映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチの作品情報・感想・評価

「映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ」に投稿された感想・評価

女子サッカーを扱った傑作漫画、「さよなら私のクラマー』が現在テレビアニメ放送中ですが、こちらはその前日譚である『さよならフットボール』の映画化。なので、アニメを見ている必要は全くありません。
『野球少女』でも描かれた男子の中に混じってスポーツをプレイする女子、という状況で、とにかくフィジカルが相対的に足りないことを指摘されまくる。その中でサッカーはチームでやる、楽しくやる、を描き切ってるし、試合表現も努力を感じ、期待値以上の出来だった

ボールは丸い「映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ」感想
https://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2021/06/18/123000
ごっつ

ごっつの感想・評価

4.3
原作未読。現在放送中のアニメは鑑賞中。
漫画さよなら私のクラマーの劇場版!

まずなんといってもこの作品は、実在の選手の名前が出てきたり、高度なフェイントが出てきたり細かいネタ等本当にサッカーに対するリスペクトを感じる作品です👏

また女子サッカーを題材としていてリアルな現状だったり問題点も取り上げていて着眼点が中々他にはないかなと。

男子に混ざるからこその女子選手の苦悩や葛藤がリアルに描かれ親友、仲間に支えられ成長する主人公にグッと来ました!

僕自身サッカーをやっていたこともあり現役の時を思い出し何よりも楽しんでプレーすることの大切さを改めて感じさせられました🙆‍♂️

良い意味で期待を裏切られてとても楽しめる作品でした!
koocky

koockyの感想・評価

3.5
そもそもの話、期待度ゼロで観に行ってきた。
なぜなら劇場版は観るつもりなかったから。
でも気が変わったのだ。うん、それはよくあること!

この劇場版では主人公、恩田希の主に中学時代の苦悩と活躍が描かれる。そう、現在放映中の「さよなら私のクラマー」の前日譚である「さよならフットボール」をベースにした物語である。恩田は女子ながら華麗なボールテクニックを持つファンタジスタであるが、男女のフィジカルの違いにより公式戦に出場させてもらえずストレスを募らせる日々だったが、ある日少年サッカー時代の子分ナメックと偶然に思わぬ再会を果たす。しかもライバル校のCB兼キャプテンとして身長もスキルも大きく成長していることに愕然とする。おまけに男であることの優位性を大きく主張されるとともに恩田を見下して憤慨させるのであった。怒りの収まらぬ恩田は何がなんでも、そのライバル校と対戦する予定となっている新人戦に出場、勝負して絶対に勝つ!!!と奮起するのだった…。
ストーリーはそこからあれやこれやと進んでいくんだけど、やっぱりハイライトはクライマックスの試合シーンです。TVアニメではやや気になる作画崩れも無く、3Dと2Dを上手く組み合わせてピッチを縦横無尽に駆けるプレイヤー主観の視点とボールの動きがスピーディーでリアルなのでサッカー好きな人なら結構楽しめると思うし、試合自体も拮抗した展開で白熱する。でも、何よりも恩田(のんちゃん、親分)のプレーは観ていて熱くなるし、ハッとさせられたりホロっとさせられたり、いろいろ楽しくて胸が踊りました。
ネタバレになるといけないのであんまり詳しくラストのことは書けないけど、うまく大団円を迎えて綺麗に終わります。
「さよなら私のクラマー」のファンであるなら鑑賞して絶対損はないし、アニメファン以上に沢山のサッカー好きな人に観てほしいなと、そんな風に思います。
確かにサッカーはフィジカルコンタクトが多くて身体的負担も大きい、だから男女間の差は大きな壁かもしれない。でも、そこに関わる全ての人はみんなサッカーを心底愛してるっていうことに変わりはなく根本的にみんな仲間なんだって想いがすごく伝わってきた。

ともかく、結果的に観てよかった。
来週以降、一気に上映館もしくは上映回数が激減しそうなので、ご興味のある方は是非お急ぎください!

あ、私は関係者でも回し者でもありません!!!笑
紙芝居系。重要ないくつかのシーンの一枚絵がいくつか先にあってその間を埋めていったかのような脚本の作り。
だから本筋とは関係ない無駄ゴマも多いのだけど、その一枚絵への盛り上がりはよく、まんまと感情を揺さぶられる。
織田

織田の感想・評価

3.5
「そんなゴリゴリしたサッカー、楽しくも何ともない!」
「ノースペクタクルよ!」

男子サッカー部に所属する女子中学生が主人公。
ジダンに憧れるファンタジスタは、フィジカル至上主義に挑戦状を叩きつける。キャラクター描写は原作以上で、サッカーに興味なくても観れるはず。

※入場特典に収録された影山優佳さまのインタビューが圧巻。最高でした🙏



🔽感想です(ネタバレあり)🔽

https://eigakatsudou.com/archives/sayonara-cramer.html
恩田かわいかった、俺も好きだー!!!
とりあえず久しぶりにスポーツすることに決めた。
SUGIBO

SUGIBOの感想・評価

3.0
2021年 58作品目


 キャプテン翼世代のおじさん。
 原作未読。TVアニメ見てます。

 7番 いけ!

