恋する寄生虫の作品情報・感想・評価・動画配信

「恋する寄生虫」に投稿された感想・評価

saki

sakiの感想・評価

3.2
楽しみな作品だったけど1回目は最初の方で挫折して半年、やっと見れた。最初の15分を我慢したら好みだとわかった。好きな雰囲気。距離の近くなり方も好み。小松菜奈の服装も好み。終わりも納得いく終わり。
WOWOW初放送。
恐怖症や潔癖症の人たちがどう感じているか、を視覚的に見せることができるのは映画のいいところだなあ

初めてW座のコメンテーターの話聞いてたら、大学教授から聞いた実際の寄生虫の話聞けて楽しかった。現実世界にも実際にそういう寄生虫がいて、この映画は普通に現実的な話だと。
意外と映画の後の番組見るのもいいもんだな。知見を得た。
moco

mocoの感想・評価

2.8
期待しすぎたのかなぁ、、
潔癖症や視線恐怖症から見るとそんな感じなのかな。
でも、ハンバーガーにアレはやめてくれぇ、、
食べるときに想像してしまうじゃんか。気持ち悪かった。
終盤までは良かったのに終盤からなんか急ぎでよく分からなかった。
泣いちゃったよ。結構本気で泣いちゃった。想定外。油断した。
結果として私の大好きなヤツでした。

2人のぎこちないデートが少しづつ素直な笑顔に包まれて幸せいっぱいなシーンは見ていても幸せ〜な気持ちになりました。
〝恋〟に寄生するフタゴムシ。
あの抱擁は、ムシのせいなの?
2人のお互いに想う気持ちはムシのせい?
自転車の後ろで高坂の背中に頬寄せる聖の笑顔もムシのせい?
そんなことない………そんなことない!
とっても素敵な二人でしたよ。
特に林遣都の引き篭った感じから、徐々に解放されて幸せな笑顔を見せるまでが最高です。今OA中のドラマ『初恋の悪魔』の鹿浜鈴之助はこの高坂憲吾からきてるのではないかと思うのは私だけではあるまい。

実際にいるフタゴムシですが(ロケ地でもある目黒寄生虫館に行けば会える)劇中でのムシの性質や役割がちょっとごちゃごちゃしててぼーっとしてたらわからなくなりそうでしたがどうにかw
雌雄同体のムシはニコイチで蝶のような形をしてしており、人の〝好き〟をコントロールして二者を近づけ、その宿主達がキスしたりSEXするとムシも交配して宿主の頭中に卵を残し、その卵が宿主の精神を侵していき治療せずにいると自死に至ってしまうと言われていると。でも治療しちゃうと〝好き〟だったことが、その気持ち自体が無かったことになってしまうのではないかと言われており、治療を躊躇ってしまう………と。
ここを押さえておけばいいンダな。

林遣都、寄生虫、柿本ケンサク………
と、好物がセットされてるので嬉々として観ました。スクリーンで観たかったとつくづく思うのはやはり柿本ケンサクの綺麗な映像が印象的だから。最初の方のタイトルアップのバック画像もかっちょ良いのよ!
全体的に二宮健と通ずるところがあるように感じました。
都会のビルが次々と綺麗に爆破されていくとか、クリスマスで賑わうモールの色味とか………
あとA which の主題歌をはじめとして劇伴が最高に良い!!(ジャズドラマー石若駿がクレジットされてたのを見逃しはせなんだ!)
とにかくこのセンスは大好きなヤツ!!
はぁ〜良かった〜
minami

minamiの感想・評価

1.3
突っ込みどころが満載すぎる……。
少し前に映画館で鑑賞した『真夜中乙女戦争』に似た、気持ちがどんどん引いていく感覚があって、どうやら合わないようだ。

キャストは似合ってたね。
ゆーち

ゆーちの感想・評価

3.1
潔癖症の男性と、視線恐怖症の女性の話。

小松菜奈がでるだけで、画面がエモいのはなぜなん??????𓀀

ただ、ストーリー的にはのめり込めない感じだったな…

でもずっと綺麗。
なんかこう、アートっぽさを感じた(何様)
あぶ

あぶの感想・評価

3.4
やたら綺麗だけど臨場感のない映像と、月刊少年エース的な脚本で友達のいない同窓会に参加した気分になった。
のび

のびの感想・評価

3.3
ファンタジーラブストーリーってやつですね。
面白い発想のストーリーでした。

小松菜奈は可愛いですね。
最後はハーゲンダッツのCMかと思いました。

若い人向けです。
小松

小松の感想・評価

3.3
説明のない部分が多いから最初の方が世界観に入り込みづらいと思った。けど映像はずっと綺麗で美しい。
フタゴムシの話は素敵だと思ったし、原作の小説の方が良さそう。小松菜奈は美しすぎた。
途中までは完璧なくらいよかったけど、最後の方少し急ぎ足に感じた。説明が少し足りないかも。
>|

あなたにおすすめの記事