新宿インシデントの作品情報・感想・評価

「新宿インシデント」に投稿された感想・評価

普段なら
ここからアクション!
のはずが…
ならない!
新境地作。

💿
ぱぐ

ぱぐの感想・評価

3.9
結構グロくて哀しくて。
不当な扱いを自分が海外に行ってされたとして。 ぶつけようの無い怒りが胸のなか駆け回る訳で。
レンタルして鑑賞

アクションを封印したジャッキーも中々良かったです。

内容もしっかりしていたと思いますし、自分的には楽しめました。
ジャッキーアクション無しのジャッキー映画。中身は無いんだけどwそれなりに楽しめた。中国語を話す竹中直人はいい感じ。ファン·ビンビンが可愛い!
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
my映画館2009#36> 香港的Vシネマと言うべき内容かと…オープニングからツッコミ所多数で、B級的でありつつも、ストーリー的にはそれなりに見応えはあるかなぁ。
どう見ても、ジャッキーは香港黒社会顔じゃないし、日本の方が何かと好都合だったかのか…そのおかげで、ジャッキーの苦渋っぷりに、娼婦を買う等の驚きもあり、なかなか面白い余韻にはなってますけど。
ダニエル・ウーにラム・シューにシュー・ジンレイにファン・ビンビンらに竹中直人まで、この面子もなかなか。
すみこ

すみこの感想・評価

3.0
大学生活最後のゼミで鑑賞。
がしかしグロい。台湾フィルムノワールというが単純に
あるあるクライムストーリー+フィルムノワールの要素を入れてみた=この映画
という感じが…。

知ってる俳優さんが何回も出てくるし竹中直人はジャッキーチェンと共演してるしですごいキャストであることは間違いないけど…。
そんなにヤクザ映画だの犯罪映画だのが好きではないので単純にこの評価かなあ…。

フィルムノワールを14作みた今期のゼミだったけど、やっぱり一番好きなのは「深夜の告白」とか「マルタの鷹」みたいなザ・クラシックのフィルムノワールかな。

ちなみにジャッキーチェンを映画で見たのは初。アクションを封印した映画だったのが残念だから今度は代表作を観たいと思います。
幸せな生活を夢みて日本に来たけど、誰一人として幸せになれず終わる、史上最強のバッドエンド映画。1週間は引きずる映画。1周回って高評価です。

このレビューはネタバレを含みます

 不法入国して生計を立てようとする中国人が歌舞伎町で一大勢力を築き上げていく話。

 ヤクザ物の王道を行く内容で、最初は日本で酷い環境の下請けの仕事をしていって、威張る中国人と敵対し始めて、やっつけたら、そのシマをもらって裕福に慣れ始めるけど内輪で揉め始めて……。
 単純に成り上がっていく話として面白くて、ジャッキーが日本を舞台に動いているのがビジュアルとして異国感いっぱいでよかったです。

 ジャッキー主演なので仕方ないですが、主人公だけがヒーロー感いっぱいで正義の男なのがこの内容では異色な気がしました。
 それにジャッキーの相棒である男が対立し始めたら、ゾンビみたいなに顔も髪も真っ白になってしまうのが笑ってしまうという。

 とはいえ、愛する人のもとへヤクザに追われながら逃げるジャッキーに感動してしまう映画でした。
ジャッキーが日本の社会に溶け込むのはすごく違和感があるww
アクションは全くなかったから少し残念・・・・

格闘しないジャッキーも悪くないからまぁいいでしょう・・・・・・
はま

はまの感想・評価

3.5
辛い(´;ω;`)

私はただ「こないだの『ドラゴン・プロジェクト』のダニエル・ウーかっこよかったなぁ〜〜!今日もダニエル観よ〜〜っと!」って思っただけなのに(´;ω;`)

こんなバイオレンスで悲しくて救いどころのない映画だなんて(´;ω;`)

辛い(´;ω;`)


『新宿インシデント』というタイトルの通り、作品の舞台は日本、東京の新宿歌舞伎町。
出演者もジャッキー以下メインのキャストには日本人がたくさんいて、使用される言語も日本語と中国語が半々ぐらい。
(ダニエル三木眞一郎のために吹き替えで観たので広東語か北京語かは分かりません)

R-15指定がつくほどバイオレンスなのは、物語がヤクザの抗争だから。
「日本でヤクザって安直だなぁ」とか「これはないでしょ!」みたいな演出も確かにあるんだけど、ストーリーの一部として理解することはできるレベル。

それに、密入国中国人による犯罪の台頭なんかも問題にしてて、全くもってヤクザのアクション映画とは呼べない内容になってました。

とにかくジャッキーがアクションしない。←そしてそこに若干のストレスを感じる(笑)
「ドラマにシフトする頃だ」とカンフーアクションのイメージからの脱却もあったみたいで… 別に腹がたつ訳ではないんだけど、「早くヤクザをボコボコにしてほしい」とは思いました…。


ただただ、恋人に会いたくて日本にやってきたジャッキーが、苦労しながらなんとか同じ中国人の仲間と生きていた頃……。
最後まで観終わると、「一度の悪事」が地獄の入り口だということがハッキリと分かる、そんな作品でした。
もう一回観るのはかなり辛い。

だってチン・ガーロウもダニエル・ウーもさぁぁぁぁぁ(エンディングが尾を引きすぎてやばい)
幸せだったあの頃に私を戻してほしい



ちなみに私、(ご存知の通り)日本人にはあんまり興味ないんですけど、加藤雅也さんは何かのドラマで観てから好きなんで、今作のは良かったです。かっこいい。
香港映画でお馴染みの倉田保昭さまも出てますが、ジャッキーと同じくアクションなしなので、まぁ、存在感を感じましょう………

斎藤工、ジャッキーと共演できてなくてもダニエル・ウーに殴られてたから羨ましいぜ👊

ただあの、竹中直人とか一部の日本人が喋ると何言ってるか全く聞き取れなくて(字幕も出ない)、より一層邦画を観る気がなくなりました… 日本語聞き取り能力がどんどん失われている……
>|