湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

Remy

Remyの感想・評価

3.1
オダギリジョーのダメ男役がよかった。
結末が、え?ってなる。
peppers

peppersの感想・評価

4.5
宮沢りえが凄い。そして美しい。周りのキャストもみんな上手すぎて泣いてしまう。
まさ

まさの感想・評価

4.1
素晴らしい感動作に出会った。母の愛の深さ、強さが半端ない。そして、その愛が周りをも変えていく。一つ一つのエピソードが、丁寧に織り連ねられていて、心が強く揺さぶられる。配役も、それぞれの演技も素晴らしい。どの子役も秀逸な演技で、オダギリジョーのダメ父役ははまっている。その他の脇役も熱演。そしてなんと言っても宮沢りえは、この映画全体を支える素晴らしい演技。特に、母子の距離感は、演技を越えていると言っていい。もちろんタイトルにも仕掛けが施されている。作品のすべてに巧みで細やかな心配りが織り込まれている。涙が足りない。
nannahanae

nannahanaeの感想・評価

5.0
やっぱり母ってすごいな。双葉すごい、宮沢りえ素晴らしい。こんなに泣くなんて思わなかった。ちゃんとみんなの事を考えて想ってあげている愛の深さがしみる。損得ではない、ちゃんと向き合っていた逃げなかった結果、愛で包まれる。何でもしてあげたくなるのはきっと何度もしてもらってるから。
なんといっても杉咲花でしょう!!
助演が良いと映画が締まります。
宮沢りえのやつれ方も半端ないです。
オダギリジョーはダメな役がいいです。
りえちゃんいい女優になったなとしみじみ。だけど同じジャンルにいしだあゆみという先駆者がいるのでちょっと不利かな?杉咲花もワクワクする。彼女たちのこれからの益々の活躍を祈る。
ryosushi

ryosushiの感想・評価

4.7
母親の底なしの愛、タイトル通り。
1つ1つの言動が粋で、でも大真面目で、心を揺さぶられる。
手話のくだりはめちゃくちゃ心に残ってるなぁ。

みんなの演技もとても良かった。


ずっと泣いてた。こんなんずるいわ。
髪の毛を結ってくれてるのだけでも泣けるので序盤からずっと泣いてた
ほんと、お母さんてひとのことばっかり。
そうさせてしまってたことを後悔
自分と重なる場面もたくさんあって、もう、今すぐお母さんに会いたい。
Suzuka

Suzukaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりにこんなに泣きました。
人生最初で最後の最高の家族で作るピラミッド、涙が止まらなかった。
愛ってあったかい。本当にあったかいお話でした。

めっちゃいい映画だった、、、
天

天の感想・評価

4.5
とにかく終始泣いてた
杉咲花の演技が涙をそそるし
一人一人感情移入できて、泣ける
>|