湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

Harupooh

Harupoohの感想・評価

4.6
なんて映画や。めっちゃ泣いた。

我が子がいじめられているとわかっていて、でも負けないようにと学校へ送り出すお母ちゃん。
本当は心配でたまらないのに。
逃げないことは、負けないこと。
親子で立ち向かう姿にすごく勇気をもらった。

病室で天井を見て横たわるお母ちゃんの姿に、涙をこらえつつあずみが見せた満面の笑顔。
強くなったな、ってお母さんは安心したと思う。
そのあたりから、ずっと涙が止まらなかった。

自分がもうすぐ死ぬとわかった時、誰に何を残すのか。
いつか必ず死ぬとわかっているのに考えたこともなかった。

本当に、心から感動できる映画。
全部まるっと含めて、これぞまさにハッピーエンド!といった感じの映画でした。双葉さんは、強くて強くて強くて少しだけ弱い人だった… 見終わった後もずっと心がポカポカしています。最後の最後がちょっと、まじかよ…ってなったけど、それも全部許せるくらい良い映画!お経がラジカセなのと、霊柩車の運転手が探偵さんなのが個人的に最高〜となりました…愛のある人になりて〜
みんなが、自分と向き合い、命と向き合うお話。
双葉さん、素敵だったなぁ。
なかなか攻めたタイトルだなあという第一印象でした。
御涙頂戴ものはちょっと苦手なのですが、CMで宮沢りえ演じる強い母親(双葉)を観てからとても興味を惹かれ、公開2日目で足を運びました。

大アタリでした。

といいつつ途中だれかけましたが笑、
そのだれかけてる間に伏線が張り巡らされていることが判明し、おおっと感心してる間にラストスパートをかけられ、気付いたら涙…。

あずみがあずみの本当の母親と再会するシーンは…泣

あと、双葉の夫の一浩が人間ピラミッドを入院中の双葉に披露するシーンは、ダサ!って思いましたけど笑、頼りない一浩の精一杯の想いが詰まっていて、ダサいよー!って思いながら気付いたら泣いてました。笑


監督のミスリードや伏線回収には、私の展開や価値観に対する固定観念を覆させられ、
かといってそういったテクニックに一瞬の驚きを得るだけの作品では終わらない、愛情深い、素晴らしい作品でした。

双葉を見て、私の母親もこんな強い人だったなあと、懐かしく感じました。
自分よりも他人のために尽くす人。
そんな人と私は何も返すことができずに別れてしまったので、きちんと思いを伝えていた双葉の旦那や娘たちが少し羨ましかったです。
でも、私も双葉のような愛情深く強い母親を持つことができたことが誇らしいと改めて思いました。

邦画豊作の2016年を代表する作品の1つでした。
宮沢りえが、とにかく良かった。
物語も押し付けがましくなく、それぞれの抱えている問題や立場を容認している。それが、なんとも愛に満ちている。
mtok

mtokの感想・評価

-
ちょっと温度差を感じて引いてしまった
湯を沸かすほどの愛のない人間に育ってしまった
Miyu

Miyuの感想・評価

4.2
10分ごとくらいに泣いてた気がする

恋愛とかそういう次元じゃなくて愛ってすごいな、という愛と情熱がすごいお話、、、あれくらいいろんな人に愛を与えて生きていきたいよねっていう

まゆちゃんスフィンクスですごい泣いたんですけど、あのシーンほんと最高だったな

関係ないんですけどオダギリジョーが高校生のパパって最高すぎませんか?
家族の大切さを
改めて感じた
親に反抗するのはもうやめます…
chabondama

chabondamaの感想・評価

4.5
こーゆーの大好き!
一回でも泣けるし、たぶん何回見ても色んな角度にまた気付けて泣けるやつ。
宮沢りえって、やっぱいい役者さんなんだなぁ。
杉咲花の演技もいい。
良い映画だったけど。
ちょいちょい突っ込みたい所もあった。
良い映画だったんだけどねぇ…。銭湯に行きたくなります。
>|