雨月物語の作品情報・感想・評価

「雨月物語」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

5.0
‪「雨月物語」‬
‪黒澤の羅生門が金獅子賞に輝き、それに対抗し製作された溝口の傑作もはや日本映画の“極上”傑作とも言える本作は欧米、西洋の人間に多大なる影響を与えた芸術で本作のホラーファンタジー的な演出は凄く、繰り返し観たくなる。そして宮川一夫は日本が誇るカメラマンだ。本当に大好きな映画だ‬。
ひでG

ひでGの感想・評価

4.4
899本目のレビュー。
1953年ベネチア映画祭監督賞受賞作!

あの敗戦からまだ8年しか経ってないのに、快挙!快挙!です。

そんな日本映画史にとって金字塔作品。
しかも、65年間の時が経過しても全く色褪せない、永遠の名画!
こーゆー映画を真の「クラシック映画」「芸術映画」と呼ぶのだろう。

なぜ色褪せないか、なぜ古くならないか

それはいつの時代にも共通する人間の根源的なものを描いているからだと思う。

非常に分かりやすいテーマ。
人間の煩悩、欲についての物語。

「お金持ちになりたい!」
「名声が欲しい!」
「いい女を抱きたい!」

それらの誘惑に惑わされ、生活や家族さえも捨てようとする男たち。

65年前の作品、舞台は戦国時代の山村。
陶芸を成合にしている森雅之と田中絹代の夫婦。

この歴史的な俳優さんの、まあ〜セリフの聞き取りやすさ!
フィルムの保存の良さもあるだろうけど、
実にしっかりした声、がっちりとした演技

黒澤明映画がダイナミックスな展開に反して、やや【かなり】セリフに難があるのに対して、まるで新劇の舞台を観てるよう。

時は戦国真っ只中、度重なる合戦により、村々は荒れ果てる。
森雅之と田中絹代の夫婦は細々と陶芸で身を立てているが、いくさの混乱の中、品物が予想以上に売れ、まとまったお金を手に入れる。
貧しいものが一度手に入れたお金の魅力。

一方隣家の男は、侍に憧れている。

物欲と名誉欲に目を奪われた2人は家族とともに町に出ようとする。

そこで、、、、

シンプルでしょ!

ギリシア神話やシェークスピアみたいなだよね。

謎の館の霧の立ち込める雰囲気なんかも白黒映像の良さをふんだんに表しているし、
性欲にまさに溺れていく描写も、まあ見事です!

プロの仕事をどうそご覧ください!
yui

yuiの感想・評価

-
2008
溝口健二監督作品
京マチ子に惚れた
気に入ったのでBlu-ray買いました
sk

skの感想・評価

4.5
夢の暮らしも束の間、物の怪の戦慄が走る。京マチ子の妖しい演技によって終始緊張感が漂う。
154

154の感想・評価

3.9


身の丈を知ることって難しいよね。
高望みせず手元の幸せを大事にしましょう..なんて、まさに日本の昔話らしい教訓だ。

試しに“腐れトマト”で評価見てみたらなんと100点満点。観てる間中、コレ外国人にウケんのかな?と思っていたんで驚いた。
その理由の一つはきっとこの”幽玄“な雰囲気が、とくに外国から見たら新鮮だからなんじゃないかな。この雰囲気をどう説明できるか?“ミステリアス”という言葉じゃ表現しきれないだろうし、“ホラー”じゃもちろん的外れだし。
幽玄、としか言えない気がする。そのなんとも説明し難い雰囲気を、そのまま映像に込めたのは確かにすごいかも。日本人には、いや少なくとも自分にとっては、無意識下のうちに馴染みある雰囲気だからイマイチすごさがピンとこない、んだと思う。なんというか、日本でしか作り得ない映画だ。
終始、夢で見たことがあるような映像、雰囲気だった。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.8
上田秋成の読本を脚色した怪奇映画。出世と金に目がくらむ男、娼婦に成り下がることを得なくなってしまう妻、魔性の女に魅入られた先に待つものとは。何百年も前に書かれた物語が現在もああこういうことはあるだろうなと思わせるのは人間の欲望はいつの時代も変わらないのだろうか、、、黄泉の国を浮遊しているかのような感覚と白黒映像ならではの迫力、木魚や太鼓の音が不気味さをより引き立てていて、全体は夢のような儚さで満ちている。
taniguchi

taniguchiの感想・評価

4.5
市民ケーンと一緒でこの作品が評価されてるのはメッセージ性ゆえゆえよりも、技術的な部分だと思う。ほぼ全てのシーンで複数の動きが起きていて、カットの遷移でそれらをバトンパスすることによって流れるような映像を実現してる。他にも、幻想的な雰囲気を音楽やライティングを巧みに使って実現している、など。アート映画として邦画最高傑作の一つ。

このレビューはネタバレを含みます

この世もあの世も女の情念が渦巻く!

古典的昔話ではあるが、殺人も強姦もあるハードな内容、さらにジャンルを飛び越えてるストーリーで大好物。
ただ、そうとは感じさせない格調高い美しい映像の映画。京マチ子も妖艶と言うに相応しい。

亡霊から逃れ亡霊へ帰る、ゾッとして切ない大傑作!

あ、そうそう、廉価版DVDは映像・音声ともに観れたもんじゃないのでご注意!
霊元童士思い出した。
違う所は愛とお金と仕事がテーマという事。時代が変わっても普遍のテーマの様で、教訓めいた話だった。
ところであの眉の描き方っていつの時代まで流行ってたの??美しいの?
遠いショットが多くて表情が全然分からない。緊迫したシーンや恐怖を感じているような時も全体を映すような感じ。古いのもあるかもしれないが暗いのもあるけど。

物語としては昔話というかことわざみたいな話。
>|