ゆれる人魚の作品情報・感想・評価

ゆれる人魚2015年製作の映画)

Córki dancingu/The Lure

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:92分

あらすじ

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを…

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

「ゆれる人魚」に投稿された感想・評価

アンデルセンの人魚姫を基にしたポーランド発のホラーミュージカル。こんな生臭くてダークな人魚姫が観たかった。

レディコミの暗黒童話のようなテイストでクラブにお酒に煙草にセックスと人間界を満喫する人魚の姉妹。
愛らしい少女の白くて柔らかな上半身と長くてぬめぬめした海蛇のような下半身、ホラーとミュージカル、二律背反がたまらない。

所々疑問もあったけどあまり深く考えず異国の映画の雰囲気を楽しむとちょうどいい感じ。
ILC

ILCの感想・評価

5.0
世界観、映像、楽曲と全てがツボだった。ミュージカルとしても、映画としても余裕でララランド超えた。ジャケがそこら辺のJホラー並にダサいから早急に違うやつに変えてほしい
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
ポーランド映画祭2017にて鑑賞。一寸はホッコリするもののトンデモ展開していく怖くないホラーファンタジー。ゲテモノ感を払拭した映像とポップな音楽…姉妹のショーが快い。ゴールデン役M.オルシャンスカのコケティッシュな眼力も惹く。
momo

momoの感想・評価

4.0
別にアートを突き詰めてもいないし、売ろうともしていないつくりが好み。

姉妹の人魚。ひとりは快楽を、ひとりは愛を求めた。とかこの映画を観た人に言われたら、鼻で笑っちゃう。

北欧の冷たい空気と血の味の映画。テクノロジーを振り回さなくても、匂いや質感は伝わるんだなと再確認させられる。ザラザラしていて魅力的。
NNen

NNenの感想・評価

4.1
改めてアンデルセンすごい。「恋が叶わなかった時、愛する人を殺さないと自分は泡となって消える」っていうコンセプトだけで延々とアレンジ作品つくれちゃう。人魚役の二人が綺麗すぎてずっとどきどきぞくぞくしちゃうホラーミュージカル。やっぱりベーシストは恋しちゃだめ笑
すー

すーの感想・評価

3.0
したまちコメディ映画祭にて。
ホラーミュージカルってなんぞ??と思って観たけど観たら分かる。ホラーミュージカルでした。ミュージカルって時折私は何を観ている!??とふと我に帰るのがなんか好き。笑っちゃうし。

思ったよりも切なくて、童話の人魚姫の要素も入りつつまあオリジナリティもあり。でも何より人魚の姉妹がめちゃめちゃかわいい。衣装からダンスからとても好きだしレトロポップな音楽もよかった。ちなみに私は姉のゴールデン派です。
sato4

sato4の感想・評価

3.7
「第10回したまちコメディ映画祭 in 台東」にて鑑賞。アンデルセンの『人魚姫』をベースにしたホラー・ミュージカル!?冒頭から只ならぬ雰囲気が漂いまくり、あっという間に独特の世界観に呑まれてしまう。ちょっと分かりづらい箇所があるものの、最後の最後まで只ならぬ雰囲気が持続するのが凄い。『リトルマーメイド』などの影響で「人魚」と聞くとファンタジックな想像をしがちな日本人には人喰い人魚の設定は怖い。上半身の美しい乳房と下半身のグロテスクな魚部分のギャップもまた……。途中の改造シーン(敢えてこう書こう)も中々シビれる。
TOT

TOTの感想・評価

3.2
肉欲と肉食、恋愛と孤独、アンデルセン童話の人魚を姉妹に役割分担して現代化するエログロナンセンスな80'sポップロックごった煮ホラーミュージカル。
そうだ、脚を得ることは性器を得ることだった。そしてその為に痛みを知るんだって思い出した。
人魚姉妹の写し鏡のような自己愛と共犯関係の変化。
水面から顔を出すシーンやキスにワイルドシングスみも。
好き嫌いはさておき、この映像表現としての女性器の有り様は覚えておこうというか強く印象に残った。
‪姉妹2人、ゴールデンとシルバーなら今はシルバーが好きなんですけど、そんな風に姉妹を対象として見て対照しちゃう自分がちょっと嫌だったりもします。あああああ。‬

第10回したまちコメディ映画祭
陸に上がって、ストリップバーで働く姉妹の人魚の話。

歌って踊れて、なんなら変身する人魚を皆すんなり受け入れてる世界観。不思議(笑)

心だけでなく、鱗に足、まさしく身も心も捧げても大事なのはヤれるかどうか。
やっぱりゲスの極みってやつ。

僕もゴールデン派です(笑)
したまちコメディ映画祭で鑑賞
ポーランド発のホラーミュージカル映画

製作国は異なるけど、『ぼくのエリ』を彷彿とした。全体的に暗い雰囲気だけど、ポップなシーンもあり、ちょいグロのシーンもありと個人的には好きな雰囲気。音楽も素晴らしく、特にストリップ劇場とスーパーのところがお気に入りです。

姉妹の人食い人魚ゴールドとシルバーが人間界に来て、妹がベーシストに恋をしてしまうというストーリー。2人にとっては多くの事が初めての体験であり、とうとう姉妹は大きな決断を迫られることになる…ついでに僕はゴールド派でした。
>|