1944 独ソ・エストニア戦線の作品情報・感想・評価・動画配信

『1944 独ソ・エストニア戦線』に投稿された感想・評価

テツ

テツの感想・評価

2.5

エストニア人が、ドイツ軍に徴兵されたり、ロシア軍に従軍したりした苦悩が描かれていた。

エストニアの自由を信じて戦っているのに、ソ連軍からは裏切り者とされてしまう。

戦争に翻弄されたエストニア人を…

>>続きを読む
NAMEE

NAMEEの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ側とソ連側の2つの視点で描かれる。途中の主人公の切り替えのスムーズさが凄い!
途中の転調が見事だった。主権を取られてナチス側に付いてもソ連側に付いても地獄というお話、バルト諸国が旧ソ連の国と紹介されるのを嫌がる理由がよく分かる。

第二次世界大戦時にエストニアの地でドイツ軍とソ連軍それぞれの立場で出征したエストニア人を描いた話。
背景の予習が無いと話に入り込みきれないです。同胞同士が戦ってしまうことは分かるのですが、なぜそうな…

>>続きを読む
musakoji

musakojiの感想・評価

3.5
同胞同士の戦いってあまり実感なかったがリアリティがあり戦争の恐ろしさを少しは実感できた。
この映画の主役は2人いたが、主役交代の設定がちょっと斬新だった。
同胞同士で殺し合い。重厚な戦争映画、観ることに価値がある。テーマやストーリー性ではなく、戦争が描かれ続けている。

戦争。生きる。命。
向き合い続けるということ、これからもがんばります。

まじめで上質で少し退屈な戦争映画。
ズレてるのを承知で言うと、
バカでいいからもっと戦闘シーンを。

感覚が擦れてしまったのか、
シリアスな展開がささらない昨今。
このくらいは見たことある的な。

>>続きを読む
サイチ

サイチの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アッサリと一瞬で簡単に死んでいくのがメチャクチャリアルに感じた。
目の前で兄が一瞬で死んだ時の弟の悲壮感が凄かった。

中盤で主人公が死に、主人公を殺した人間が主人公になるのは斬新。

同胞と戦うな…

>>続きを読む

若い頃には詳しく知らず 色々な映画でヨーロッパ戦線 などなどを知り得た。バルト三国はしっかり把握せずに見始めた。斬新なストーリーだし 納得いく主人公の変更だわ。
戦争だから 残酷だし いとも簡単に人…

>>続きを読む
戦争に自由が奪われ、戦争に運命を左右された人間ドラマがよかった。前半と後半で主人公が変わるが大切な人へ宛てた手紙をなぞるところが上手い構成だなと思った。
>|

あなたにおすすめの記事