湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    おいも
    おいもの感想・レビュー
    27分
    5.0
    こんなに情緒が溢れる映画は久々に見た。まるで古い日本映画の様に、多くを語らず、フレーム内に映る人と物だけで物語る。ボロボロに泣きながら爆笑するようなシーンが大量にある。凄い。
    Natsuki
    Natsukiの感想・レビュー
    2時間
    3.8
    飛行機の中ですごくすごく泣いた
    愛がほんとーーーに大きな映画

    宮沢りえってなんか私のお母さんを美人にした感じというかなんか雰囲気似ててお母さんが突然癌になったらどうしようって気持ちで観ちゃった
    ma
    maの感想・レビュー
    2時間
    3.6
    宮沢りえの凜とした美しさ。これに尽きる。ちょっと強引な展開もあったけどこの宮沢りえの前では気にならなくなる。そしてオダジョー相変わらずこういう役似合い過ぎる。
    こばやし
    こばやしの感想・レビュー
    6時間
    5.0
    永遠に泣いた。しばらくほかの映画観なくていいや…
    しいなぴよ
    しいなぴよの感想・レビュー
    6時間
    -
    素晴らしかった!
    久しぶりに映画で泣いた。
    それを監督に伝えたら「でも悲しい涙じゃなかったでしょ」と言われ、確かに…!となったなあ。
    キラキラ希望
    キラキラ希望の感想・レビュー
    11時間
    5.0
    めっちゃ泣いたよ
    宮沢りえさんがすごい女優さんだって初めてわかった
    オマセボーイ
    オマセボーイの感想・レビュー
    13時間
    2.8
    泣くために見にいったのに全然泣けなかった。。
    友人のネガティヴレビューを読んでしまったというのもあるかもしれないが、それを差し引いても全然泣けなかった。というのも泣かせにきすぎていてそれが露骨に強調されていて、はい!ここで泣いてください!っていう感じの演出とセリフが逆にひいてしまった。。
    劇場ですすり泣く声もまた自分の涙腺をきつくしてしまった。。何で泣けるんだろう。。そして宮沢りえのキャラクターもハマらなかったんだなあ。病気になってからやたら強くなった感じするわ。もう少し健康な時の宮沢りえを見せてもらえていたら馴染めたかも。
    あとこれはアニメーションだと適していたのでは?テンポが早くリアリティのなさがアニメーションだとすっと入ってきたかも。そんな風に思って見てたなあ。
    それかテレビ番組の改編期の2時間ドラマとかだとだいぶクオリティ高いなと思って見れたかな。映像とかも映画のクオリティじゃないって思っちゃった。
    全ては友人のレビューのせいかもしれないが。。。

    しかしオダギリジョーと2人の子役と手話を話せる理由にはぐっときた!

    赤もよかった。
    森田真吉
    森田真吉の感想・レビュー
    18時間
    4.6
    久々に映画で涙ぐんでしまいました。
    上映時間中一度も飽きさせることなく、なおかつ感情に訴えかけてくる演出、演技で本当に素晴らしい映画だなと思いました。
    人は何かを抱えながら、それでも強く生きていかなければいけないということを教えられた気がします。
    小川ユカコ
    小川ユカコの感想・レビュー
    18時間
    3.3
    やっぱり母はだれよりも強いていうはなし
    家族愛はなくにきまっているしお母ちゃんは偉大 ままよりすごい人は世界にいない
    HironoriHara
    HironoriHaraの感想・レビュー
    20時間
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    語るのもバカバカしく、
    これを評価しているような現代に絶望すら覚える。一晩で書き上げたホンでしょ?
    オダギリへの演出をちゃんと着けておけばまだ語るべき映画ではあった。


    作り手の美学が何も感じられない…
    >|