オペレーション・クロマイトの作品情報・感想・評価

オペレーション・クロマイト2016年製作の映画)

인천상륙작전/Operation Chromite/仁川上陸作戦

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

1950年、南へと侵攻した北朝鮮はソウルを陥落させ、およそ1月で朝鮮半島の大部分を支配下に収めた。事態を重く見た連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(リーアム・ニーソン)は、戦局を打開するため周囲から「不可能だ」と猛反対を受けながらも仁川(インチョン)への上陸作戦を計画する。唯一の希望であり、作戦成功のカギを握るのは、北朝鮮軍に潜入した諜報部隊のチャン・ハスク大尉(イ・ジョンジェ)。正体がバ…

1950年、南へと侵攻した北朝鮮はソウルを陥落させ、およそ1月で朝鮮半島の大部分を支配下に収めた。事態を重く見た連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(リーアム・ニーソン)は、戦局を打開するため周囲から「不可能だ」と猛反対を受けながらも仁川(インチョン)への上陸作戦を計画する。唯一の希望であり、作戦成功のカギを握るのは、北朝鮮軍に潜入した諜報部隊のチャン・ハスク大尉(イ・ジョンジェ)。正体がバレれば即座に処刑されることが確実な極限の状況の中、大尉と部隊の精鋭たちはマッカーサー率いる連合軍艦隊を仁川上陸へと導くため命懸けの作戦行動を開始する。

「オペレーション・クロマイト」に投稿された感想・評価

濃厚過ぎるほどにドラマティックでウエットで、ヒリヒリする潜入サスペンスと戦車まで登場する戦争アクションの二味が楽しめて、さらにはリーアム・ニーソン演じるマッカーサーまで登場するだなんて、もうお腹いっぱいです(๑´ڡ`๑)
ScreenXも楽しみだなあ、と。
オペレーション・クロマイト
9/23公開ですが 一足早くレビュー。

朝鮮戦争時における実話ベースの物語。
1950年
ソウルを陥落させ朝鮮半島の大部分を支配下に収めた北朝鮮軍に対抗すべく、連合軍総司令官 マッカーサー(リーアム・ニーソン)は仁川への上陸作戦「オペレーション・クロマイト」を計画する。
北朝鮮軍への潜入を命じられたチャン・ハスク(イ・ジョンジェ)大尉率いる諜報部隊は、戦局打開のために必要な機密情報を探るべく命懸けの作戦を開始する。
300万人以上の死傷者を出した朝鮮戦争を通し、戦うことの意義を 命を懸けるだけの大義を描いた作品だ。

とても無責任な発言だけど、ぼくにとって大きな戦争は1945年で終わっているつもりであった
それ以降に起きた戦争・紛争・内戦というものをあまり深く認識していなかった
学校の授業で習った知識はその殆どが風化し、自分事だと 日本のことだと思えなければTVのチャンネルをバラエティやドラマに変えてしまう

こういった作品にでも出会わなければ
たとえ作り物であったとしても、死んでいった者達の想いを感じ取らなければ
いつまでたっても他人事だと決め込んでいられる
先人達が築き上げてきた平和に甘んじて生きているだけ
はじめは他国の戦争・他国の人々だと外野視点で観ていたが、家族や国を想う心に国境は無かった
無慈悲で理不尽な戦争の悲惨さだって当然同じ
自身の愚かさや無自覚も相まって、気が付けば引き込まれていた。

スパイだとバレれば即アウト
機密情報を持ち出せなければ自軍がアウト
やり遂げるしか道は無い
スパイものとしてのスリルや面白さを兼ね備えながらも、戦争の重みが常に付き纏う

これといった宗教を持たずとも生きられる現代
流されて生きている証拠でしかないが、社会主義・共産主義・マルクス主義だとか言われてもピンとこない
どれが本当にベストなのかも分かっちゃいない
そもそもそんなことすら考えて生きていない

戦場で10人殺せば褒め称えられて、日常で10人殺せば凶悪犯罪者
その違いってなんだろう
それこそ主義や思想の有無なのだと思う
人を殺すことに正誤のジャッジを付けること自体どうかしているが、大義無き殺人はただの殺戮でしかない。

分かり合えなければ話し合う
話し合ってもダメなら関係を断つ
関係を断てないなら裁判
裁判でもダメなら…
それがぼくらのベーシック
殺し合いにまではそう簡単に発展しない