 ノンちゃんのフットボールには
夢がある。

 ゴリゴリではなく、華麗なる
フットボールを楽しんで見れます。

 見るというより見惚れちゃいました。
イゲ

イゲの感想・評価

3.4
自分がサッカー好きと言う事もありフラっと観賞。
これが予想外に良かった!
と言うか想定外の感動作。

女子中学生、恩田が小学生の時の仲間、弱虫のナメックと新人戦で戦うストーリー。

中学生初めての公式戦の接触プレーで恩田は負傷。
それ以降、男子とのフィジカルの違いから監督は公式戦に恩田を試合に出さない展開。

弱虫だったナメックが成長してキャプテンとなった試合が近づく中、メンバーに入れ欲しい恩田は監督に賄賂や恐喝をする展開(笑)
中学生なのでやる事は可愛い。

本作のメインはサッカーの試合。
試合中、本当の試合を観ている感覚に加えトリッキーなフェイントも多様して見所満載。

恩田が楽しそうに試合をするシーンがとても共感出来て楽しさが倍増。

試合中は敵でも終わればサッカーの仲間。やっぱりサッカーは素敵なスポーツ!

恩田が試合に出た方法は納得出来ないけど映画だから問題なし( ´∀`)
ハル

ハルの感想・評価

3.8
原作のファンなので、フラットな目線で観れていたか分からないが、漫画のまま再現されている感じで良かった。

とにかくこの作品は欧州サッカーを徹底的にリスペクトしている。
そのため、その前提知識がない場合には楽しさが半減してしまうリスクはあるものの、映画は原作よりも親しみやすいアプローチになっていたように感じる。

高度なアニメーションによってサッカーの動きをそのまま音と映像で体感できるため考え込まず、すっと頭に入ってきた。
この点はサッカーがあまり分からない人にもきちんと配慮されていた印象。

ストーリーのメインテーマは日本女子サッカーの宝になりうる才能を持つ恩田が、男子に混じってサッカーが出来なくなっていく現状を描いている。
フィジカル的な差で徐々に共にプレーすることが厳しくなっていくが、そこにどう立ち向かい道を進んでいくのか。
女子では男子に勝てないのか。
こんな疑問符が劇中から投げかけられていた。

ただ、この作品の本質はとにかく、恩田を思うチームメイトの優しさと監督の器の大きさだと思う。
その温かい心を描く繊細な描写の数々には泣かされてしまった。
主人公のただのワガママといえばそれまでの話だけど、多感な時期の学生生活・部活動では色んなことが起こる。
当然、試合を私物化するのはダメだし、失格になったら元も子もないのだが、アニメ作品ならではのこういう展開も胸が熱くなっていいのではないかなと。
それにみんな恩田が好きなんだよね。

そして、最後の試合のアニメーションは特に良くできていて、実際に存在するエラシコやルーレットなどのスキルを織り交ぜながら展開されていくスピード感ある描写は迫力そのもの。

試合後、何だかんだ人を惹き付ける魅力のある人は見ていて嬉しい気持ちになるし、恩田の魅力が溢れ出る一幕も心地良かった。

「さよなら私のクラマー」は女子サッカー×欧州サッカーの掛け算的な映画。

既存にない新しく面白いアプローチをしている良質なスポーツ作品なので、お勧め。
とびん

とびんの感想・評価

4.9
TVシリーズが現在放送中で本作はTVシリーズの前日譚の内容です!
めちゃくちゃ良かったですね!
サッカーの内容もそうだけど、ドラマに感動しました!
女性が男性中心の世界で奮闘する事をサッカーに置き換えています。
試合のシーンも興奮の連続でした。
ただCGの使い方がちょっと微妙だったかな。
あと惜しむらくはTVアニメの放送前に公開してほしかったですね。
コロナの影響でしょうがないんですけど、本作はTVシリーズを観る前に観た方が良いです。
本作を観た後にTVシリーズを見返していたのですが、面白さが段違いに変わりました!
>|

似ている作品