湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    映画みます
    映画みますの感想・レビュー
    約2時間
    4.0
    「類は友を呼ぶ」
    この言葉通り、血の繋がりよりも濃い家族の再生を見た気がしました。
    イジメを受けてる長女と年端も行かない次女の心の内面が痛い程伝わって静かな涙が
    溢れます。
    何よりも欲しかった母の愛を得ることが出来なかった主人公に共感を持てたし寄り添ってあげたくなるような不思議な感覚に陥ります。
    マグナム級の衝撃ラストに作品名の意味を知り、恵まれてる今に感謝したくなるそんなひとときでした。上質な邦画です。
    8cs
    8csの感想・レビュー
    約3時間
    4.8
    "家族" "生と死"という割とありがちなテーマではあるが、それを象徴する1人の女性の特異な存在感が太い柱となってこの作品を特別足らしめている。

    強さと優しさを兼ね備え、人を惹きつける不思議な魅力ある女性。そこへ自然と人が集まってきて…なんて話は一歩間違えれば安っぽい、それこそ既視感のあるありふれたものになりそうなところだが、キャストの魂の演技がそうはさせない。
    構成は序盤から所々散りばめられていた伏線を後半にかけて取りこぼしなくひとつひとつ回収していき、最後にもしっかりオチをつけてくるあたり、全体的に落語のような感覚が…
    …と思っていたら監督がブラマヨの吉田と同級生だったり、どうやらお笑いも好きな人のようで、その辺りの影響もあるのかなと。

    ただ、本当はこんな風にいろいろごちゃごちゃ考えず泣きまくったらいいと思う。そちらが間違いなく正しい観方に違いない。

    追記)ラストはちょっと、、もっといい終わり方あったでしょ、そこだけ残念。みたいなレビューちょこちょこあるけど、それじゃただのいい話じゃん。最終的に可笑しな家族だねぇってのが必要なんでしょう。それがなきゃこの作品がこの作品である意味が無いじゃない。そこが他の泣けるだけの映画との違いなんでしょう。ラストのことごちゃごちゃ言う人はこの作品がただ感動するからいい映画だーって言ってる人たち。
    シオリ
    シオリの感想・レビュー
    約6時間
    4.5
    久々に映画館で泣いてしまった。
    ayumi
    ayumiの感想・レビュー
    約6時間
    4.3
    5分おきに落涙

    物語と杉咲花の演技に

    泣かされてる感は微塵もなく

    みんな何かを背負いながらクサることなく自然体で

    (以下、ネタバレあり)

    煙突、タカアシガニ、手紙、リンゴの模写、絵の具、制服、赤、おかーちゃん、最下層、同じだよ、水色の下着、DNA、探偵、おたま、カレー、タバコ、ビール、母親、鉄柵、富士山、しゃぶしゃぶ、誕生日、おもらし、赤い車、ヒッチハイカー、富士山、ビンタ、手話、緩和ケア、ピラミッド、別れ、花葬、入浴、火葬、赤い煙
    リョウ
    リョウの感想・レビュー
    約7時間
    3.7
    とっても熱い話だった、母は強し。娘に生じる問題は当人で解決させる頑固母ちゃん、時に理不尽に見えなくもないが、それは自分がいなくなったときのことを考えてのこと。愛だね〜
    タケマル
    タケマルの感想・レビュー
    約7時間
    4.0
    演技力が凄すぎた!ラストは衝撃で寒気がした。
    星さん
    星さんの感想・レビュー
    約7時間
    5.0
    きのこ帝国が主題歌ということで観に行きました。
    予告の時点ではよくある家族ものの話かと思いましたが、宮沢りえさんが演じる役にどんどん引き込まれていきました。
    他の登場人物もどんどん好きになりました。
    尺が少し長いですがその分中身もしっかり詰まってて満足です。
    自分も癌の家系なので感情移入しながら見てしまいました…笑
    家族っていいなって改めて思えた映画です
    のん
    のんの感想・レビュー
    約7時間
    4.2

    とんでもない映画


    人が死ぬのをクライマックスにする映画が大嫌いだ。


    人が死んで悲しいのは当たり前だし、そこを物語の頂点にするということはそれ以外に観客を泣かす手段を持たないことを作り手が暴露しているようなものだと思う。


    「湯を沸かすほどの熱い愛」はどうだろうか。


    導入はよくある難病もののようでもある。宮沢りえ演じる主人公が余命幾ばくもないことを宣告され、家族に何かを残そうとする。



    だがこの映画は少なくとも2回、観客の予想を裏切る。
    一つは中盤の宮沢りえの強烈な一撃。

    前半の僅かな違和感を後半の怒涛の展開へと変化させる作品のターニングポイントだ。



    そしてもう一つが「とんでもない」ラストシーンだ。


    この映画のピークは人が死ぬところではなく、その後にある。


    人は死と向き合ったとき、生に真剣に向き合える。
    生きている人に何を残せるのか。死んだ人から何を受け取ればいいのか。


    ラストは生と死が隣り合わせなことを端的に示す「とんでもない」、だけども極めて誠実なシーンだと思った。
    なん
    なんの感想・レビュー
    約8時間
    3.8
    まさに熱い愛。役者さんもよかった。音楽もいい。杉咲花さんは声が本当にいい。なく演技がよかった。伏線がきれいに回収されたり、ああだと思ってたシーンがこうだったりして、上手く全て繋がって気持ちよかったです。
    ヤマモト
    ヤマモトの感想・レビュー
    約8時間
    4.0

    いやいやいや〜
    あれで
    お湯沸かしちゃマズイでしょう(笑)

    (仮)
    >|