湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

驚異のパワープレー映画だった…
全然好きな感じの話じゃないのに演技うますぎて泣けるし、狂気的なオチもきのこ帝国の音楽で押し切っててやばい
satoshi

satoshiの感想・評価

3.9
演者が皆、心の底からから溢れ出すような涙を流していたのでつられて泣いた。
あと自分オダギリジョー好きすぎでは。月並みだけどクズ男やらせたら日本一。主題歌をきのこ帝国がやってるの知らなかったからびっくりした。
やさい

やさいの感想・評価

4.2
宮沢りえに引き込まれました。
要所要所で感動してウルッときますね。
見終わったら何かしら爽快感がありました。
なんか万引き家族より家族の本質を感じたかも。
たは

たはの感想・評価

5.0
気付いたら泣いてた、、
オダギリジョーが最高だ、、
わたしも強く在りたいと思えた!
ジョウ

ジョウの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

初めて映画で大号泣した作品。
感情移入しやすい。

〈シナリオ〉
余命宣告された母親が「自分のやるべきこと」をやるためにたくさんの人と向き合う話。
安澄が手話が堪能な理由や双葉が求めたピラミッド等伏線も多いので楽しめるし飽きない。
ピラミッドのシーンは号泣必須。
これまで強く生きてきて、「下手に延命したくない」とまで言っていた双葉でも最後は「死にたくない」と漏らす。。

〈ルック〉
撮影場所が栃木県の足利市らしいが、そのレトロな街並みが銭湯を営む家庭という設定に合っている。

〈役者〉
宮沢りえ、オダギリジョーはさすがの一言。
まだ若い杉咲花も高い演技力を見せていた。
ただ一つ違和感だったのが松坂桃李。
セリフに少し棒読み感があった。

〈深度〉
癌の進行につれて吐血が増えたり頬が痩せこけていく双葉ではあるが、それと同時に成長していく家族や出会った人々。
多少成長のさせ方が無理やり感はあるものの、母親の強さ、女性の強さが非常に伝わる。
amoui

amouiの感想・評価

4.2
すごく複雑だけど、親の愛を知らない親子の不器用な思いやりに心が振り回された。
タイトルも本当に良い。
血が繋がっていようといまいと人間が分かり合えることは限られていて、それでも大切なことを訴えたり、誰かに優しさを与えることは誰にでもできるんだと力強いメッセージを感じた。一方、衝突し傷付け合うシーンの痛々しさには胸が苦しくなった。
困難な状況下の理想的な人物像が示されるのではなく、様々な角度でリアルな心情が描かれており共感できるところも多くの人が涙してしまう理由なのかも。
熱いシーンがたくさんあるので、しっかり入り込みたい時におすすめです。
5884350712

5884350712の感想・評価

4.6
邦画の中ではトップクラスで好きだった。双葉さんだからこそ、この複雑な家族を結びつけられたのかな。本当の愛。
エンディング曲がきのこ帝国なのも映画に合っていて最高だった。
改めて、母親と娘って特別な関係だなー。
オダギリジョーはこういう役が似合う。
最初の頃のあずみちゃんの美術のシーン、東京タワーといい、なんか絵具の絡むシーンは苦手…。
タイトルの意味通り、ふたばさんの愛が熱い。
すごく泣きました。
YuyaHirano

YuyaHiranoの感想・評価

3.2
賛否両論あるらしいけど、僕はラストシーン受け入れられなかった。
強烈な映画だったことは間違いなく、感情は揺さぶられたし涙も出た。
ただ、ポジティブな感情もネガティブな感情も混ざりすぎて結構苦しい。
も

もの感想・評価

4.3
開始早々で涙が出た。
途中も何度も泣いたけど、ただ悲しいだけじゃ終わらなくて、スッキリというかほっこりした。
お葬式のシーン、綺麗だった。オフィーリアを彷彿とさせた。
登場人物一人一人にもどこか共感できるところが少しずつある。
父親はクズだったけど憎みきれないキャラクターも良かった。
>|