ワインは期待と現実の味の作品情報・感想・評価・動画配信

「ワインは期待と現実の味」に投稿された感想・評価

Iris

Irisの感想・評価

2.9
主人公の男性がはっきりしない性格でイマイチだった。
ただワインの奥深さを教えてくれる映画ではある!
master

masterの感想・評価

3.9
ワイン大好きなので、ワイン映画興味あり🍷今まで観たワイン映画はやっぱりフランスメイン。でもこの映画、冒頭からHIPHOPが流れてカッコいい♪冒頭の彼女にワインをセレクトする時の説明が素敵!シャルドネはJay-zワイン、ピノグリはカニエウエスト、リースリングはドレイク♩ このシーン大好き😃その後マスターソムリエを目指す主人公、支える家族、恋人、父と子の葛藤と愛。音楽が終始カッコ良いし、アメリカ発のワイン映画面白かった🍷🍷🍷
【記録もれ】※適当にスルーしてください🙏

ネトフリオリジナルの映画。
マスターソムリエの目指す青年の物語。
現実と夢の間で揺れる繊細な心情を描いていて、個人的には良かったけど…

ここで観てる方は少ないですね…
at

atの感想・評価

3.4
人生色々あるけれど、
諦めずにチャレンジするって、
とても大切なんだなと思わせてくれる🍷
いい映画だった!
ワイン×ヒップホップ×家族愛。
夢に夢見るのか、夢を現実にするのか。


イライジャ(ママドゥ・アティエ)は、ワイン販売店と父親ルイス(コートニー・B・ヴァンス)が経営するバーベキューレストランで働いていた。
ルイスはイライジャに店を継がせようとしていたが、イライジャはワインにのめり込んでソムリエに憧れており、レストランの経営に関するノウハウにはあまり関心を示さなかったーーー。




夢を追いかける話だけど、甘くはない厳しい現実も示してるとこもある。

イライジャに恋人が出来たりするけど、ラブストーリーは本筋の邪魔にならない程度なのがいいね。むしろ、彼女がイライジャを後押しするというか、イライジャの「わかってはいるけど見えてないふりをしているところ」をハッキリとついてくるところがいい。メンターぽさもあるね。

「失敗するのが怖いから、何か理由をつけてあきらめようとする。人は出来ない理由を探しがちだけど、本気なら…。」

そうだよな〜。
「こんなことしたい」みたいなものを持っていても、中々行動できない人も多い。
自分にそんな才能がなかったら??
失敗するのが怖いし、失敗したら何も残らなくなってしまう気がする。
そうして置いておくと、いつまで経っても進めない。逃げちゃうよね〜。
そこをエイヤッと進むのは、いい話!


あと、親と子の関係。
親は子供のしたいことを応援したい!ていう想いと、
親だから子供には安全な道を歩いてほしいていう想い。
この話は、更に、祖父の代から必死で守ってきたレストランがある。
うーーん。
そうだねえ。。
そら、継いでもらえたら嬉しいよねぇ。
うーーん。

その中で、ニーシー・ナッシュ演じる母シルヴィアの、なんて素晴らしい母!!ていうお母ちゃんぷりが凄くグッときた。
子どものやりたいことは何がなんでも応援してあげたい。
きっと、全親の本音を具現化したようなとこありそう。
だから、急な展開にショックでした。


そうだねえ。
やっぱ継ぐとしても、やるだけやってからでないと、ずっとモヤモヤして後悔しそうやもんな〜。
父は、自分の夢を叶える前に、店を継ぐかどうかという選択に迫られたからやむなしだったけど。。でも、それはそれで立派な選択だと思うな。
ただ、仕事がなくて困る人も多い中で、人気もあるお店の仕事があるのはありがたいことでもあるよね〜。

