偽りのないhappy endの作品情報・感想・評価

「偽りのないhappy end」に投稿された感想・評価

これは2021年にいちばん最後に映画館で観た作品。脱力感からエンドロールが終わってからすぐに席を立つことができなかった。

何を信じて何を疑うか
何が正しくて何が間違っているのか
何が本当で何が嘘なのか

その行動は一体誰のためなのか

タイトルの「偽りのない happy end」とは何なのか最後まで分からず、処理ができないままパンフレットを買い、長者丸踏切を調べた。
うぢ

うぢの感想・評価

4.0
姉の「東京で新しい人生」推しが強く、その時点ではその理由は明かされてないけど異常性だけは伝わって不穏なストーリーを見せられてる感覚が続く。よい。
妹の失踪でその予感が失踪劇で終着するんだろうなと思っていたらそこからさらにもう1件の失踪事件が絡む。たしかに詰め込み感もあるけど、詰め込んだ結末として、サイコにもミステリーにも全滅にも展開できそうなものを本筋はどこにも着地させない。投げっぱなしエンドは個人的に嫌いじゃないし、映画の時間枠の中だけで事件の結論を示すべきだとも思わない。本筋ではないけど最後に新たな希望を見せてくれるところが救い。
エンドロールの先にハッピーエンドはあるのかなぁ
nic

nicの感想・評価

4.7
そこに現れる現象よりも、現実が心に差し込んで来る。
良い体験的な映画芸術!
別な映画でアップリンクに行く用があった際に調べて気になったので急遽ハシゴで鑑賞。

行方不明の妹を探す姉の話。結構ストーリーが複雑なので理解しきれない部分もややあり。

姉妹とはいえ他人だし、しかも離れて暮らしてるとお互いの事なんて全然わからないのかもしれない。

主演の鳴海唯さんが素敵で、脆そうなお姉さん的な雰囲気がとても良かった。

トークショーでも触れられていたけど映像や展開はかなり荒削りな部分もあるものの、監督の情熱が前面に出ており熱量の高い作品。

題名の話も監督の話を聞けて少し靄が晴れたような気もする。改めてもう1度見返したい。
緊張と緩和。
重めのテーマだからかストーリーもピリピリとしてるけど、途中途中で湖の静かなシーンや水の音、綺麗な劇伴を挟んでいる事で少しマイルドな気持ちで観れる。
アカリのバレエシーンは「花とアリス」の蒼井優ちゃんのようで美しい映像。良い意味で心が脱力する。リラックス。
姉、疑心暗鬼になりすぎて最後発狂。結局全て自分の為で妹の為に何もしてない。なかなか姉失格だなあと思っちゃう。
わたしたちはエイミと一緒にユウの失踪に喪失感を感じ、ヒヨリと一緒にミヅキの真相を解き明かしていき、そういうみんなで共有できる事が嬉しい。ユウは最後まで現れなかったけど、人それぞれの解釈に委ね、人それぞれの物語の完結があるのも良いなと思いました。
もう一度観たい映画です。
tomato

tomatoの感想・評価

-
辛かったし観客側に考えて欲しいこともすっごく伝わったけどもうちょっと中身を提示して欲しかった、結局どうなったの?て気になる
キャスト陣同世代が多くて刺激的

このレビューはネタバレを含みます

正直グッとくるものはありませんでした。映画の主題はコミュニケーションの不在でしたが全体的にセリフで説明しすぎな印象。ついでに言うと意図的に方言をなくしていたように思いましたが、東京と滋賀、都会と地方という舞台装置の強度を下げている様に感じました。そんな事考えていると後半のネタバラシの辺りで聞き逃してオチがわからなくなると言う失態。

携帯の着信が怖いという設定も効果よりも粗の方が目立ってしまって勿体なかったかなと思います。

ただ挑戦に満ちた映画というのは間違いないので、今劇場で観るべき映画かなともおもいます。

このレビューはネタバレを含みます

家族、ともだち、他人のこと。
知ってる気でいて実はなにも知らなかったり。
なにもってほどではないと思うけど、ほんとそう。

世の中snsで情報が溢れているけど、
見えてるものはほんの一部で。
その一部ですら偽りかもしれないし、ほんとにほんとのことはわからない。
関わる人すべてにそのままの自分を見せれるわけじゃないし、見せないし。

大切なひと。好きなひと。
せっかく出会ったなら少しずつでも知っていきたいな。と
思える人と自分も大切に。

ハッピーエンドだったのか?そうは思えなかったけど、
題名が"happy end"ってなってるし。
ハッピーエンドと信じよう。

あかり死んでなくてよかった〜
あれで死んでたらバッドの連鎖すぎて辛かった。
そしてユウは生きてるのか?
誰か教えて、、、。

女優さんたちがそれぞれ役に合っていてとても良かった。

特に見上愛さん。ほかの出演作品もみてみたい。

このレビューはネタバレを含みます

ps(追記)

ヤバない?
人殺したり、刺したり、なんかもう暗すぎ!笑(中盤あたりから失速…)

闇かかえてる女の子多い。
家庭環境、学校とかが大きく関わっていると思う







なんだろう 
ストーリーがごちゃごちゃと言うか
あまり楽しくはなかった
暗いっつうか(笑)

エイミ役の鳴海唯さんは振り幅すごいなと思ったよ
何人か女優さんがでてきますが、みなさん素晴らしかったです
で、結局ユウはどうなったの??
ってどうしても思ってしまうんだよなー
それにしてもエイミには終始イラついたよねー
妹のこと何にも知らないね、みたいなことをいろんな人から言われるのはちょっとわざとらしかったけど…
で、やっぱ河合優実だよねー
アフタートークで話があったけど、これを撮った時はまだ事務所に入って間もない頃だったらしく、この後に由宇子の天秤やサマーフィルムが撮られたんだってー

あなたにおすすめの記事