夏の娘たち~ひめごと~の作品情報・感想・評価

夏の娘たち~ひめごと~2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:75分

3.8

あらすじ

山あいの小さな町に直美(西山真来)は養父の最期を看取りに戻って来た。義理の弟・裕之(鎌田英幸)との再会はふたりのあいだに秘密の過去をよみがえらせる。彼らは姉と弟の関係を越えて男女の仲に至っていた。裕之への愛を再燃させた直美だったが、やはりこの町に戻って来た幼なじみの義雄(松浦祐也)を前に思いは乱れる……。

「夏の娘たち~ひめごと~」に投稿された感想・評価

WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

4.0
つなぎが絶妙すぎる。風景のショットとか長々見せずに一瞬で切り替えたのはびびった。速水今日子さんが旅館の中を移動するシーンのつなぎとか観てて気持ちいい。
俳優陣の全力で驚いてる演技よかった。
カッティング・イン・アクションがこう気持ちよく決まる感覚というのはなかなか昨今お目にかかれない気が。夜の場面が総じて締まっている。浴衣の“姉ちゃん”を待つ弟のいる暗闇とか。
凄い世界観の作品です。

山の中の小さな町で、直美は養父の最後を看取りに。
義理の弟の浩之と再会するが、実は浩之は直美の最初の「男」だった。
浩之との再会で、直美は関係が再燃してしまう。
そこに、幼なじみの義雄が現れ・・。

小さな町での恋愛劇ですが、出てくる若者の恋愛相手が親族だったり。
それを見守る親世代も、同じ倫理観で。

でも、そんな日常も特別な事ではなく、普通に受入れられる土壌。

最初感じたのは、横溝正史の「金田一耕助シリーズ」にある血族関係のドラマ性で、そこに男女のタブーな恋愛を組み合わせた感じです。

私は、結構好きな作品です。

しかし、今作品の監督は取り終えてすぐに亡くなられて。大変惜しいと思います。
obao

obaoの感想・評価

3.3
@シネ・ヌーヴォ
東京で大盛況だったと話題の本作がようやく大阪へ。
ピンク映画でデビューした監督による劇映画は…ロマンポルノのような(ピンク映画とロマンポルノは似て非なるものと認識しております)本能に対して“真摯”で“純粋”なラブストーリーでした。

キラキラと陽光も眩しい田舎町。近親相姦や自由セックスなどの背徳的なまぐわいを飛び越えた純愛かとも思える(…いや、思えない)物語。

『乃梨子の場合』で大胆な肢体を披露した西山真来さんが今回も汗のしたたる濡れ場を。一度ヌードになってしまえば、その後それを要求される役ばかり廻ってくるのか…と、まったく筋違いの心配なども(間宮夕貴さんも然り、岡村いずみさんの今後が心配なのです)。
そして、今の日本映画には欠かせない(へへっ…)川瀬陽太さんもいつも通りの味を出されています。

劇場の音響がおかしいのかと思うように、話し声が大きくなったり小さくなったり。そして、意図的ではなく機器の性能であろうズームのぎこちなさも…観客の二度見の焦点のようで、この映画の色にもなっているのです。

東京で好評を得た開催中に急逝された監督。自分より若い人が亡くなるのは、やっぱり辛いものです。
好き。昼ドラ並みの泥沼関係を狭い田舎民たちは何も咎めず受け流している。普通の日本の田舎なら噂を流して村八分にしている
西山真来さんは、僕の住む長屋の隣の部屋に住んでくれたら、僕も常にゴキゲンなんすけどね、、、、、堀監督も天井裏辺りに潜んで、私達を見守ってくれるはず、、、
か

かの感想・評価

2.9
やろう


山奥独特のの貞操観念を持った男女達の愛と欲望のしがらみ
あるかたがものすごく高評価していたので観賞。全然わからなかった。
余韻をすすんでわすれたシーンのおわりと、シビれる省略が、性急さに与しない不思議。おおらかなモーションで放られる豪速球。ヤバい。
dramatica

dramaticaの感想・評価

4.4
物語も、撮影も、編集も、ひたすら平凡である。田舎町で、唯一の娯楽と言わんばかりにセックスに明け暮れる男女のメロドラマを、ビデオカメラで撮影、録音し、切り貼りした、典型的な自主制作映画である。時折無造作にズームするカメラのぎこちなさに映画への没入が冷めもしよう。逆光で被写体が見えなくなることに苛立ちもしよう。
だが、この平凡の連打が、奇跡のような時間を作り上げているのが本作なのである。そして、その延長線上に我々の日々の生活があると思えることに、無上の幸福が生まれているのである。
この物語で描かれているのは間違いないなく我々であり、我々の隣人であり、過去に生き、未来に生きるであろう人々なのである。
最後に。堀映画との初対面がこの遺作になってしまったことがひたすら悔やまれる。
合掌。
>|