ブレードランナー ファイナル・カットのネタバレレビュー・内容・結末

『ブレードランナー ファイナル・カット』に投稿されたネタバレ・内容・結末

1982年リドリー・スコット作品

ロボットは自我が芽生えてくるので4年で処分される。
処分されたくないロボットが人間社会に紛れ込む。
そのロボットの処分を専門とする「ブレードランナー」とロボット戦…

>>続きを読む

"ヒッチャー"を観て色んな方のレビューを読んで、久しぶりに観てみようと思った。

人類の大半が宇宙へ移住した2019年の酸性雨降りしきる暗いLAが舞台。"感情以外は人間と変わらない"レプリカント(人…

>>続きを読む

sf作品は鮮度の落ちやすいもので、この作品もいろんな作品に影響を与えているので既視感が強い。そういった意味では今初めて見る人はあまり楽しめないのかもしれない。

ただ、人造人間(レプリカント)を通し…

>>続きを読む
最後ここで終わるのってところで終わって、折り紙の意味も分からなかったけど、考察読んだら思ったよりも深かった。
考察見ると、デッカードはレプリカントぽいよなー。

レイチェルに”I want you”と言わせるところは最早強姦シーン!「あなたはあのテスト受けたことある?」です。ほんとに。

上記のシーンは主人公への共感を失せさせはするものの、人間とアンドロイド…

>>続きを読む

仄暗く、酸性雨が降り頻るなか、街のネオンの妖しくぼや〜っとした灯りがとても印象的だった。
舞台は2019年のロサンゼルス。高層ビルが乱立し、車も飛ぶようになっているけど、映画の中でよく出てくるのは日…

>>続きを読む

映像の美しさと創造性が凄くて、それだけでも見てよかったと思える作品でした。好きなゲームでDetroit:become humanという進歩したアンドロイドに纏わる作品があるのですが、あれはこれのオマ…

>>続きを読む

随分前に最後のシーンを観て、なんで裸のオッサンに追いかけられてんだろうと思ったんですが、見直してもなんで裸になったのかよく分からない。
元ネタである小説の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』とは少…

>>続きを読む

タスケン・レイダーみたいなのがいて可愛かった。

"All those moments will be lost in time, like tears in rain."ってこの映画の台詞だったん…

>>続きを読む

サイバーパンク的な世界観で、高度化した人造人間(レプリカント)と人間の話。レプリカントは4年間しか生きられず、また逃走したレプリカントは人間に処分される。レプリカントと人間に本質的な違いは無いのでは…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事