ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

ぼくと魔法の言葉たち2016年製作の映画)

Life, Animated

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。 それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。 サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした 愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

mofu

mofuの感想・評価

3.5
ディズニーの映画が出てくるから気になってた映画。

2歳になった時に自閉症になり 言葉を失ったオーウェン。
3歳の時にリトル・マーメイドのセリフを、意味のある言葉を話した時は鳥肌がたった。

その後の人生の中でも、ピーターパンからお兄ちゃんの気持ちを理解したり。

ディズニー映画には、1つ1つにメッセージがあって、この映画を見た後には、今までの感じ方と違う英語の見方をしよう。と思える。

映画の可能性が広がる、ディズニーの力の大きさを感じるドキュメンタリーの映画。
最後までは観てない。けどディズニーと出会ってあんな楽しく生きられるなんて素敵!
chieko

chiekoの感想・評価

-
ASDの人の目線、その家族の思いがとても分かりやすかった。
でも障害や特徴があってもなくても、同じ人間で、楽しいことも辛いこともある!それが人生!って最後はスッキリした気持ちになった。
自閉症というものを学んだ。

ディズニーの力の大きさに感動した。

何気に見てたものにそんな力があったのか!

偏見で判断してはいけないと教えられた。
osaya

osayaの感想・評価

-
2歳の時に言葉を発しなくなってしまったオーウェンと、彼をサポートする家族のドキュメンタリー。

ディズニー映画から言葉を取り戻して人との関わりを繋げていったオーウェンのスピーチが素晴らしい。
笑顔がキラキラとしていて、爽やかな気持ちになりました。

ディズニー映画に限らず、小さい頃に見て触れていたものから学んだことって人それぞれ沢山あるんだろうな。
Na2ki

Na2kiの感想・評価

-
子どもも大人もそこは関係なくディズニー映画から大切なことを沢山学んでいるんだろうなぁ。あと、脇役にも大切な役目があるって思うのいい。
映画ではないからスコアはなしで

突然言葉をなくした自閉症の子が家族がディズニー映画に救われ成長していくドキュメンタリー

改めてディズニー映画を見返したくなった
自称大人のわたしもまだなにかディズニーから学べることがあるのかな
nannanda

nannandaの感想・評価

3.0
なんだろう、見終わった後わかんないけどスッキリする。気持ちいい
ひろ

ひろの感想・評価

4.3
自閉症と診断された子供が大人になり自立していくドキュメンタリー。ディズニーのオーバーアクション、決まった台本がとても良いツールになったっていうのは凄く説得力があり、そこから生き方を学び自力に変えた彼は本当に凄い(ノ_<)自分を奮い立たせて前に進もうとする姿は正直自分よりも偉いと思った。負けてられない。ディズニーは偉大だ(о´∀`о)
Hachi888

Hachi888の感想・評価

4.5
私も小さな頃からディズニー映画を観て育ち、今もディズニー映画は生きて行く中で欠かせない事です。
自閉症と診断され、言葉を発することももしかしたらできないかもしれないという医師の診断には家族なら誰でも愕然とするでしょう。

でもディズニー映画が彼を救い自立出来るまで共に歩んでいるドキュメンタリー映画。
私もかなりディズニー映画を繰り返し観ていたので周りからはあまり良い目で見られた事は無かったです。
ディズニー映画は映画ではないや、子供が観る映画など、冷たい言葉も貰いました。
でも、本当に彼のように奇跡が起きると私は今でも思っています。

私の好きな事に恥じらいを感じていましたが、この映画を通じて堂々と暮らしていけます。
(個人的な会話ですみません。)
>|