トニー滝谷の作品情報・感想・評価・動画配信

「トニー滝谷」に投稿された感想・評価

Baroque

Baroqueの感想・評価

3.6
どう点数をつけていいのか分からない、かなり高度な映画だった。きっと映画に造詣の深い人にとっては、すごく共感できる作品なのかなと思う。ここにしかない空気感があって、今まで経験したことのない感情に支配されるような心地がした。

ところどころ村上春樹らしき独特の言葉の使い方に度肝を抜かれる。坂本龍一のシンプルでありながら印象に残るピアノの音に耳を持っていかれる。壁を挟んで時間の流れを表す演出が斬新。ナレーションがいい声だと思ってたら西島秀俊さんだったとは驚き。ストーリー展開の分からなさに不思議な緊張感があった。一言では表せない。でもなんとなく癖になる。そんな作品だった。素敵。
thur

thurの感想・評価

-
村上の書く男たちの「他者が留まらない(/を留めることのできない)吹き抜けの孤独」を再現した作品はこれのほかにない。これよりすぐれた村上文学の映画化はもう出てこないと思う。
manami

manamiの感想・評価

4.0
孤独を飼い慣らすとかそんなたいそうなこと考えもしないけれど、たとえば孤独が満たされてしまったらそれはそれで我慢ならない何かに耐えなければいけないし色んなことに臆病になってそれを疎ましく思うのは分かりきったこと。孤独を満たす存在は甘やかではあるけれど、孤独だって甘やかなものであると思う。失いたくないものを所有するという行為に伴う恐怖と痛みと自己嫌悪を思うくらいなら、とさえ思うけれどそんなこと言ったって無意味なので言わない。だって結局何を思っても運命は唐突に人を訪う、生まれ持った空洞を埋めてくれるものものに、そしてそれはいつかまた空洞になる。
ぽぬ

ぽぬの感想・評価

4.0
宮沢りえの美しさ
小説から出てきたと思うほどのしっくり感
一瞬映るサンダルの足元が好き
ケ

ケの感想・評価

3.7
映画でもやっぱり村上春樹でした
そしてやっぱり宮沢りえが魅力的!!

98
Berth

Berthの感想・評価

3.5
心地よいやるせなさ。西島秀俊の語りが“気持ち悪さ“を鎮めてくれた。
空っぽな自分ってほんと何やっても一生埋まらないんだわ、信号待ちの時間は人の決心を鈍らせるので一生信号待ちたくないです。
宮沢りえさん演じる女性が、まだ結婚していない時に、気持ち良さそうに服を着こなしていたのが印象的。というか、そういう物語なんだけど、それでもつくづく「お洋服を着ることで自分を演出する、気分が良くなる」といいう役を見事にこなしていたのが印象的で忘れられない映画。

お話は、トニー滝谷と結婚することでお金の心配はなくなり、無尽蔵にお洋服を買い集めることができて、自分が呼吸しづらくなってしまう、自分が苦しくなってしまう。それはなぜか分からないけれどそういう展開で、
最後には、買ってしまったコートを返品しに行った帰りに交通事故で亡くなってしまうという。。。

原作も好きだし、この映画も好き。
ふと思い出すストーリーだし、映画です。
Emma

Emmaの感想・評価

3.6
〜ピアノのBGMが心地良い、サラッと見れる純愛映画〜

・1時間ちょいとかなり短い映画ながら、テンポもよくさらっと観れました。
・人を愛すること、そして失うこと、人生において誰もが経験することを少ないセリフと美しい映像で描いています。
・あんなにたくさんの洋服から選んでみたい……
・純粋な恋愛映画が好きな人、サクッと観たい人におすすめ!
kimihito

kimihitoの感想・評価

3.8
2021_072

小説を読んでいるときの頭の中の情景を捕捉されている感じ
>|

あなたにおすすめの記事