れいこいるかの作品情報・感想・評価・動画配信

『れいこいるか』に投稿された感想・評価

tetsunori

tetsunoriの感想・評価

4.0
良作。
震災で小さな娘を失った二人と、その周りの人たちの二十数年を描く。
あからさまに震災を題材にするのではなく、感傷を省いていることで、生き続けなければいけない重みが余計にわかる。
Alex

Alexの感想・評価

3.4
これが震災じゃなくても、
いそうな、ありそうな
おはなしかな。
DW

DWの感想・評価

4.0

■いろんなことが積み重なって元に戻れないくらい傷ついて、それだけだと悲しいから誰かに寄りかかって少し笑う。
みんなそんなふうに生きてるのかも。

“感涙率~%”みたいな感動大作を期待すると「う~ん……

>>続きを読む
説明少なめな感じなのに、監督の独特な濃いめのクセもあって、やや困惑しつつ楽しめた。


声の残響が印象的。
時の流れがそれぞれに流れ、それぞれの不可逆性に不思議な親しみを感じる。

面倒見のよい女性だったんだなぁ。

それぞれの「届け!」みたいな思いと、誰にも気づかれず拾われることの…

>>続きを読む
ひゃ

ひゃの感想・評価

4.3
時間は前にしか進まないということと、一度何かを知ってしまったら、それを知る前には2度と戻れないということだ
悲しみの思い出し方があまりにリアルで号泣した
TF

TFの感想・評価

2.7

 なんでだろう•••
 私にはあまり刺さらなかった🎞️


🤏ネタバレ注意👀

 れいこが阪神淡路大震災で
 亡くなった時、母親は浮気相手と
 S○X真っ最中。しまいには、
 地震に驚いて膣痙攣を起…

>>続きを読む
T0T

T0Tの感想・評価

-

2023.10.9 49-149

ずっと何かおかしくて、震災で子ども亡くし、それでも変わらずおかしくて、ただそれは変わることなくずっとおかしい。何と思っていいのかわからないが、「現実的」ではないの…

>>続きを読む

「ピンク七福神」の一人、いまおかしんじが阪神・淡路大震災で娘を失った夫婦の人生を描く一般作品。映画芸術ベストワンに輝いた。
いまおかは海の作家だ。冒頭の親子の海辺の場面、娘・れいこを抱いた太助(川屋…

>>続きを読む
cyph

cyphの感想・評価

3.8

妻いちこについて、冒頭数分間は記憶に残らない顔だな〜と思ってたけど、物語が進むと共にこういう記憶に残りにくい顔の女が妙齢以降も男が途切れないのわかるな〜となってよかった 原稿に向かう男が性癖なの首尾…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事