水を抱く女の作品情報・感想・評価・動画配信

「水を抱く女」に投稿された感想・評価

人命救助にステインアライブなのかマカレナなのか、いざという時迷うわ。

構図がいちいちキレイ。

もしかしたら全てナマズが見た夢だったのかも、と思うと切ない。
おぐり

おぐりの感想・評価

3.9
2022-05-10 ネット配信で
30年前 イザベル・パスコが演ったウンディーネを思い出した
私を捨てたら殺すわよ って怖いけどカッコいい
あと バッハの Adagio BWV974 もいい
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.1
水の精霊ウンディーネの神話を現代のドイツで描いた作品。いちいち音楽が良い。
水の精霊ウンディーネの寓話をベルリンを舞台に現代版にアレンジしたドイツ作品。
恋愛作品としてとても良かったです。

とはいえ、自分はこのウンディーネの寓話(神話?)は知らずに鑑賞して、鑑賞後に色々と調べました(^^;)
ヨーロッパでは有名な話なのでしょうか?
日本人には馴染みがないので、作品鑑賞前に知っておいた方がいいかも知れない精霊ウンディーネの予備知識(Wikiediaより)をここに挙げておきます。

①水のそばで夫に罵倒されると、水に帰ってしまう。
②夫が不倫した場合、ウンディーネは夫を殺さねばならない。
③水に帰ったウンディーネは魂を失う。

これを知った上で作品鑑賞すればより楽しめると思います。
無知なので水の精霊の話を知らず、予備知識もなく観たので、激しい気性の知的(ベルリンの都市計画の話はおもしろかった)で美しい研究者・キャリアウーマンと、誠実で一途な潜水夫との出会いと熱愛の物語だとばっかり、、、。もっと深い意味のあるダークなファンタジーな話だったんですね。

しかし、二人が互いを見つめ合い愛を語らう姿はただただ美しく一瞬が永遠に感じずっと入り込んで見とれていました。

私はそれで充分満足。観た価値がありました。クリストフはすべてを忘れない。ぜったい。だから、それでいい。
Scriabin

Scriabinの感想・評価

4.0
パウラベーアがかわいすぎる案件
お願いだからルートヴィヒのキャストにも名前載せてほしい
saskia

saskiaの感想・評価

2.5
最近ヨーロッパの作品でもラブファンタジー全く乗れないなぁ-. .-இ
フランツ・ロゴフスキ出てるからちょっと期待したけどだめだった(꒪⌓꒪)
──────────────
2022/𝒩𝑜.257◡̈*✧🌛☽・:*
おうち映画𝒩𝑜.257
劇場映画𝒩𝑜.
𓂃‪𓃱𓈒𓏸❁*·⑅
水の精霊ウンディーネをモチーフとした映画。
精霊と同じ名を持つ女性の悲哀の恋を描く。

シナリオやストーリー展開で魅せる映画ではなく、
雰囲気や画で魅せる芸術性の映画でした。
“水の精”を現代でやったら?みたいな話をクソ真面目にやるのかと思ったら随所でシュールなロマコメが展開されてクソおもろい!!そのシュールさを際立たせるためにあえて“分かりやすさ(丁寧なフラグ立て)”を配置させるのも決まりきった結末(“水の精”)故に許される演出だし前後半で同一のシーンを反復させたりして意味深さを含ませるのかと思ったら余韻もへったくれもない編集で処理しそれによってコメディー色が強まっててジワる。ただ終盤が若干の蛇足で再三挿入される土地、建築、時代論的な話とウンディーネ達への結びつけが締まりの悪い感じで終わったのが残念。
>|

あなたにおすすめの記事