湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

まなか

まなかの感想・評価

4.2
中学生の時にあった家族のことが私の記憶からは無くなっているらしい 辛すぎたんだろうねって言われるけどどんなに辛かったのかも思い出せない その記憶がないから今が幸せでこの映画を見て感動できるんだと思う ことにした きっとこの映画を見て泣ける人はほんとに幸せな人なんだろうなって思う でも泣けない人が不幸だとも思わない 私は好きだったな!
sumi

sumiの感想・評価

3.5
役者はみんな熱演だったし、映画としては良かったんですよ。ホントに。
だけど、あの結末、、私は受け入れられなかったです(。・ω・。)
木犀

木犀の感想・評価

4.0
とても良かった
宮沢りえ と 杉咲花 のベッドや車の攻防戦
自分と母を重ねて苦しくなった
あの時はなんでそんなことするのか 理解できなかったけど 理解できるようになった 今、 感謝しかない
Hanami

Hanamiの感想・評価

3.5
母に勧められ 共に鑑賞。
母は2回目なのに号泣。わたしも 何回か泣きそうになった。日本の誇るべき名作だよね、もっと海外に発信するべき。
はなちゃんが凄く可愛い、顔はもちろんだけど そういうことじゃなくて 佇まいだったり なかなか勇気が出せない感じだったり それでも出そうと思って声が小さいなりに頑張ってみたり 1つ1つの動作が もう 本当に可愛かった。
ナオヤ

ナオヤの感想・評価

5.0
大きな愛に包まれた人たちの話。
大切な人にありがとうを言いたくなる映画です。
mihoshiiii

mihoshiiiiの感想・評価

4.0
めちゃめちゃよかった。
開始6分で泣けて、最後は号泣。
これはあした目が腫れるやつ。
SAKI

SAKIの感想・評価

3.3
杉咲花ちゃんすごかったな...
何回かもらい泣きしてしまった。
おかあちゃんすごい。って映画でした。
nrm

nrmの感想・評価

3.9
邦画でも心に残る作品で、まさに熱い愛だった。演技うまいひとばかり
さとー

さとーの感想・評価

4.1
おかあちゃんの愛を享受した者はどんな困難や苦悩に苛まれても立ち向かって前向きに歩んでいける物語。
学校でいじめに遭っている安澄が叱咤激励だけで立ち向かっていけるというのは少々説得力に欠ける気がした。あれは正直、安澄は元々そのようなポテンシャルを秘めているのではないかと疑ってしまう(15年間かあちゃんと培ってきた生活のおかげなのかもしれないのでなんとも)
鮎子に関して言えば最初は物分りが良く聡明であることに反して、未熟さからくる純粋さを兼ね備えた見事なキャラ設定が後に活きてくるのかと思いきや我慢して強がっていたのが解けたせいか、ただの純粋な子と化してしまったのは少々残念。泣かせる為の少し過剰な演出もちょっと気になる。

などと個人的な不満はいくつかあるけれど、宮沢りえさんと杉咲花さんの演技には圧倒されました。
たまに弱さを見せつつもしたたかで器量の広いおかあちゃん、そして終盤の病室で安澄が語りかけるシーンは呼吸の間隔や何を訴えているのか読みとるのが難しいあの表情の機微だけで自然と涙目になりましたね。
Rika

Rikaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

邦画の中では上位の作品。
全体的には良かったし、色んなところで泣きまくったけど、ちょいちょい気になるところがあった。

安澄がいじめられて学校に行きたくないと懇願するところは、お母ちゃん厳しすぎやしませんかと思った。
あれだけいじめられても毎日ちゃんと学校に行って、それをお母ちゃんに見せない安澄がそもそも強いし、迎えに行って様子を見た最初の言葉が『好きな色は何?』って、えーってなるだろうに、素直に答える安澄。
クラス全員の前で体操着を脱ぎ訴えるなんてこと、そうとうメンタルが強くないとできない。
さらに、ウキウキで行った旅行中に突然生みの親が違うと言われ、今からその人と話してこい、夕方迎えに来るはかなり酷。
ちょっと母の愛が強引だったよなあと。
でも手話と体得させるように教育していたところは泣かせる。

鮎子を迎えに行った時も良いお母ちゃんだなあと思ったけど、その前にそこに住んでる人はあんなところでうずくまってる子いても誰も通報しなかったんかいとか、ぱんつをドアノブに引っ掛けるとか、それはどうなん。とか😅

犬の置物をぶん投げてガラス割っちゃうとか。😅
それならもう強引に行けば良かったやん!って。
でもなあ、そこは双葉もこどもっぽくなっちゃったのかなあ。

でも何にせよ、血が繋がってなくてもここまで愛することができるのだろうかと思わされた。
タクミくんを抱きしめた時は優しい人だなあと思った。

オダギリジョーと宮沢りえの夫婦役はあんまりしっくりこなかったけど、どうしようもないけど憎めない父親役は合っていた。

でも何よりラストシーンは、えーーーー!ってなった。
タイトルって本当の意味でそういうことだったの、みたいな...
軽くホラーだった...

杉咲花ちゃん、クックドゥーのcmのイメージしかなかったけど、本作で演技力の高さに驚いた。
鮎子と安澄の姉妹の感じはとても良かった。
今後に期待したい女優さんでした!
>|