黒猫の怨霊の作品情報・感想・評価

「黒猫の怨霊」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

3.5
ヴィンセントプライス三変化!
B級界の帝王ことロジャーコーマン監督のオムニバスホラー。原作はエドガーアランポーの短編です。どれもゴシックな雰囲気のものばかりで「怪奇と幻想」という言葉がピッタリな怪奇映画。前から見たかったんですけど、なかなか見つからなかったので、VHS買っちゃいました〜(笑)

『怪異ミイラの恐怖』
26年ぶりに、父親が1人で住む屋敷に帰ってきた主人公レノーラ。母親は主人公を産んだ時に恨みの言葉を残し亡くなってしまったため、父親は荒みきった生活を送り、未だにミイラ化した妻の死体を部屋に置いていた。何やかんや言い合いをした後、主人公と父親は26年ぶりに和解するが…。

娘に恨みを持つ母親のミイラが蘇るという、ありがちな怪談話ではありますが、この時代のクラシカルな屋敷の内装とか衣装とか登場人物たちのちょっとオーバーな態度とかが現実とは少し違う、どこか幻想的な雰囲気を醸し出してるんですよね。なので恨みを抱えて死んだ死者が蘇るという展開に妙な説得力があるんです。親が無実の子を恨むという展開もなかなかショッキングですし、崩壊の芽を26年も放ったらかしたことに対する罰みたいな展開も面白かったです。

『黒猫の怨霊』
仕事もせず一日中飲み歩いてる猫嫌いの主人公。妻が生活のために稼いだお金も酒に使おうとするダメ男。ある日、利き酒バトルをした紳士を無理矢理自宅に招く。その日から、妻が気前よく飲みに行くお金をくれるようになり…。

ホラー色は薄めですが、途中の利き酒のシーンが最高に面白い!名の知れた利き酒のプロの紳士と、ただの呑んだくれの主人公。紳士の圧勝かと思いきや、これが良い勝負しちゃうんですよね。気持ち悪いテイスティングでワインを言い当ててく紳士に対して、ただゴクゴク呑んで百発百中する主人公の爽快感!めっちゃ笑いました。ヴィンセントプライスってこんな顔芸とかもするんですね。コメディチックながらもしっかりと不気味さも演出する面白い作品です。

『人を眠らす妖術』
死が近づきつつある金持ちの紳士。かかりつけ医の力では痛みを取り除くことができないため、催眠術師を呼び痛みを軽減していた。ある日、催眠術師からとある提案をされる。それは「死の瞬間に催眠術をかけることによりこの世にとどまることができるのではないか。その実験をしたい。」というものだった。医者も紳士の婚約者も止めようとするが…。

これが1番好きでした。まさに古典怪奇小説らしい何とも不気味な余韻を残す作品です。催眠術という科学的なもので死者をこの世にとどめるというオカルト的な展開をするところが大好物。禁忌を犯すことのワクワク感とそれがもたらす結果の非情さ。多分当時の時代的に、催眠術に未知の可能性と得体の知れない恐怖を感じてたんだろうな〜と思います。