湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    泣きながら映画館を出てきた。

    道徳的にどうなの?と思う所や行動はあったが、観ている最中はそれを全く疑問に思わず夢中でスクリーンを見つめていた。
    キャスト、ストーリーはなまる!双葉の人柄素敵だな〜〜〜おかあちゃんの愛。ラストシーンには涙なし。でも探偵さんの双葉への言葉、そうだよな〜〜ってなった
    ラストシーンは賛否両論だと思う。
    母、強し。
    旅行へ行く時の楽しげなクラクションの音色とあの世へ行く出棺の時の哀しげなクラクションの音色が印象的だった。

    2017年🎬71作目
    ほんとうによかった
    人生ではじめてここまで泣ける映画に出逢えた

    あの人の為ならなんでもしてあげたいって思うってゆうか、多分それってその何倍もしてもらってるって思えてるからじゃないかな
    強くいきるってかっこいい
    ポイントポイントで泣かされた。
    今のタイミングで見るから
    余計に辛かった。
    杉咲花ちゃん素敵。
    様々な現実の理不尽さは人の愛で全てが救われる、そんな切なくもあり温かくもあり、優しい気持ちにさせてくれる映画
    演者達はパワーに引き込まれた
    ラスト15分の演出は賛否が分かれるところだが心に残る映画には間違いない
    泣きポイントでがっつり泣かされ、ラストで涙が引っこんだ。
    杉咲花が素晴らしい!
    >|