サランドラの作品情報・感想・評価

「サランドラ」に投稿された感想・評価

ゴース

ゴースの感想・評価

1.0

一家の長が緑のチェック柄を着てたから
多分、『鬼滅の刃』です。

この一家、好きになれないので
早く死んでいいのにって思いました。

セックスはまだ早い!と止められて
荒れるキチガイが楽しかった。

禰豆子みたいに猿ぐつわ仕込まれてる子も
いないので皆さん注意してください。
<タランティーノ&ロドリゲスのグラインドハウスでかかってそうな荒野のスプラッター>

エルム街の悪夢、スクリームとたまーにホラー界に金字塔を作り上げるウェスクレイヴン初期のスプラッターa.k.a.【ジョギリショック】
荒野の砂漠でオールロケな本作は、ザ70年代のザラザラ映像と低予算ホラーな荒みが最高に味わい深い。半年に一度くらいはこれ系譜のホラーが観たくなるタイプの作品だ。

なんせ超ご都合主義なホラー的導入から、いつの間にかカオス戦へ流れ絶叫、赤ちゃんの悲鳴、そしてヒロインのトランス状態っぷりが、野蛮な映画のリズムと見事核融合し、陰惨を極める。

そしてヘルレイザー、、、程ではないがインパクトバッチリな悪魔のインディアンみたいな悪役組のビジュアルも楽しく、なんか「砂漠で楽しく撮影やってまーす」な和気藹々ムードが目に浮かび、明らかにウケ狙いなアイツの死に方には爆笑でした。
一方で、低予算オールロケだからか、ナイトシーンが真っ暗すぎて、ちょっと何やってるか分かんないっすねー状態だ。いわゆるロジャーコーマンイズム的な即興型ショック演出を狙ったカオスが雑になりすぎてしまってる。

それでも、デスプルーフみたいな終わり方のキレ味で真っ赤にソラリゼーションしてジ・エンドのブツ切りは死ねほどカッコいい。
にしても、ウェスクレイヴンにしてはどうも死に方のレパートリーが物足りないと感じてしまう。まあ竈門炭治郎ファッションのジジイのあの死に方はかなりエグかったけど。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

3.5
序盤の、犬を追いかけて岩山を登っていくシーンの粗いつなぎは最高。このサスペンス感こそ映画の醍醐味だと思う。
このシェパード犬が復讐するのも面白くて、同年公開の『サスペリア』と好対照を成す。
『悪魔のいけにえ』を下敷きにしつつ、わりと「市民」側こそが気狂いになって行く点に焦点が当てられている。
symax

symaxの感想・評価

3.3
LAに向かう途中、砂漠のど真ん中で立ち往生してしまったボブ一家7人と犬二匹…そこに現れたのは、異形の姿をした食人一家…彼らに道理は通じるはずも無く、次々と襲われてしまうのです…

ウェス・クレイブンがデビュー作"鮮血の美学"の次に製作した"田舎は怖いぞ"ホラー。

後に、ホラー映画の重鎮の一人となるウェス・クレイブンですが、やや乱暴なぶった斬り演出で、退屈と緊張、狂気と笑い、スリルと恐怖が絶妙にブレンドされていて、カルト化した作品と言えます。

全く予算が無かったのが伝わってくる砂漠のオールロケ、夜のシーンなんか主要な部分以外は、本気の真っ暗状態なんですが、オールロケだからこそ醸し出される不気味さを感じます。

この手の作品は、"悪魔のいけにえ"という、衝撃の最高傑作があるので、どうやっても二番煎じ的な見方をされやすいとは思います。

でも本作の面白さは、前半ターンでやられっぱなしのボブ一家が、後半ターンで逆襲に転じ、どっちの方が酷いのと言わんばかりの襲い方で、ちょっとしたカタルシスも感じてしまうという展開。

まさに、家族vs家族の構図が本作の大きな特徴ですね。まぁ、どっちの家族も応援は出来ないですけど…あ、シェパード犬のビーストだけは応援出来ます。

彼の悲しみの果ての復讐と狂気の名演技は、本作の肝となっていますので…主役は、このビースト君ですね。

パパジュピターを始め、食人一家の男どもは、見た目は、"アレ"だけど、名前はジュピター、マーズ、マーキュリー、プルートと惑星にちなんだ小洒落た名前のセンスがなんとも…

金は無くとも、面白い作品は作れるとウェス・クレイブンの心意気が前面に出た秀作です。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.7
奇形感がちょうどリアルっぽいから怖い
砂漠に住む家族もまた被害者でありかなしいね
リメイク版の方を先に見てたけど元になったシーンを見てなるほどなって楽しめた✨
かず

かずの感想・評価

2.7
殺人一家に襲われる話。「悪魔のいけにえ」みたいやった!

犬グッジョブ👍
「サランドラ」
『ジョギリショック』で有名な、1977年にアメリカ産の残酷な描写に全米がドン引きしてカルト映画化したホラー映画。(今観たらそれ程でもw)
個人的にはリメイク版の方が血みどろで好き。
悪魔のいけにえ以降の作品ですね。
前半の不穏感と後半のギャップ。
ラストも唐突。
前半は結構退屈してしまったが後半は盛り上がりました。
ラストが唐突すぎます。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
家族vs家族


っていう変な
構図のバイオレンス映画


犬が内臓抉り取られて
殺されたり

なシーンがあるので
犬好きはキツいかも


毒蛇捕まえて
上手に相手に咬ませるのが

すげぇ笑
>|