ドライブ・マイ・カーのネタバレレビュー・内容・結末

「ドライブ・マイ・カー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

3時間、あっという間だった。
車の中で煙草吸うシーンがたまらん。
新天地公園で人殴る岡田将生には笑った。
うーん。
良い映画なんでしょうね。

でもさ、張っ倒すぞって思うんだよね。
濱口竜介に対しても西島秀俊に対しても。
あ、あと村上春樹作品に対してもちょくちょく思います。

三浦透子を抱きしめたあとに風景に向かって喋ってんじゃないよ。
監督それにOK出してんじゃないよって思うんです。

あと働かなくても良いし死んでも良いよ。
どうしようもなく苦しいと感じて生きている人にはそうとしか言えないよ。

もっと短く断片にしないと押し付けがましい。言いたい事が更に過剰に溢れているならともかく、全部言ってやり切られてもそこには広がりはないんじゃないか。

作家(ここでは濱口竜介でも村上春樹でもある)は作品の渦中に居てくれと思うんです。
作りながら苦悩して欲しい。そういう意味で僕は「作品」じゃなくて吐き出した血が観たい。

あ、サーブ良いすよ。
景色も良い。
四宮さんの抑制された端正なカメラワークは良いと思いました。

三浦透子は素晴らしいと思いました。


なんだろね。村上原作でもバーニングは良かったと思うのよ。
原作と設定が違った中で1番大きかったのは高槻の人物像だけど、それでも映画の真髄は原作にめちゃくちゃ忠実だった。

他人の本当を覗きたければ、自分と向き合うこと。その人生の苦しみが、この3時間に凝縮されてて苦しかった(笑)

広島の景色が瀬戸内らしくめちゃキレイで明るいのに、原作のものすごい湿気が終始伝わってきて、それがすごいと思った

チェーホフの劇中劇の使い方が、お上品で巧妙でした。淡々としてるのに響く感じ

たくさん考えさせられました。
3時間あっというまです!
舞台演出家の家福には、脚本家として知られる元女優の妻:音(おと)がいた。音のアイデア発想は一風変わっており、セックスの行為中あるいは行為後に、何かに取り憑かれたようにストーリーの大筋を語り出す。しかし彼女は、性行為の後に目覚めると、自ら語ったはずのアイデアをほとんど覚えていないのである。したがって夫である家福が、セックスの時に妻が口にした物語を記憶し、後日それを彼女に語る。というのが、売れっ子脚本家である音のアイデア発想であった。
互いに仕事に打ち込み、尊重し理解し合い、満ち足りたセックスをする。まさに、理想という言葉を具現化させたような夫婦だった。
しかし、ある日家福は、妻が自分以外の男に抱かれている事実を知ってしまう。
自分の何が気に食わなかったのか、彼女は何を求めていたのか、家福は妻を問い詰めることさえしなかったが、心のどこかで腑に落ちず、やるせない気持ちに見舞われていた。
「今晩帰ったら少し話せる?」
ある朝、なにか改まったような面持ちで音は家福に言った。
当然家福には心当たりがあったが、平然を装いそれを承諾した。
そしてその夜、家福はいつもとは違った心持ちで家に帰った。
妻の出迎えはなく、歩み進んだ先の真っ暗な部屋には倒れた音の姿だけがあった。

本作は、現在絶賛公開中の濱口竜介監督最新作で、また日本映画として初めてカンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した超注目作である。

1ヶ月ほど前に映画館にて鑑賞したが、最近少し忙しかったためにマークできていなかった。

濱口竜介監督の作品としては「寝ても覚めても」のみ鑑賞済みで、それがあまりにも予想を上回る良作だったため、最新作である本作には多くの期待を持って映画館に出向いたわけだ。

