夏の娘たち~ひめごと~の作品情報・感想・評価

夏の娘たち~ひめごと~2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:75分

3.5

あらすじ

山あいの小さな町に直美(西山真来)は養父の最期を看取りに戻って来た。義理の弟・裕之(鎌田英幸)との再会はふたりのあいだに秘密の過去をよみがえらせる。彼らは姉と弟の関係を越えて男女の仲に至っていた。裕之への愛を再燃させた直美だったが、やはりこの町に戻って来た幼なじみの義雄(松浦祐也)を前に思いは乱れる……。

「夏の娘たち~ひめごと~」に投稿された感想・評価

中上健次みてーな世界観。村にやってきたよっちゃんが死んだの父親のようになって終わる。画面外から聞こえる子どもの声が「血縁」「妊娠」といったテーマを引き立ててる感じ。
歩く運動から始まるカットは、その歩く運動にわずかに遅延して映像が始まっているような、そんな心地がする。
歳月を経ても変わらぬ土地の環が揺れる。皆が優しい嘘をつくほど親密に、真相を受け止められるだけ辛抱強く、それ故に生まれる曖昧なバランスで成り立つ現実を、皆が共有する不可思議、社会。捨てきれなかったブレたズームと、夏の汗のテカリの、生きてるって感じが好き。
閉鎖的な田舎での血縁とセックス、ということで中上健次の小説を思い出した。やけに説明的なところと飛ばすところの緩急の差がすごい。川で妙齢の男女が遊ぶシーンを筆頭に、全篇を通して気持ち悪さがつきまとう。たまに挿入される短いカットが印象的。「水」が大事だ。
中庭

中庭の感想・評価

3.5
境内で繰り広げられる無慈悲なメロドラマや、決して男の立ち入らない食堂における女たちの会話。自分の過去を生き直す娘の前で何度も卒倒する母親。廃墟での情事を済ませた直美が浴衣姿で帰り道を歩く一瞬のショットが放つ煌めきも忘れられない。
いろんな面で気持ち悪い映画だった。なのに最後まで見てしまった不思議。

カメラワークとか話しにホン・サンスっぽさを感じた。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

2.9
なんなんだろうこの嫌な感じ。。。
出演者の方々の演技も嫌だし。。。。

これが堀禎一監督の意図するところだったら物凄いけど。。。。

しかも監督の遺作と知ってますますその嫌な感じが強まる( ゚д゚)
いやはや凄いものを観た…。

ロマンポルノの流れにある作品らしいという程度の知識で、堀禎一監督の「妄想少女オタク系」が面白かったので鑑賞したが、ここまで重たい作品だとは知らなかった。全然エロくないのだが、背徳感が半端ない。しかし、軽いところはとことんまで軽い。

禁忌を犯してしまえば、絶対に忘れることなど出来ない。それを忘れてしまおうとするように、映画も明るくなっていくのだが、逃れることなど出来ないのである。取り返しがつかなくとも選択の余地はない。全く容赦ない映画だな…。川で遊ぶシーンは何もなかった子供時代を想起させるようでいて、もう取り返しのつかないところ(年齢)まで来ているし、別の選択だってあり得たことを暗示しているのだろうか?

画面は明らかに構図が決まっているという感じはあまりしないのだが、対象からの距離感が良いのか何だかずっと見心地がよい。変なカクカクズームは気にはなるが、きっと意味があるのだろう。で、時間のコントロールが素晴らしい。すべてがちょうど良い。全然説明出来ないけど。

ラストは、最近観ていた小津安二郎の「秋刀魚の味」をどうしたって思い出してしまう。しかし、物語上これしかないというバランスでちゃんと収まっており、単なるオマージュにとどまってはいない。時間の省略と花嫁の後ろ姿、経緯を簡潔な家族のセリフで済ませるということが、ここでは異常なまでの効果をあげていて打ちのめされてしまった。

しかし、あのお地蔵さんはトラウマになるな。子供の声も気味悪さを引き立てるし…。

観るには相当な覚悟がいる一本。これをつまらない、で終わらせられるのは逆に幸せでしょう。
Haruchan

Haruchanの感想・評価

3.3
短くて見やすい。随所にエロがある。
作品の印象はエロよりも、言葉にし難いけど生きるということ。
短い作品の中の、一夏という短い季節に描き出される、生であり性であったりするものが、儚さとしぶとさと悲しさとか、そんな感じで
そこに残酷さとまぶしさを感じたものである。
りりか

りりかの感想・評価

2.0
なんなんw
カメラズーム気持ち悪っwww
演技下手!!!!!wwwww

終始ようわからん
>|