このルールの中で生きていられるのは、死んでいった者達が築き上げてくれた平和や協定があってこそ
映画のエンドロールに名のある全ての人がいるから作品が成り立っているのと同じく、名も知れず死んでいった多くの人達がいるからぼくらの「今」がある
苦しくて しんどくて やんなっちゃうことばかりだとしても、命の駆け引きをする必要なんて殆ど無い。

全ての人と人とが分かり合えない限り、争い事は無くならない
つまりは人間が人間である限り、決して無くならない
日本の上空を北朝鮮のミサイルが通過した
劇中のような出来事を他人事だと決め込むことが難しい世の中に 日本になってきている
今を生きるあなたやぼくの大義が問われる日だってやってくるのかもしれない
何のために 誰のために戦えるだろう

そんな日が訪れないことを祈るばかりだが、無自覚なままではいられない
流されて生きていく限り、イタイ目を見るのは自分自身
実体験ではないため、分かっていても誰もが忘れてしまう
この先も平和は自動的に維持されていくものだと思い込んでいる
今ある平和の価値を見誤る

手遅れになってからでは取り返しがつかない
スクリーンに映る彼らのような存在がいたから
均衡を保とうと今現在も努力している者達がいるから
ぼくらの日常が保たれている
大好きな人とだって一緒にいられる

忘れてはならない大事なことを再認識させてくれる作品でした。

ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★
総合評価:B

このレビューはネタバレを含みます

まだみてない

㊗️スクリーンX 上映決定
そうこなくちゃ!
よく英断されました!

某トークイベントで本作の紹介になりMCの方が”仁川”を”にかわ”って言てったのは関西風に突っ込んで欲しかったのか‥間違えたのか‥私の聞き間違えだったのか‥
lim

limの感想・評価

2.9
アクションシーンはすごく迫力あってよかった。
でもこんな現実嫌だな。
ヘブン

ヘブンの感想・評価

2.0
〇1行の評価

近頃、消費されすぎるリーアム・ニーソンの最大のチョイスミス。
Kent

Kentの感想・評価

3.9
いま、このタイミングでみて良かった映画。
Usataka

Usatakaの感想・評価

4.5
北朝鮮から韓国を取り戻す仁川上陸作戦にこぎ着けるまでの男達の話。
初めて韓国映画を見たが、リアリティやスピード感があり、とても惹きつけられ感動した。
飛行機にて鑑賞

バトルシッパーは必見。何故ならリーアムニーソンが戦艦で提督してるから笑

全体的に、そんな上手くいくかよ!って展開が多かったけど、やはり韓国映画の銃撃戦は世界レベルと改めて思い知らされる。

ちゃんと最後に大戦闘の見せ場を作ってるのは好感が持てるけど、個人的には序盤の小規模な銃撃戦の方が痺れた!
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

3.6
朝鮮戦争におけるインチョン上陸作戦を描いた作品でありまして、『新しき世界』に続き、またもやイ・ジョンジェがスパイとして潜入させられる話。

潜入モノの肝である「バレる/バレない」のハラハラ感をドラマチックに演出するという点において、信念としての最低限の強度と、それを覆し得る程の「状況に対する疑問」から生じてくる弱さを同時に併せ持ち、そうした強弱の間で揺らぐ絶妙な表情を形作るこの人の顔は、最早天性の領域だと思うのです。
イ・ジョンジェは映画において潜入するために生まれてきたと思わざるを得ず、この人が潜入している間は明らかに面白い。

一方でリーアム・ニーソンがダグラス・マッカーサーを演じているんだけど、これが物凄く落ち度のないヒューマニズムに溢れた尊敬すべき人格者として描かれていたり、そもそも朝鮮戦争を扱うのにきょうび観点が一方的過ぎやしないか等、この映画のリアリティ・ラインと実際の史実性のバランスがちょっと面倒臭い事になっているのは事実だと思います。

劇中、"ideology is thicker than blood"というセリフが何度か出てきまして、要するにそれは「血は水よりも濃い」に対して「イデオロギーは血よりも濃い」という事なのですが、奇しくもその血よりも濃いイデオロギー的な観点から「愛国」だの「反共」だの「安保」だのという思い思いの性質を「映画」という名詞と複合させてこの作品をラベリングし、批判したり擁護したりと韓国では盛り上がったらしいです。

私が願いますのは、一旦映画とイデオロギーを切り離して、すべての立場の人達が一丸となって「これからもイ・ジョンジェを色んな組織に潜入させてみよう!」と思って頂き、それが実現していく事でございます。
ネウ

ネウの感想・評価

3.6
現地の評価は低かったけど、私は気に入った。
>|