んで、結論を言ってしまうと、度肝抜かれた。
濱口竜介ってこんなに凄い作家だったのか....。

音が語る物語。演劇。舞台。カセットテープ。「言語」と「それを超えた会話」。後悔。喪失。そして再生。

多くを語りたいが、まだまだ自分の中でも整理しきれていない。
この『ドライブ・マイ・カー』という映画は、これから自分の人生の中で、幾度となく見返すであろう最高傑作だ。
死んだ人間を憎まず、かといって美化もせず、ありのままを受け入れることは難しい。遺された人間は死者に囚われながらも長い長い昼と夜を生きていくしかない…観た後も余韻が残る映画だった。明日にはこの感傷も忘れているんだろうけど、人生それくらいで良いのかも。
3時間、これはやはり覚悟が必要
でも、これは観ないと後悔するかも、と思い鑑賞…
静かな流れですが、全く眠気もこなかった、スクリーンで観て良かったです。


ロードムービーだとばかり思っていたので…
仲の良い理想的な夫婦の冒頭の部分に、入れないでいるうちに葬儀のシーンが来て、少し不安になりました。
オープニングの音楽を挟んで
今までとは全く違う広島の風景が映り…
西島さんが演じる演出家、家福の赤い車の運転手、みさきが登場。
ここからずっと心地よい雰囲気でした。
彼女の運転は的確で静かで…
彼女自身も静かで仕事の徹するタイプ、家福は車に乗っていることを忘れてしまう…
と言っていました。
次第に信頼関係が深まる様子も良いです。
ふたりでサンルーフからタバコを持った手をあげるシーン、好きでした。
三浦透子さん、良いですね〜


広島の舞台の多国籍の出演者たち…そして手話の女性、彼女の手話はとても力強かったです。
実際に言葉が通じないと大変だと思うけれど、同じ目的を持っている、って強いですね、ワンチームです。
岡田将生さんは、心に抱えたものがある、そんな役が上手かったと思います。
お世話役の韓国人男性がすごく優しかったです、
好きな人のことばをわかりたかったから、手話を習ったと。。



終盤は…
みさきの故郷、北海道の小さな町に向かうふたり。。
ポツリポツリと話す互いのこと、
今まで誰にも話せなかったことを言って.ふたりは初めて悲しみに向かい合うことができたと思う。。
喪失感を共有できたのかもしれない。

生き残った者は
苦しくても何があっても生きていかなくてはならない…
なんて感想書けばいいものか…
原作読んでないから、戯曲としっかり関連づけて本編見るのは難しかったかな

それでも180分、食い入って見てしまった

北海道に着いて無音の中、車が雪国を走っていく場面は心に残る
スクリーンを見つめる全員の緊張感がより雰囲気を高めるという稀有な映画体験をした

雪崩に飲まれた家を前に抱き合って泣くシーン、2人が秘めてきたものが一気に溶かされたようで一緒に泣いた

ラストはどうなんだろう〜
想像の余地があって楽しい
ぴたーっと音が無くなるシーンが印象的に残ってる。あと、最後の演劇のシーンと雪山のシーン。

3時間の映画ということで、なんとなく小さな覚悟を持って鑑賞してきました。
村上春樹さんの原作は未読。

画面に集中していたら、気づけば3時間終わった。瀬戸内の海も北海道の雪景色きれいで、どう表現するのが正しいのか分からないけど、いい時間を過ごしたなぁと思う映画だった。
音さんの空き巣少女の話、続きあるのかな。彼女と音さんをちょっと重ねてしまうな…

キャスティングの雰囲気もすごく良かった、、、
結構ずっとしんどくて泣いちゃった😢
ワーニャ思い出しつつ見てたけどアダプテーションうまいな?って思った。殺せなかったワーニャと簡単に殺してしまう現実の人々。
多言語演劇おお〜ってなったがなぜ付け髭?
エレーナとソーニャのシーンで何かが起こったっていうあれはわかる〜ってなって泣いた
手話すてきすぎ
「正しく傷つく」ことは、同じ傷を持つ人との出会いがなければむずかしいと感じる。家福は、自分と似た傷を持つみさきの話を聞いて、自分の痛みに気づけたのでは。
>|

あなたにおすすめの記事