ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「真夏の夜の夢」の作品情報・感想・評価

ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「真夏の夜の夢」2019年製作の映画)

National Theatre Live: A Midsummer Night’s Dream

上映日:2020年07月10日

製作国:

上映時間:190分

「ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「真夏の夜の夢」」に投稿された感想・評価

mmmu

mmmuの感想・評価

-
National Theatre at homeにて
最後の劇中劇がはちゃめちゃにおもしろい 妖精の王様オベロンとティターニアの役割を入れ替わってるのは面白かったけど、どうしてもウケ狙いに見えちゃうのは演出のせいなのか観客の問題なのか。
 観客たちを立たせた上で森に見立て、ステージからステージへと観客の間を通って俳優たちが移動するという工夫がなかなか面白かったし、妖精たちの空中ダンスなど派手でスペクタクルな演出が多く、シェイクスピアの人気喜劇らしく娯楽としての面白さを追求していた。

 本作では、惚れ薬によって人々の愛の対象があっさりと変わってしまう様を喜劇的に描いているわけだが、これは愛に絶対の価値を置く『ロミオとジュリエット』のようなロマンス劇と対照的である。この対立はシェイクスピアにおいて最後まで尾を引いているように思う。彼の悲劇と問題劇/暗い喜劇の揺れ動きにおいて窺えるのも、本質的に同じ視点の対立ではないだろうか。
キウイ

キウイの感想・評価

4.5
序盤は「え、もしかしてシリアス方向にアレンジするやつ?」と少し身構えてしまったが、この演目のニコラス・ハイトナー演出でそんなことになるわけがなかった。観客巻き込み型の現代的な演出で、笑いどころはしっかり抑え…どころかさらに増幅させた、見事な喜劇作品に仕上がっている。新解釈もばっちりハマり(最近のNTLive作品は何にでも同性愛や男女逆転演出を入れてくるのでそれについてはちょっと考えてしまうが)、老若男女の入り混じった場内は大爆笑。非常に楽しい時間を過ごさせてもらった。ギャグが少々クドくて長いところもあったが個人的にはご愛嬌の範囲。この長期化しつつあるコロナ禍にあり、劇場で見たいという気持ちを強く刺激された作品だった。
シェイクスピアの笑いは21世紀のいまも通用している。喜劇作家としてのシェイクスピアを堪能したい方におすすめ。
り

りの感想・評価

3.6
一幕一場はアトウッドの『侍女の物語』、妖精の演出はピーター・ブルック版を意識している。妖精の演出、衣装、メイクがとても好き。特にパックの台詞回しと体使いが素晴らしい。同性愛の描き方に問題があると思った。イマーシヴ・シアターに行きたい。
花

花の感想・評価

5.0
こんなにワクワクしたのは初めてです
舞台の可能性は無限大ですネ
1番。
うみ

うみの感想・評価

-
2020.07.19
「愉快な馬鹿騒ぎ」。という感じ。
観客が「森」役として参加する形の移動型舞台に、流行のポップス、空中曲芸。華やかなエンターテインメント。ザ・エンタメ。
こういうのを金曜夜に、さくっと観に行ける環境とか、超いいなーーーー
みんな舞台役者!って感じの役者さんたち、空気の支配の仕方が上手で、上質なエンタメ時間。

空中曲芸で特に身体能力の高さを見せていたパック役のデヴィッド・ムーストは、空中曲芸に挑むのは本作が初めてだったらしい。すごすぎる。脱帽。

色んなところで対比が強く押し出されていたのが印象的でした。
Tomo

Tomoの感想・評価

4.1
こんなに面白いならもっと前から演劇を知りたかったって思うくらい、観てて楽しかった作品。
y

yの感想・評価

-
YouTubeで無料公開時に鑑賞。英語字幕はぼんやり読んでいた。

このレビューはネタバレを含みます

今年のナショナルシアターライブは超当たり年!!

魔法にかけられた人々だけでなく、かけられていない人々も等しく恋に溺れて混乱し、そして夢のように全てを忘れてしまう。
ボトムも魔法にはかかっていないものの、オベロンに心惹かれているような解釈が好みでした。(王妃と王の立場を入れ替えてあるのだが、この二人は非常にしっくりくるのです)

超過密&超フレンドリーな観客スタンディング演出は、観客を「森」に見立てたもの。
観るもの全てをまさに「夢の時間」に巻き込んでいくような、とても大胆な演出でした。
これもコロナ禍で失われてしまったのだと思うと切ないです。

とても楽しい作品でした。
okm

okmの感想・評価

3.5
イマーシブが夏夢のどんちゃん騒ぎに合う!よく分からんがただただ楽しい〜〜!と観賞後多幸感に包まれた。

オーベロンとティターニアのスイッチング、賛否両論あるようだが、私は割としっくり違和感なく見れた。ちょっとおふざけ過ぎるところもあったけど。

種族性別人種関係なく、恋に落ちたら皆滑稽になるんだなぁー
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品