マーメイド・イン・パリの作品情報・感想・評価・動画配信

「マーメイド・イン・パリ」に投稿された感想・評価

Olive210

Olive210の感想・評価

4.0
もう一回細かいところを見直したいと思うワクワクがいっぱいの作品。想像だにしていない展開と設定で楽しませてもらえる素敵なファンタジー。人魚の女優さんが本当にキレイな理想像な人魚でした。悪い人は出てこないのも良い。最後の方で女医さんがロマーヌということに気づいて月日の流れを感じてしまった。
はじめは人魚の歌声に反応しないくらい、心が死んでいたが、、っていうスタートと、レジスタンス支援していた家族の店のくだりとか、面白かった。
恋って何がきっかけなんだろうね。
Makoto

Makotoの感想・評価

4.1
オープニングのアニメーション可愛い
ヒロインが可憐で可愛い
全ての楽曲が素敵
雰囲気が好き。曲が好き。二人の歌声が好き。
ハラハラドキドキな展開があるわけでもなく、ラブストーリーラインもあまり重要ではなく、ただただ作品全体で醸し出す世界観が魅力的。
『シェイプ・オブ・ウォーター』のような吸引力と中毒性がある。サントラはどこで手に入るんだ。。
『マダムのおかしな晩餐会』で強烈に印象に残っていたロッシ・デ・パルマさんが今作でも良い味を出している。
好き系の作品だった!

人魚役の人が可愛いかったし、
世話焼きなお隣さんもパンチがあって好きだった😌👏(人んちに勝手に入ったり盗み聞きしてるのは置いといて…)

主人公が移動の時ローラースケートなのも可愛いし、乗ってたトゥクトゥクもお部屋の壁紙や装飾もツボだった…❤️
自宅に送りつけられた録音ブース(これもめちゃ素敵)に二人で入って、レコードに歌入れしてるところが一番好きなシーンだったかな!
てん

てんの感想・評価

3.3
オープニングとエンディングの映像がかわいくて素敵。

フランスってイメージの色彩と音楽。

ガスパール恋愛感情なくしたんじゃないんだっけ?という展開に疑問だった。

ルラが石鹸食べて泡が出るのは斬新。

このレビューはネタバレを含みます

可愛いおとぎ話のような映画でした。

しかしながら長く感じた〜、2日で死ぬというじゃないですか、早く返してやれよと思ってしまって、まあそこに離れられない愛があるんでしょうが、それにしても店でサプライズだけでなく海まで行ってるのにまた家に逆戻りって気持ちウザイ。

でも愛一杯のお話でした。

11
sasa

sasaの感想・評価

5.0
これはかなり好きだった。オープニングクレジットから心が奪われ...🛼色彩も可愛いし、涙が真珠って🤍ルラが可愛くて可愛くて、まさに人魚だった!
ロビン

ロビンの感想・評価

3.8
まずオープニングクレジットのストップモーションアニメがとっても可愛い!
冒頭から心を鷲掴みにされちゃう。
そしてどの瞬間を切り取ってもまるで絵画のような洗練された世界観の映像の美しさは圧巻!
ずっとこの世界に浸っていたいと思ってしまうぐらい。

「ゆれる人魚」とはこれまた180度テイストの違うフランスの大人のファンタジー。
そして本当に可愛らしいファンタジーのラブストーリー。

アヒルちゃんだらけのガスパールの水色バスルームも、お隣ロッシのピンクでバラ柄のバスルームもこれまた凄く可愛い!
ルラのキラキラ光るヒレと、真珠の涙の美しいこと。
人魚の涙が真珠っていう発想がめちゃめちゃ素敵過ぎるでしょ!!
とにかくこの描写が秀逸!!
yuta

yutaの感想・評価

3.0
偶然出逢ってしまった人魚と人間が織りなす恋愛映画です。

映画の舞台はパリ。大雨が降った翌日の晩、父が経営する「フラワーバーガー」という老舗で歌を歌っているガスパール(ニコラ・デュヴォシェルさん)は、セーヌ川に傷を負って打上げられていた人魚のルラ(マリリン・リマさん)を発見する。ガスパールは病院にルラを連れて行くが、取り合ってもらえず、自宅に連れ帰り傷の手当てをする。

ルラは、その美しい歌声で、男性たちを虜にし心臓を破裂させ命を奪うことによって身を守って生きてきたのであった。ルラは、ガスパールの命を奪おうと歌うも全く効き目がなかった。ガスパールは今まで数多く失恋を経験し、恋する感情を一切捨て去っていたので死なずにすんだ。

ルラは2日目の朝日が昇る前に海に帰らないと死んでしまうという。そんな懸命に看病するガスパールにルラは次第に心惹かれていくが、同時にガスパールの体に異変が起こり・・・。

恋することを捨ててしまった人間ガスパールと、恋することを知らない人魚ルラが、2日間という短い間に心惹かれていき恋に落ちるというストーリーで、ガスパールが恋することを取り戻すに連れ、効かなかったルラの歌声の効力が表れてしまうという設定が巧いと思いました。

ルラ役のマリリン・リマの表情の変化が見事で、最初は母の仇である人間に攻撃的な感じであったんですが、心優しいガスパールに感化され優しい感じに変わっていく過程がよくわかりました。

ガスパールの隣人役のロッシ・デ・パルマさんが、とても良い味を出してました。
>|

あなたにおすすめの記事