オペレーション・クロマイトの作品情報・感想・評価

オペレーション・クロマイト2016年製作の映画)

인천상륙작전/Operation Chromite/仁川上陸作戦

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:110分

3.6

あらすじ

1950年、南へと侵攻した北朝鮮はソウルを陥落させ、およそ1月で朝鮮半島の大部分を支配下に収めた。事態を重く見た連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(リーアム・ニーソン)は、戦局を打開するため周囲から「不可能だ」と猛反対を受けながらも仁川(インチョン)への上陸作戦を計画する。唯一の希望であり、作戦成功のカギを握るのは、北朝鮮軍に潜入した諜報部隊のチャン・ハスク大尉(イ・ジョンジェ)。正体がバ…

1950年、南へと侵攻した北朝鮮はソウルを陥落させ、およそ1月で朝鮮半島の大部分を支配下に収めた。事態を重く見た連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(リーアム・ニーソン)は、戦局を打開するため周囲から「不可能だ」と猛反対を受けながらも仁川(インチョン)への上陸作戦を計画する。唯一の希望であり、作戦成功のカギを握るのは、北朝鮮軍に潜入した諜報部隊のチャン・ハスク大尉(イ・ジョンジェ)。正体がバレれば即座に処刑されることが確実な極限の状況の中、大尉と部隊の精鋭たちはマッカーサー率いる連合軍艦隊を仁川上陸へと導くため命懸けの作戦行動を開始する。

「オペレーション・クロマイト」に投稿された感想・評価

mukoryo

mukoryoの感想・評価

3.0
イ・ジョンジェらしい格好良さの彼が観られて良かった!演技力に定評のあるイ・ボムスが、今回はビジュアルインパクトで来た!この二人の因縁対決が楽しめた。
3面上映システムScreenXで観賞。戦闘シーンの壮観さは美的なこだわりもあり効果的。3面にする必要ある?な場面は側面との繋ぎがおかしなところが多々あった。
末次

末次の感想・評価

3.3
潜入に定評のあるイ・ジョンジェ安定のかっこよさ。
イ・ボムスの悪役っぷり。
俳優の演技で話をカバー。
ツッコミどころはあれど、熱いものは感じた。

Screen X 初体験(すでにこの上映しかなかったので)。
常に三面写しではなく、一面だったり三面だったりで妙に気が散った。
劇場内が明るくなりすぎて、場面によっては見づらく感じることも。
この作品をScreen Xで上映したのには「??」だが、SFアクションなんかには向いてるのでは。
4Dと同じく自分は対して楽しめなかったかな。

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
スクリーン13 K-16 ◯
さゆ

さゆの感想・評価

3.5
韓国映画らしいなぁと思って観ました。良かったです。

北のお偉い方はやっぱり、今流行りのあのヘアスタイルでいっちゃうんですね(笑)
イタチ

イタチの感想・評価

3.3
ありえない行動がいくつも出てきますが、実話を元にしたフィクションって事が冒頭でアナウンスされてますので、納得
完全な実話ではありません
flare

flareの感想・評価

2.5
2017/10/12 ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
REY

REYの感想・評価

3.0
日本初上陸の
ScreenX!! まだお台場しか無い。
劇場予告の宣伝だけ見ても3面スクリーンが凄そう
なのでその迫力を体感したく鑑賞。

この日ScreenXでの上映作品が
この作品だった。
連休にもかかわらず
4人しかお客さんが居なかった(笑)

仁川上陸スパイ作戦の実話。
前半はちょっと私には難しくて分からないまま話が進んだ
後半は片方がスパイと分かり北と南の判断が出来たので
銃撃戦とアクションが多くなり
ドラマ性も多少あったので入り込めた。
北朝鮮の指揮している幹部役が
カリアゲ豚に見えてどーも腹立たしかった…w

110分の作品なのに3面スクリーンの時
15分あっただろうか??
あとは普通の2Dとなんだ変わらない…

3面次いつ?? まだ??
と見ていたら終わった。これは無いわ・・詐欺にあった感(笑)

