ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

ぼくと魔法の言葉たち2016年製作の映画)

Life, Animated

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。 それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。 サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした 愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

障害があってもエリートの片鱗を見せる主人公。
健常者ならば、さぞ素晴らしい人物になっていただろうな。
障害者の弟と年老いた両親を持つ兄のコメントは一番切実に響いた。
きれい事では終われないよな。
ドキュメンタリーだけど、難しくなくあっさり楽しむことができた。

自閉症の青年を題材にしている作品。
ディズニーアニメを通じて成長していく彼と、その両親、家族。
完全にドキュメンタリーであったけど、合間にアニメを挟んだりしてくれているおかげで、懐かしい思い出に浸れながら観ることができた。
2歳までは他の子と変わりなく、よく喋りよく笑う子だったのに、突然自閉傾向が表れ、別人のようになってしまうケースがあることに驚きました。
(折れ線自閉症というらしい)

そんな少年が、大好きなディズニー映画を繰り返し観るうちに、徐々に言葉を発するようになり、コミュニケーションが取れるようになり...。

ディズニーというか、アニメが子どもに与える影響は計り知れないな~と。声優さんが施設に会いに来てくれるところに感動。
yoshis

yoshisの感想・評価

3.5
自閉症を扱うドキュメンタリー映画。NHKでも自閉症のドキュメンタリー番組を見たけど、自閉症でもいろいろの症状があることを知った。いろいろ考えさせられる映画。本人、親、兄弟それぞれの立場の苦悩もリアルに描かれていて、きれいごとで終わってない感じが良い。
ymk

ymkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「人生の意義なんて誰が決める?」…深い言葉が多かった。兄が「ディズニー映画は弟との絆を結んでくれる存在」と言っていたのも印象的。
映画ではなくドキュメンタリーだった
NHKとかで放送されてそう

ディズニー映画はやっぱ素晴らしいですな
Nobu

Nobuの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーでありながら、アニメーションも併用されていて、彼の気持ちを理解する助けになった。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.8
フォロワーさんの評価が
高かったので、観てみたかった。
そして、観てよかった!

心温まるドキュメンタリー。
自閉症について、いろいろと
考えさせてくれるいい映画だった。

家族みんなの笑顔が素敵。
自分が想像もできないほど
大変な苦労をしたからなんだろうなぁ。
それを乗り越えたから生まれる
笑顔なんだろうなぁ。

それぞれのエピソードもよくて。
最初に発した言葉が
ジューサーボースだなんて感動する。
意味が知りたかったら観てください。笑

ディズニーの力って、
やっぱすごい!!!
人生、脇役だっていいじゃない。
楽しく生きることが
大事なんだなって痛感した。
こういう事実がもっと
広がればいいなと思った。
megane

meganeの感想・評価

2.2
ドキュメンタリーだったとわ。
この映画を見てディズニー借りに行きました。
mii

miiの感想・評価

2.6
イマイチ入り込めず…

主役の彼より、その両親とお兄さん側の気持ちに…

でもディズニーって凄いんだな
人をも救うのね
>|