クライモリの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「クライモリ」に投稿された感想・評価

小骨

小骨の感想・評価

2.5
最後の通り道の演出はめちゃ良かったけど、それ以外に特に目新しいところはなく、
金をかけてそうな割にストーリーも演出も凡庸だったかなって…

せめて主人公のキチガイっぷりが最序盤からマシマシだったら、キャラもストーリーも設定もかなり持ち腐れしてるところに火をつけて爆発させられたかなーって。
あの口と頭の悪い男以上に行動的で理知的な偽善レディが、あの火種だらけのパーティにいたら素敵やん?設定も火種だらけやん?大爆発やん?
i

iの感想・評価

3.4
途中までイマイチだったが、3組のカップルが森の中で迷い、次々と殺されていくだけにとどまらない違う意味での怖さがあり、惨殺系を期待してたけどコレはコレでなにげに良かった。
逃げ場のない森の中で食人鬼に襲われる恐怖を描いたスプラッターホラーシリーズ「クライモリ」をリブートした本作では、アパラチア山脈の自然歩道を散策する為に友人5人とバージニア州の小さな町レンウッドを訪れたヒロインのジェンは、恋人の好奇心からコースを外れて森の奥に入っていって道を見失い、やがて彼らと共に「人も希望も、悲鳴さえ、すべて消えた」森の闇に囚われていく様が容赦無い描写で繰り広げられる。
物語は、突如倒木が山上から転がり落ちてくることを皮切りに、周囲は罠だらけの状況下、仲間たちが次々とトラウマ級の殺人トラップに掛かって消えていくのが畳み掛けるように描かれ、やがて異形の者たちも登場し、観る者を戦慄させる展開に突入する。
このリブート版は、第1作で脚本を担当したアラン・B・マッケルロイが再び脚本を執筆し、マイク・P・ネルソン監督がメガホンをとっているが、設定を変えていたりして、今までのシリーズと一線を画している。
その設定には、格差や差別で分断されている社会へのアンチテーゼや、そういう風潮の中でのカルト集団をフューチャーしていて、より現代的なテイストに仕上がっているような気がする。
遅れましたレビュー!

ホラーがいつまで経っても苦手で、ビクビクしながら観ました🪓🩸

ホラー映画と聞くと突然バンッ!で出るのが苦手で、毎回怯えてるんだけれど、
グロテスクに関してはほんと慣れて来たみたいで…

頭グチャァ!はもうミッドサマーで対策済みだったんだなぁ〜〜😎✨
割と目をつむらずに観れちゃった!!

エンディングのシーン最高に好きです( ・∇・)
めい

めいの感想・評価

3.7
B級ホラーの要素がこれでもか!!てほど注ぎ込まれてて楽しかった(笑)

ミッドサマーはカルトに偏りすぎてて合わなかったんだなあと再認識
これぐらいがちょうどよくて好き

ああいう集落はロマンだ・・🥺
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

1.4
バージニア州の田舎町レンウッド。六週間前、ここに投宿し、アパラチア山道のトレッキングに出掛けた6人の若者が消えた。その内の1人、ジェニファー(ジェン)の父親スコットが、都会からレンウッドにやってきて彼らを探そうと聞き込みを始めていく……

六週間前、ジェンと恋人のダリウス、アダム&ミラ、ゲイリー&ルイスという3組のカップルがアパラチア山道を進むうち、ちょっと脇道から深い森に入り込んだ途端に道に迷ってしまった。そして動物の仮面を被る謎の集団と遭遇し、おぞましい体験をすることに…

現在…警察が全くアテにならず、聞き込みも不発で途方に暮れるスコット。そんな彼に、一人の住人が森の中に住む「集団」についての情報を伝えてくれるのだが…


「クライモリ」


以下、クライネタバレ。


➖➖➖

あの「間違ったターン」のリブート版。オリジナルでは奇形人間たちの容赦ない殺戮が恐怖の対象でしたが、本作は奇形人間ではなく、ある程度インテリジェンスのあるコミュニティというかカルト集団が若者たちを地獄に叩き落とします。ある意味ヒルビリーホラーの原型…ウィッカーマンやミッドサマー的な設定をスラッシャーものに転用してきた作品でした。若者たちのキャラ造形が現代的…黒人・白人カップル、ゲイカップル、ネット弁慶など、田舎町の古い価値観ではそれこそ「異形」な連中にしているところは面白い。

さて、そんな中で俺の注目点はヒロインのパパ役マシュー・モディーンであります。男子の義務教育映画「フルメタル・ジャケット」でその存在を知り、軽い雰囲気のニイチャンというキャラで「愛されちゃってマフィア」や「メンフィスベル」などに出る若手スターとして認識してたけど、いつの間にか消えてしまったんですよね。ところが近年、全白髪になってから「ダークナイトライジング」や「ボーダーライン2」などの大作にチョイ役出演するようになってきました。中でも、スタローン映画なのにスタローンがほとんど出てこないことで評判の悪い「バックトレース」は、どう考えてもモディーンが主役でした。そんな、セカンドブレイク中のモディーンが、この「クライモリ」でも頑張ってくれています。弾数に気をつけておけよと言いたくなるとこもあったけど、基本応援姿勢で観てましたよ。

この新生「クライモリ」。如何様にも続編が作れそうなオチに持っていきましたねー。モリに行かなくても襲ってくるのなら、もう何でもアリですな。
gucci

gucciの感想・評価

3.0
想像ではもっと安っぽいかな?と思っていたが、そうでもなく、有りがちなホラー作品をアレンジして、殺されたり拷問されるよりキツい内容に昇華させていた。色々と疑問点もあったけど、それなりに楽しめた。
Hook

Hookの感想・評価

3.0
リブートとは思えないくらい別物になってるけどそれなりに面白いと言えば面白い。主人公グループの構成がポリコレというか諸々配慮した感じになってるのは一周回って今の映画界を揶揄してるのかなとも思えた。躍動感のある映像が印象に残る。ラストもしつこくてよかった。しかしクライモリシリーズのイメージとは違うような。。。
クライモリみたいな罠死の森スプラッターを期待していったらまさかの田舎ホラー、田舎ホラーかと思いきやグリーンインフェルノ、グリーンインフェルノかと思いきやミッドサマー、ミッドサマーかと思いきやザ・ウーマンみたいな映画


どんでん返しってほどじゃないけどまさかの展開もあって、これってこういう事だったの?となっちゃう映画

今までのクライモリみたいに罠死のスプラッターは無いことはないんだけどそこがメインじゃなくて、人種差別や田舎格差みたいなのがあってなんか『キャンディマン』みたいでしたね
はやて

はやての感想・評価

4.5
オリジナルとは全然違うらしいけどめっちゃ面白いやん。こういうのが見たいんだよ!!みんなミッドサマー言うけどグリーンインフェルノよりでこっちのが面白いよね?
>|

あなたにおすすめの記事