そういう、多分、多くの人がぶち当たる問題をテーマにしていた。


そういう問題を、父と子が向き合っていく。
最後は、父が一緒にワインソムリエの試験勉強を手伝ってるのがよかったなぁ。
なんだかんだいうて、親やもんな。
父も反対してたのは、息子が毎回やりたいことをいうてはフラフラ変えてるのが良くないと考えてたからで。
継ぎたくない理由のためにとりあえず何かフラフラしてるだけなら、危なっかしくて心配だもんな。

それを、本気だと気づいてからは、しっかりサポートしていく。
試験の日にホテルに来てあげるとことか、父ちゃん〜〜って、キュンとしたわ。

ワイン販売店のソムリエ資格ある店長も手伝ってたのホッコリ。


ソムリエ学校に一回でパスして入れたり、パリにも行けたりと、そこはとんとん拍子だったけど、試験はなかなか。

それでどうするか…てところで。

いったん店を手伝う方に向きかけるも、やはり夢を諦めずに学校に再入学して前に進むところで終わるのがよかった。
夢を掴んで終わるではなく、失敗したからといって諦めず、また歩き出すところで終わるってのが。
その決断を聞いて、なんてことないって感じで店は心配するなと返す父も良かった。



ただ、母の病状が急激で悲しすぎたのと、
あのときパリにいたのに、母のことで帰ってきて(それはわかる)、そのままアメリカにいること、しかも、アメリカの学校友達も帰ってきてるところは謎だった。
あれ、交換留学的なのは、あのタイミングで終わったのか?


イライジャに、ブリー・ラーソンの「ユニコーンストア」でつぶらな瞳をキラキラさせためっちゃ人がいい好青年を演じたママドゥ・アティエ。
今回もつぶらな瞳で普通の青年がよく似合ってた。
頭もいいし真面目だし努力もするけど、失敗するのが怖くてなんか先延ばしにしちゃう、煮え切らないところもある、なんかフラフラしちゃうっていう、進路に迷う青年あるあるがめちゃくちゃ似合ってた笑。

彼の今後の活躍も期待。


いやー、しかし、
ワイン美味しそうだった!
でも、あんな色んな言語の名前があるのは覚えられないや〜笑。
ワインの種類や産地食べ物との相性など興味深く楽しい♪土地独自のBBQも美味しそう♪ソムリエは接客業だから味がわかるだけでなく一流って大変なんだろうな🍷なんの仕事でもそうだけど‥家族愛💞親はいつだって味方♪私的には違和感のラスト‥音楽も明るく軽く♪お父さんのBBQ食べてみたいノ
ワイン好きからしたら観てるだけで楽しい。ワインソムリエが世界に230人ほどしか居ないのは驚き…
Diggy

Diggyの感想・評価

4.1
ワインx家族xヒップホップ

マスターソムリエ目指す主人公と自分のお店継がせたいパパと夢をサポートしたいママ
干渉の仕方がリアルやな。

めっちゃワイン飲みたくなるし、勉強頑張ってる人観てると俺もがんばろうって思えてくる。

恋愛要素もあるけど、主テーマ邪魔しない感じも好き。

シャルドネ:シャビ
ピノグリ:イブラヒモビッチ
リースリング:ベッカム
(違)
家族愛と夢がテーマ。

マスターソムリエぐらいの知識があったらワインをもっと楽しめるかななんて軽いものではなく💦
あれはもう能力でしょう✨✨

ワイン映画なのに音楽はヒップホップというオサレな感じ。
この映画見てワイングラス似たようなの買いました😆
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

今日は飲まないと決めたのに赤ワインを飲んでしまった。
アメリカと日本ではソムリエの資格試験の合格者数がかなり違うと聞いたけど、日本は世界でもソムリエが多いらしい。
アメリカでは難関で、この映画のようになかなか試験に通らないとか。
結局は彼はやり直すのだけど、まぁそんな人簡単ではないのだからオチとしては正しい。
母の愛を感じた。
>|

あなたにおすすめの記事