1秒先の彼女の作品情報・感想・評価

「1秒先の彼女」に投稿された感想・評価

シャオチー役の人、上白石萌音とCoccoを足して2で割ったような顔やな...ってずっと思ってた。でも観れば観るほどクセになるキュートさがあった🙆‍♀️

そしてチェンユーシェン監督は可愛い映画を撮るのがお上手ですね。突拍子はない設定だけど楽しめた👍
きゃん

きゃんの感想・評価

3.8
早稲田松竹にて。可愛い&ファンタジー系だけどストーリーも面白い作品。好きな人と見に来て、映画終わった後にタイエビ🦞ポーズしたかった人生でした。
departman

departmanの感想・評価

4.0
生き急ぐ彼女
生き遅れる彼

失われた1日も
手に入れた1日も
二人があるがままに生きた人生の
積み重ねに過ぎない

「自分を愛そう」

夏のバレンタイン
失くしたものに想いを馳せる
とってもかわいい時間
スズキ

スズキの感想・評価

3.5
昔の日本のトレンディードラマを観ているような牧歌的な前半は懐かしさも感じて好きだった。今の日本ではもうこんなのんびりした作品は作られないだろうな。

この前半は、後半への前フリとして過剰さを待ってトレンディーにしてるのだろうけど、台湾も中国との関係を考えるとのんびりしてられるわけもなく、なんでこのノリができるのかと不思議には感じた。

主人公の女性は、卓球の石川佳純さん似で普通にかわいいのだけど、せっかちでおてんばでモテない設定。

後半の展開は、設定自体は面白さや工夫はあるものの、いかにも男が考えた男に都合の良い展開過ぎるし、あれだと主人公の女性の気持ちがかなりないがしろにされてるのではと思ってしまって乗り切れなかった。

痴漢をユーモア的に描いていると思えるシーンもあって、その辺りは疑問も。

人より行動が遅い故の幸福が描かれてるので、鈍いと言われる人へのエールとして作られているのかな。

恋人がいない女性に、ある奇跡的な現象のもと、恋人ができる話。
Nakao

Nakaoの感想・評価

4.0
失ったバレンタインはどこに?

記憶と時間を上手く駆使したファンタジーラブコメ。やってる事はほぼストーカーだろうけど主人公がピュア過ぎるのでそんな事はお構いなし。モテない三十路設定のヒロインが主人公視点だとものすごく綺麗だったのが印象的でした。周り人間たちも個性的で面白い。

全体的に明るいラブコメだけど記憶、時間、自分探しと内容は少し哲学的。終盤のあのシーンでキスしなかった事で「この映画が好きだなぁ」とそう感じました。
写真の顔は自分に向けられた顔じゃないのが切なかった。ラジオの記憶の話も。
最初こそシャオチーの恋愛観(?)がピンとこなくて若干戸惑ったんですが、気づいたらどんどん夢中になっていて観ていて非常に楽しかった!
過去に起きたことやグアタイの視点が明かされていく話の展開がおもしろかったです!
二人の反応のラグで、出来事をより魅力的に感じることができた気がします
cuq

cuqの感想・評価

4.5
原題より邦題の方が本質を表しているのでどちらのタイトルも良いなと思った。
まず、画面が構図や質感含めて綺麗だった。また、夢や空想と現実の差が質感から分かりやすいのも良かった。
ヒロインが絶妙に可愛かった。
1秒前、1秒後の設定もそこそこに奇抜で飲み込みやすかったが、現実的に考えて反応が遅いバス運転手はめちゃくちゃ嫌。
ストーリーも面白かったが、なんかもっと面白くなる伸び代がありそうな気配もした。
ASK

ASKの感想・評価

-
むずかしいなぁ
あやうさを抱えたこの映画を僕は肯定出来るだろうか
チェン・ユーシュン監督作品。

かわいい作品だった。
これに尽きる。

ワンテンポ先を生きる女性と、ワンテンポ遅い時間を生きる男性。
そこに貯まった時間貯金。
面白い設定だったし、家に現れるDJもまたぶっ飛んでて良い世界観だった。

ただ、時が止まってからそこを描くのが長すぎる。
お金をかけたんだろうけど、あまりに長い。
もっとすんなり描いた方が、より効果的だったと思う。

台湾の女優ってほんとにさえない役上手いよなぁ。。。
>|

あなたにおすすめの記事