湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

miku

mikuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

病室で涙こらえながらめっちゃ泣くシーンむり。ほんとむり。泣く。

辛いことありすぎだしこんなん耐えれんし母ちゃんもあずみも強い。

みんなおでこ広くて可愛かった。
最初から最後まで強い人じゃなかったところがよかった。
母って強いけど、当たり前だけど、同じ人間なんだよなと。
最後は賛否別れそう。
harukamori

harukamoriの感想・評価

4.5
やりすぎだしそんなの全部いっぺんに乗り越えられないよ!って思っちゃった。
甘い優しさなんて一切無い、お母ちゃん見てると辛かった。いろんな事情は今っぽいけど、現代でこういう昔っぽい人物、描写で映画を出すのには意味があるのかも。

飛行機では邦画観ることが多いけど、これは消灯時にしてよかった、ぼろぼろなった笑
2ヶ月という期間を映画の時間で描くのは色々な制限がある中、1つ1つ丁寧に描かれていると、思いきや全て中途半端なかたちで終わっている気がする。
きっと内容をてんこ盛りにし過ぎたせいかもしれない。
あんなに宮沢りえを不幸に描いたら、彼女の人柄でみんなが集まるというよりは、その境遇に同情しているという印象の方が強く残ってしまう。

しかし役者の表情や感情を的確に表すとても素晴らしいカメラワークだなと思った。
蛙

蛙の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

泣いたけどむちゃくちゃなかんじだった、泣いたけど

旦那の元妻が葬儀に参加するところとか
旦那の元妻と旦那が最後家族として一緒に銭湯にいるところとか
松坂桃李が偶然死ぬ前に参加してるところとか
最後興信所の人も親族としているところとか

人が死ぬ 生きたい 泣く ていうのが悲しくて泣いたけど、ストーリー展開の秀逸さとかはあまり感じなかった

ただ杉咲花には引き込まれちゃう
2016 12月 鑑賞

ちょっと苦手だった
Sally

Sallyの感想・評価

5.0
感情移入が止まらなくて終始涙が出てきて宮沢りえ と 杉咲花 の演技に引き込まれた。家族愛・親子愛ってやっぱり無敵でどんな愛よりも1番で本当に強いなって感じたしお母ちゃんの芯の強さとか心のあったかさが人を動かしたり繋ぎ合わせたり…
お母ちゃんの存在の大きさ大切さを感じた。人間としての在り方とか愛の力の強さとかこの映画から色々教わったし考えさせられた。俳優陣のひとつひとつの表情の映し方から音楽、街の雰囲気、描写の仕方にそれぞれ意味があって観てて飽きることがなかった。
今年一番良かったかも。
主人公の弱さを孕みながらも、
「行動」し続ける強さ。
それが伝搬して優しさや強さが広がって行く姿に心が震えます。
スゴいエネルギーである一方、人間らしい繊細さがあって、とても愛おしくなる不思議な主人公。

みんなを巻き込んで行く。
設定うんぬんではなく、このシチュエーションでこんな行動が出来るんだ。でもそれってこんな想いがあってなんだ。というのが見えるから良い映画。

杉咲花ちゃんの教室でのシーンは圧巻。手話のシーンも良かった。
母は強し。
私が余命宣告されたらあんなに強く明るく振る舞えないだろうなぁ。
どんな形でもどんな過去があろうとも
家族は温かくてまあるい。
最後までクズなオダギリジョー、、かっこよかった。笑
Pistolstar

Pistolstarの感想・評価

4.6
残り僅かだとしても、愛する人の苦しむ顔を今見るとしても、自分が死んだ後に笑えるように、強く生きていけるように願う母の愛に感動した。
>|