ScreenX予告ムービーは誇大広告JAROでしたww
ShimaD

ShimaDの感想・評価

3.0
毎度お馴染みユナイテッド・シネマ アクアシティお台場の「ScreenX」にて鑑賞しました🎥

戦争アクション映画かと思って観に行ったらスパイアクション映画でした。
韓国=正義という図式で、北朝鮮が完全に悪として描かれている点はくっきりはっきりしてわかりやすいのに、顔の判別がつかないと(どっちが韓国?北朝鮮?)って大混乱!みんないっしょに見える~💫💦


少数精鋭の潜入チームという設定で『ローグ・ワン』を思い起こさせましたが、事実を元にしたフィクションという部分にちょっと『パール・ハーバー』を感じました。
リーアム・ニーソン演じたマッカーサーの過去話が美談すぎて(脚色えっぐいなぁ~)と笑いがこみあげてきます😏
エンドロール前に「志願者の面接風景」みたいなものが流れますが「モデルになった人物の実録映像」っぽくしてるのがダサすぎてまた笑いそうに…😋


スパイのドキドキ潜入任務には見どころもあるのですが『イングロリアス・バスターズ』の劣化シーンに感傷まで盛り込まれてて(うーん…湿っぽいなぁ)と入り込めず💧
因縁の敵も極悪非道に描かれてはいますが、カリスマ性がないので魅力は感じられませんでした。お国柄を考えたらそれが正解なのかもですが。

終盤、戦車のところからはマイケル・ベイなみにドッカンドッカン爆発させてて盛り上がりましたね。
登場人物のキャラは薄いですがアクションと銃殺シーンはかなり濃いめなのでそこだけは心拍数が上がります💕💨


ScreenXの3面効果は『パイレーツ~』『新感染』に比べても割合多めに感じました。
灯台のシーンが通算3回のScreenX体験至上最高で、あそこの数秒のためだけに割増料金払ってまで観てよかったと思えました。
あと、さいしょはいつも通り後ろの方の真ん中の席で見ていたんですが、しゃべりまくる客を避けて端っこに移動(7人くらいしかいなかったので…ごめんなさい)したら意外な発見をしました💡

列の端、例えば左側寄りで観ると左壁の映像が観えにくくなるかわりに、正面と右壁の映像がより堪能できるようになります。
真ん中だと左右の映像を中途半端に視界に入れなければならない、もしくはきょろきょろ左右を観る必要があって、俯瞰で観るのが大変でもありました😲💦
端だと片側を諦めるかわりに、少し斜めに構えれば2面分を存分に楽しめるので、これはこれでアリだと思いました👏

ただし混んでる場合には周囲の人の頭が気になる可能性があるので、少し空いている作品&時間帯限定の楽しみなのかも知れないですね。
また次のScreenX上映作品で試してみたいと思いまーす✨
エンタメ寄りのスパイ物。
出てる役者さんにつられて観ました。

面白かったけど、アクションシーンは誰が誰かわからなくなったり。
何が起きてるかわかりにくかったり。
でもそれが妙にリアルに感じたり。
3人で突っ込むのはどうかと思うけど。


恋愛的なものはいらないんじゃないかな。
健一

健一の感想・評価

3.7
韓国映画にリーアムニーソン?かなりミーハーな気持ちで観に行ったがこれがなかなかの拾い物。史実を元にしたフィクションらしく韓国らしい骨太スパイアクション。ただ内容は昨年末公開されたローグ・ワンそっくり。安っい作りを俳優達の熱演でカバーしてる。(褒めてるよ)特に山口智充(ぐっさん)に似てるイ・ボムスの悪役ぶりは圧巻。
朝鮮戦争にて南からスパイが送られるスパイ戦争映画。
イ・マニの「帰らざる海兵」を思い出しながら観てたんだけど脚本にイ・マニの名前が…?とっくに亡くなってるし言及されてないから別人ぽいけど。
今年公開「ダンケルク」「ハクソーリッジ」「ハイドリヒを撃て」に並ぶハラハラサスペンスものなんだけど客の少なさが勿体無い…あんまり宣伝も見かけないし。
ちょっとスパイ兵士達が死ぬシーンがエモくしすぎで何人も死ぬからしつこいなとは感じるかな…