十二単衣を着た悪魔の作品情報・感想・評価・動画配信

「十二単衣を着た悪魔」に投稿された感想・評価

単純に言っちゃえば、タイムスリップ物。
平安時代、光源氏の生きていた時代へ。
その辺はよくあるパターンの映画かな?って感じで見始めた。最初は「良くあるネタ」だなって感じだったけど。
でも、原作が内館牧子様だもの、面白ければ良いって感じじゃなくなってくる。
主人公のロマンスを入れ込みながら、源氏物語ではサブのキャラだけど、弘徽殿女房のその強いキャラに焦点を当てて、女の強さ、悲しさ、を感じさせる、良い映画になってたと思う。
黒木瞳様も、良い仕事した。
後は、映像とか映画のメリハリが良くなれば良いよね。
三好彩加さんは、平安時代の衣装がお似合いでした。女性のキツさも良く演じてた。
加藤健太郎様は、好きな、期待してる若手だけど、やはり良い!個性はあまり無いと思うのだけど、素敵な存在感が有るよね。馬鹿げた事件もあったけど、充分反省して、良い役者になって欲しい。下らないバラエティーや歌はやらずに、「ザ役者」になって欲しい。
伊藤沙莉様も大好きなんだけど、平安時代の衣装は、チョットきついかな。でもこの映画では、それも、役に立って、納得。
タイムスリップ物のコメディかなと思ってたら
なんかそうでも無かった🤔

彼氏チョイスなので
私が普段絶対選ばないような作品。
個人的には、途中で寝落ちしたくらい
あまり..面白く無かったです😢

どの時代も、自分の意見を持った
意志の強い女性はかっこいいなとは思いました。
公開時に黒木瞳監督がイトケンと伊藤沙莉の初夜シーンで泣き出す伊藤沙莉にキスしろ!と煽って台本には無いアドリブでキスをしてびっくりする伊藤沙莉っていうエピソードにちょっと炎上してたの覚えてて、その後くらいにイトケンや伊勢谷氏の事件で大変だっただろうなぁと勝手に思ってました。この頃出演作どんどん公開されて控えてての波に乗ってた伊藤健太郎氏、私は今でも応援してますんで!!また頑張ってくれよなぁ…

そんなこんなの本作ですけど、三吉彩花さんと何やかんやあるかと思えばそうでも無く、何年くらいタイムスリップしてたんだろう???信長協奏曲を思い出しちゃうよね、しかしなんかこちらはダイジェスト感あった…勢いも無く、消化不良…
しかし伊藤沙莉との現世での再会は好き、ずるい、戻ってきた現世での時間全然経ってなくて良かったやん!
しかしこれ原作はもっと面白いのかなぁ
もも

ももの感想・評価

3.0
成る程!そっち目線の源氏物語ね。
面白かった。
見る視点を変えると物語もガラッと変わるんだなと。

光源氏のこと基本的にクズだと思ってて、物語の中のことと分かりつつも嫌な気持ちだったんだけど、この話はいいね。

普段ブサイクに表現される弘徽殿女御が策略家て美人な悪女になってるのがいい。

この映画の元になった著書をぜひ読んでみたいと思った。

黒木瞳が監督をした話題作なのに、色んな事件があったせいで全然PRされなかったの悲しい。
すごいダイジェスト感
映画じゃなくてドラマ化だったら本領が発揮できたのでは?
リサ

リサの感想・評価

3.5
初めから期待せずに鑑賞。前々から色々叩かれてた作品やったけど、意外とよかったと思う!歴史物ってあんまり好きじゃないけど、源氏物語はおもしろそうって思えた!
三吉さんの役所の人物は男前やなー。あんなに自分の意見をはっきり持ってる人って本当に尊敬する。かっこよかった!!
伊藤健太郎くんにバックハグされて、涙止める為のキスされたい人生やったなぁ。笑
ただスピッツ歌ったり、後半の部分は、ファンしか喜ばないと思うので純粋に映画を観に来ました!の人は退屈だろうなぁ。
なんか最後にガツンと何かがあれば良かったかな。
なっち

なっちの感想・評価

1.6
演者も題材もいいのに、
ストーリーが良くなかったのか、
演出がダメなのか、
途中からいつ終わるのかなーって思いながら見てました。

つまらなかった。
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.5
コメントが難しい。

伊藤健太郎くん、頑張ってますね。私は、俳優としてのこの人は復活肯定派なので、いつか禊が済んだのなら、また活躍してほしいと思います。

ていうか伊藤健太郎が主役じゃなかったら、この映画、もっとヤバかった気がします。

三吉彩花も堂々としてて似合ってたし、ちょい役の皆さんも頑張ってました。滑舌悪い話し方を猛練習したというEXITかねちも、バッチリでした。

が、面白い映画かと言われると、ちょっとなぁ…ってなってしまうんですよね。
グッと引き込まれる核やテーマみたいなものが感じられればいいんですが。なんだか定まらないまま展開していくんだよなぁ。

音楽の使い方もなぁ…
キャスティングはよかったはずなんだけど。

惜しい映画、という印象でした。
チョイ役で出てるかねち目当てで鑑賞。ものの数分で目的終了。
受け口矯正のマウスピース付けてた時期だからか、上顎に餅ついてるまま話してるみたいな発声がめっちゃ気持ち悪くて悲しい(笑)

コメディまで振り切ってなくて、おとなしい少女漫画のトーンで面白くないけど、年とった三吉ちゃん演じる母君のセリフは響いた。
ラストはベタにつられ泣き。
はっぱ

はっぱの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

就職活動が難航していた雷は、「源氏物語」のイベントのアルバイトをした日、何故か平安時代の源氏物語の世界にタイムスリップしてしまう。
そこで出会った弘徽殿の女御は、素晴らしく賢くて強くて生き様が潔い女性だった。
弘徽殿の女御が言った言葉がとても素敵だった。
「欲しいものは、自分から掴みにいった。
 守りたいものも、自分で守った。
 だからこれからも、私の生き方は私が決める。
 身の丈に合わぬものを追い求める。
 人は必ず老い。時代は動く。
 いつまでも同じ人間が同じ場所に立っては居られない。
 必ず若い者の世が来る。
 その時は潔く退く。
 それが品位と言うものです。
 惨めな画策などせず若い者には負ければ良いのです。
 だからこそ面白いのだ。
 その時が来る迄、やれる事もやれぬ事もやって私は生きる。」
現代に戻って来た雷は、現代の時間にしては一瞬でも平安時代で過ごした時間はとても長くて、凄く成長していた。
「みんな色々あるのに、ちゃんと生きてる。ダメな事も人のせいにしないで、ちゃんと生きないと。」と。
そしてラスト、雷の許に平安時代に出会って死別してしまった大切な女性とそっくりな人が現れる。。
>|

あなたにおすすめの記事