ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

ぼくと魔法の言葉たち2016年製作の映画)

Life, Animated

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。 それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。 サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした 愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

vee

veeの感想・評価

3.8
前向きで希望が持てるドキュメンタリー。オーウェンとその家族の支えをみていると、どんな環境でも諦めなければ絶対に大丈夫だと思える作品だった。

あとディズニーはやっぱり凄い
NANAO

NANAOの感想・評価

4.0
ドキュメンタリー映画

自閉症の子を持った家族の葛藤や挑戦にとても心打たれる

ディズニーの良い宣伝笑
もちろんディズニーだからこそ夢や希望を与えられたのだと思うけど、ディズニーではなくても自閉症の子それぞれ個人が特別だと思うことに没頭できる環境を整えてあげることが社会には必要なのかなと思った。

障害だからと型にはめて管理しようとするのではなく個人の意見を尊重し受け入れてきた主人公の家族の暖かさに感動した。
asami

asamiの感想・評価

3.9
自閉症で言葉が理解出来なくなった
オーウェンが1年ぶりに会話したのは
お父さんがパペットで話し掛けたイアーゴ
驚きと感動を抑えてキャラに徹して
話し続けたお父さんに涙

ディズニー映画は
私も幼い頃から観て育ったので
さまざまなシーンに散りばめられた名言や
理想の人物像がたくさんあって
共感しながら観ていました。

でもこの映画は、ディズニー最高!!
っていう内容ではありません。
オーウェンにとっての人生の核、
心の支えがディズニー映画だっただけの話。
つらいとき、そういうものが
あるのはとても大事なことです。

両親やお兄さんの気持ち、
オーウェンが自分の道を探る姿を観て
自分も頑張らないとと思わされました。
azrn

azrnの感想・評価

4.8
ゼミの時間に見た
オーウェンにはとても勇気をもらったよ〜 ディズニー見てみよう
tomo

tomoの感想・評価

4.0
改めてディズニーの凄さを感じた!

こんな思いの時は、これ。
今日はこんな気分だから、これ。

しかも、最初から観る訳でなく"その部分"だけ観る。

3歳の時に"行方不明になった"という、父親の表現がなんか思うところがあった。。(言葉が出てこない💦)
自閉症の主人公オーウェンが、ディズニーアニメや家族、恋人に支えられ心の扉を開いていく、ドキュメンタリー映画。決してディズニーってすごいよって思わせる作品ではありませんでした!
「自閉症の人たちは、人と関わるのが嫌だと思われる。それは、間違いです」というようなスピーチ、とっても心に響きました。
2018年早々に、素敵な作品に出会えました!
2歳にして突然に自閉症を発症してしまった、オーウェンという青年のドキュメンタリー映画です。
実在の本人と家族、そしてオーウェンを取り巻く人々が、23歳にして学校を卒業して一人暮らしを始めるオーウェンの状況を、過去の記録を遡りつつカメラで追っていきます。
23歳のオーウェンの表情やしぐさ、そして感情は、見ているこちら側がはっきりと分かる程、子供のままの純粋さ!
彼の生き方の指針はディズニー映画であり、現実の生活の全ての局面を、ディズニーのキャラクターや物語に1度置き換えてから理解して暮らしているのです。
オーウェンの目を通して見るディズニー作品は、善と悪、喜びや苦しみ、家族との触れ合いや人との関わり方等、人生の全ての要素が深く取り込まれていて、ディズニー映画はただ綺麗事ばかりの子供向けアニメーションでは無いということが、とても伝わってきました。
オーウェンの自閉症という病気は現実の生活に於いて、多くのデメリットがあると思いますが、健常者と言われる私達もオーウェンと同じに人生の様々な局面に苦労して挫折したり辛い思いを抱えて暮らしています。
この映画を見て、オーウェンにとってのディズニー映画のような心の支えがあったらいいなぁととても思いました。
NEPPY

NEPPYの感想・評価

3.8
ある自閉症の男の子がディズニーアニメーションを通して扉を開き、成長してきた物語のドキュメンタリー。

一度でもディズニーアニメーション作品に救われたことのある人間には、とても込み上げるものがあります。
わたしも幼い頃からディズニーアニメを観て育ってきたので、この作品の中で“この作品からはこんなことを”って改めて言われて、ああわたしも気がつかないうちにディズニーからたくさんの事を教わって来たんだなあと思いました。

Protector of the Sidekicks ( 脇役たちの守護者 )
ドキュメンタリー。

自分もこれから社会に出て行く準備をしているところだから、オーウェンが将来何を学びたいのか、どのように生きていきたいのかを考えていて自分も頑張らなきゃと思わされた。

ディズニー映画はやっぱり人の人生に大きな何かを残したり大きな変化を与えたり、凄く偉大だと思った。
私もディズニー映画を観て育ったから、身をもって感じる。
だから、そういうメッセージを込めたアニメーションを私もハリウッドで作りたいんだってば。
羊男

羊男の感想・評価

3.2
ディズニーアニメは自閉症も克服させる的な素敵なドキュメント。
>|