女帝 春日局の作品情報・感想・評価

「女帝 春日局」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

2.9
2018.1.1 DVDを再見。

新年早々、仕事でしたが早く終わったので何を見ようかと選んだのがこれです。
見ていてフッと思い出したのですが去年の正月もこの映画を見てたなと。別段、この映画が好きと言うわけでもないのに元旦という言葉が時代劇を見たくさせる?

タイトルは「女帝 春日局」ですが実際には女帝になる前の序章のような物語です。
自分は歴史とか好きではなかったのですがこれは実話なんですかね?春日局が大奥を作ったというくらいですから実在の人物である事に間違いはないと思いますが彼女のサクセスストーリーはやはり創作ですよね。

徳川が世を納めるようになって太平の時代になると後は誰が跡目を継ぐかという事くらいしか他にすることはないのでしょうね。

この手の映画に付き物のエロやオッパイですがさすがにアラフィフの十朱幸代が脱ぐ事はなく、代わりに鳥越マリがバンバン脱ぎます。キャストは豪華で上の2人以外にも名取裕子、草笛光子、淡路恵子、高瀬春奈、若山富三郎、長門裕之らが出演しています。
草笛光子や淡路恵子は貫禄あります。

あくまで創作だとは思いますがこの映画で徳川家康が超エロおやじだったんだなと思いました。
いい女だと思うと盛りのついた犬のようにハメちゃったり、アンマをして貰いながらも手は若い女性の股間をまさぐっているなど笑える描写多目です。

ドラマ版の春日局と見比べて見たくなりました。
十朱サン若いね~草笛サンまだ生きてたっけかなぁ~?名取サン相変わらずカワイイくて…長回しがそれなりでいやに形式ばってる(儀式紹介的な)作品。原作あるの!?ってくらい上手に仮想家督話。歴史の一頁を切り取ってる中々の作品、先見の明があるね。
春日局が如何にして権力の中枢まで登り詰めたかを描いた作品。本作は決して退屈な作品ではありません。ただ物凄く「変な」作品なだけです。女のドロドロした醜い争いが...そんな事も無い。絢爛豪華な美術を堪能...出来る程豪華じゃ無い。壮大な歴史絵巻...意外と密室で話は展開する...。そして不必要な場面で何故かオッパイぽろり...。その他迷シーン連発でとっ散らかった時代劇とは珍しい。でも、それなりに面白い。変な作品だった...
HISA

HISAの感想・評価

2.0
主演の十朱幸代は、
当時四十台後半にもかかわらず
とても美しく、特に目が魅力的だと思う
しかも演技も下手とは言えないのに
どうしても感情移入出来ないのは
仕方がないか•••

こんなもんかレベル
nana

nanaの感想・評価

2.2
まぁその名の通り、春日局のお話なので特に広がりもなく、淡々と。
良い塩梅の歴史表現もなく、なんだか中途半端な描写が多いので詳しくそのことを知ることが出来ず、ジャンル的にもよくわからない。
無駄にエロいシーンもあるし。
正直退屈だった。
aya8

aya8の感想・評価

-
春日局が春日局になるまでのお話し^ ^
歴史にうといので、本当に3代将軍家光は家康の実の子だったのでしょうか?
豪華なキャスティングで安心して観れました。春日局が大奥をどう支配していくかにスポットを当てないのが自分としては良かったと思います。