ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀の作品情報・感想・評価

「ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀」に投稿された感想・評価

ママン

ママンの感想・評価

4.1
記録:

多分、当時映画館でも観てると思うけど、テレビでもよく放送されていたんだよね☺️

殆ど忘れちゃったけど、これだけは覚えているのは、、、

【ハワード・ザ・ダックの財布の中にコンドームが入っていた】ことだww
44R

44Rの感想・評価

3.4
いかにも80年代な作風。

ハワードが可愛いのは、『TED』的ちょいエロ要素と所ジョージ吹き替えのハマり具合か。

着ぐるみ系作品好きとしては見てよかったな、な作品。

ラストのライブシーンはBACK TO THE FUTUREさながらな高まる感じで。笑
たむ

たむの感想・評価

2.0
80年代、狂人ジョージ・ルーカスさんが大金と狂気の大作です。
ハワードは子供むけのキャラクターなのに、アダルティで『テッド』ほど過激ではないものの、際どいギャグが出てきます。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ストリート・オブ・ファイヤー』のような80年代ロックなシーンも多く、80年代らしい雰囲気も楽しめます。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
昔大好きだった作品。高校の頃とかだったと思うんですけど、リー・トンプソンがあまりに可愛くてビデオに録って何度も見ていました。所ジョージの吹替もすごくハマってた記憶があります。

随分久々に観たのですが、相変わらずリー・トンプソンが可愛くてホッとしましたw あの冴えない科学者がティム・ロビンスだったとは知らなんだ〜

映画としては確かに他愛ないですよ。宇宙から来たハワードのカルチャーギャップによるドタバタコメディとして進行する前半はなかなか楽しめますが、変な魔王がやってくる後半はナンセンスでグダグダ。でも最後の演奏シーンが楽しくて好きですね。

「思い出補正」もあって★4つ! ラズベリー賞がなんだってんだ。
ラズベリー賞取りまくったみたいだけど、そんなのは関係ない。子供の頃の俺がすごく楽しかったので今見ても楽しくて良い。
OsamuSaint

OsamuSaintの感想・評価

3.0
こんなキャラ1ミリも知らなかったのに望んで観に行った思い出
主題歌もいい
ブルーレイを購入して日本語吹き替えで鑑賞。
ブルーレイには1990年版と1992年版の2種類入っているが、今回は1992年版で鑑賞した。
1990年版はダックを所ジョージがやってるので今度鑑賞したいと思います。

画質は普通に良いです。
ブルーレイ画質です。
音も普通に気になる箇所はありませんが、今回鑑賞したバージョンの吹替は、テレビでの放映時のカットの為、字幕の部分がそれなりに結構ありました。
少し残念です。
まぁ、吹き替えを入れてくれたのは良かったので、仕方のない部分。

異星で楽しく暮らしていたダックが地球で発明された実験用装置の誤動作で地球に転送されてしまったのが物語の始まり。

そのダックがアメリカで活躍し最後に暗黒騎士と対決するというストーリー。

但し、ダックはスーパーパワーもスーパーウェポンも持たず、普通の人間と出来ることは殆どかわらない。

見所は、突っ込み所満載のお笑いがグッド、シリアスな内容は全くないのでコメディが好きな人は面白いのではないか。

80年代のルーカス映画だなぁという雰囲気に溢れているのでルーカスが好きな人も面白いと思えると思います。

特撮も80年代の技術なのでストップモーションアニメがCGに慣れている人はチープと感じられると思います。

公開当時の評価は最低だったようですが、鑑賞してみたら、そんな酷いものではないと思いました。

ルーカスが好きでコメディが好きで80年代映画が好きな人はオススメです。
すー

すーの感想・評価

3.0
ハードル下げたせいか?思ったより楽しかったなあ。そんなに、ハワードきもくないし。というかリートンプソン良い。可愛い。敵キャラがツッコミどころしかなくて笑った、というかこの映画自体ツッコミどころしかないな?色々どこかで見たような…もしかして原点の映画なのか?なわけはないな。恐らく。
ysk

yskの感想・評価

3.0
思い返せば個人的なマーベル映画の最初の体験は超初期のスパイダーマンかこの作品になる(はず)

子供のころに何回も繰り返し観たなぁ。
所ジョージの吹き替えが最高で。
ボロクソに言われてる映画やけど、そこまで言うたらんでもええと思う。
これはこう言う作品やん。
>|