いちゃう時代。あれは女にしかわかんないだろうな。人を殴ったこともないような乙女が、自らの意思で戦争行くってすごい。
戦略とか攻撃とかよりも、女性たちが志願し、訓練する中で1つになっていく様子が細かく描かれている。
主要キャラがある程度しっかりしてて、美女も何人かいる。
彼女たちをまとめる隊長がすごくいい。カッコよくて優しくて、泣かせてくれる。

女性向けヒューマンドラマ、といったほうがいいくらい。

映画作品として見たらヌルいかもしれないけど、なかなか楽しんで見れた。
>|