太陽のめざめの作品情報・感想・評価・動画配信

「太陽のめざめ」に投稿された感想・評価

トト

トトの感想・評価

-
字幕 古田由紀子さん
@試写

後日、フランス映画(2017年)オープニングでも鑑賞
naomi

naomiの感想・評価

3.6
結構すんなり内容が入ってきて良かった。
若い2人は荒々しくもあり可愛くもあり
マロニーは最終的にはいい男
ブノア・マジメルが久々に観れてよかった
エンドロールの音楽がいただけない。
YOSHI

YOSHIの感想・評価

1.0
最後に無理やり良い話にしようとする映画。観ててうんざりする。
おぐり

おぐりの感想・評価

3.6
ぽすれん
フランスでは 触法少年に こーゆー支援をします と。
犬

犬の感想・評価

3.4
ルール

親の愛を知らず非行を繰り返す少年と少年を助けるために奮闘する大人たちの姿を描いたドラマ

カトリーヌ・ドヌーヴ主演作

あの子のために

悲しい

問題が山積み
なかなか難しいですね
珍しい少年更生施設もの。
ドラッグやアルコール更生施設はわりと見るが、ありそうでなかった未成年施設。
暴力に対して徹底的に排除していくのに比べ、タバコ、ドラッグ、未成年性交渉にかなり容認していることに、さすがに驚く。
結局あらゆる愛情も献身も努力は不毛に終わり、ようやく本人が父親になることで、救われたかのように描かれるが、前途はそれほど楽観できないことは明らかで、すっきりしない。
リアルといえばリアルだが、人権派の判事の、しかもカトリーヌ・ドヌーブをもってきてなお無力であるというプロットはすごい割きりだ。
しょせん国や行政での措置は人権擁護だろうが、ヒューマニズムだろうが何も役立ってはいないと言っているわけだから。
本来報われなくてはならない教育係も判事も敗北したということ。やっぱりすっきりしない。
なつ

なつの感想・評価

3.9
119分あるが、私はそこまで長いようには感じられなかった。
実際に、このような子供を更生させようと、多くの大人が努力をしているのは事実で、何がきっかけで“目覚める”のか分からない。

子供を抱き、判事の元に向かう彼が最初の方の彼と全く違っているように見え、安心した。
しかし、彼が入った部屋でもまた、昔の彼のような目をした子供が部屋にいて、解決しても解決しても、トラブルを抱える子は湧き出てくるんだの実感した。
hydrangea

hydrangeaの感想・評価

4.0
カトリーヌ・ドヌーヴが貫禄の大熱演。優男ブノワ・マジメルもいい味出してた。

マロニーは発達障害だと思う。じっとしていられないし、感情のコントロールができないし、欲望を抑えることができない。更生施設か刑務所かの選択ではなく、医療の介入がまず必要なのではないかと思った。

ヤク中の母親は最低な育て方しかできないが、子供達への愛は一応ある。マロニーもこれからどんな生き方をするのかは未知数だけど、子供を愛することはできると思う。
saccchany

saccchanyの感想・評価

3.8
マロニーの序盤と終盤の顔付き目付きが全然違っていて、更生っていう一線ってこんなにも大きいんだと感じた。演技だけど。
よしみ

よしみの感想・評価

3.0
彼の演技には
引き込まれるけど

見るに耐えない
辛さがこみ上げて
どうしようもなかった😅

何が欠けてるのか
わからない状況で
更正を信じて
世に出す体制側の
無責任さにも憤りが👊

結局は自分次第

相当な覚悟がなければ
超えて
いくことができない👍
>|