あなたみたいに、なりたくない。の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

あなたみたいに、なりたくない。2020年製作の映画)

上映日:2020年02月21日

製作国:

上映時間:30分

あらすじ

「あなたみたいに、なりたくない。」に投稿された感想・評価

ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019
登壇者:中野量太監督、川崎 僚監督、 島田欣征監督、山中瑶子監督

優しい雰囲気を纏った作品。

タイトルの「あなたみたいに、なりたくない。」というセリフを発したシーンがよかった。

ただ、30代を目前にして結婚を焦るというのは、けっこう古い考えのように感じる。(監督の実体験でこのテーマになったという話ではあるが…)
honobon

honobonの感想・評価

3.4
NDJC2019にて。

婚活頑張っているな本流があっさりとしすぎている。
だけど、30分の短編であるこの作品に関しては田中さんのバッサリいう前に「かぼす買わなきゃ」なんて買い物中の普通の会話があるからその人の印象をアップデートしやすくなっているのはいいこと。

どうして鍵盤を叩くだけのBGMを多用するのかと監督に聞いてみたかったけどやめた。
※日本映画の多くに言えることで監督本人に限ったことじゃない
「ndjc若手映画作家育成プロジェクト2019」で鑑賞。タイトルの意味がわかったときはどきりとした。主演の阿部純子さんかわいい。
kohei

koheiの感想・評価

4.0
丁寧に撮られた良質な映画、という印象。30代を目前にして世間からの圧を感じたのか婚活をはじめようとする女性の物語なのだけど、その動機から転機、締め方に至るまでどこまでも大袈裟でなくて、丁寧な脚本が貫かれていた。彼女に深く影響を与える“先輩社員”の造形も極めて絶妙。言ってしまえば物語はありきたりなのに、こんなに観れてしまうのは役者の演技力と精緻な演出の賜物なのだろうと思う。
@ndjc
稲生

稲生の感想・評価

1.0
登場人物が考えてることが全てセリフで説明されてる
アップにする箇所も全て間違えている
却下
キャラにリアリティーがなかった。
内容のこともあり、まるで教育映画だった、、、

監督の人柄は良さそうだけど、、
最初のシーンでなぜかSFだと思ってしまった。みんな結婚の話しかしなくて異世界っぽかったからかも。
合評会上映にて。

川崎僚監督、阿部純子さん舞台挨拶付

上映された3本の中では1番作品として成立していました。