湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

えのん

えのんの感想・評価

4.3
キレイな映画

愛がすんごい。すごい真っ直ぐなお母ちゃん。娘たちが引くくらいまっすぐ。
全盛期の上原のストレートくらいの真っ直ぐ。
みんなを愛しみんなに愛される。

衝撃のラストとはこのこと。

しゃぶしゃぶ
宮沢りえが最後まで真実を言わない辺りとか、オダギリのダサすぎる優しさ。
泣かせる為の映画じゃなくて、心を動かす映画と監督が話してたいた通りかもしれない。現実的な"良い"映画だと思う。
kaoppeko

kaoppekoの感想・評価

4.0
杉咲花がすごいよかった。
宮沢りえは安定の演技力。特に「死にたくないよう」と泣きじゃくるシーン。
叔母

叔母の感想・評価

3.9
ただただいいお話
katy

katyの感想・評価

3.8
めちゃくちゃ泣いた。
お母ちゃんの愛熱い。
杉咲花ちゃんの涙をこらえたムンッて顔が好き。
ラストはだいぶ衝撃だったし、とまどったけど、ふつうに終わらせなかったところがいいのかもしれないと今は思ってる。
leon

leonの感想・評価

4.5
母ちゃんがすごい人。
みんなに正面から体当たりでぶつかっていくものすごく愛に溢れた人。
だからみんなついていっちゃうよね。
人間模様が素敵だった。

最後がちょっと理解できない。
鑑賞記録
大号泣
>|