いしだあゆみが出演・監督するドラマ 40作品

いしだあゆみが出演・監督する最新ドラマや過去の作品一覧をチェックすることができます。やすらぎの刻~道や、ラギッド!天才少女とアウトローな老人たち、階段のうた season6などに出演。
  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view
動画配信は2024年5月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。
本ページには動画配信サービスのプロモーションが含まれています。

やすらぎの刻~道

公開日:

2019年04月08日

製作国:

3.8

あらすじ

2017年に放送された『やすらぎの郷』の続編。『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ「道」が映像化されていく過程を1年に渡って放送していくドラマ。それとともに『やす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

言わずもがな。 倉本聰さん大ファンなのでもちろ最初から最後まで鑑賞。 郷パートも道パートも言うまでもなく倉本ワールドで…

>>続きを読む

地上波放送にて テレビ朝日 前シーズン見ずに、今回から。 劇中作「道」パートに風間が出るので視聴開始。 結果、まさか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1:ストーリー:★★★★☆ 本作は主人公や周囲の人々の成長や変化、人間関係の葛藤など、深い感情を描いています。視聴者は…

>>続きを読む

花男ファイナルと隠し砦の三悪人の翌年。 25歳の松潤。 2018/11/21 第1〜2話 何となく、カタコトなのかと…

>>続きを読む

星ひとつの夜

公開日:

2007年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

他人との接触を避け、心を閉ざしている二人の男が、ふとしたきっかけで出会いお互いに興味を持ち始める。人間関係が希薄になっている今に問いかけるドラマ。

おすすめの感想・評価

端々の笹野高史が実にいい仕事をしている(笑) 良かれと思って出た行動が裏目にという人間臭さがよく出ている。 しかし終…

>>続きを読む

15年前のドラマ。 当たり前ですが、渡辺謙さん、玉木宏さん、国仲涼子さんがお若い。 山田太一さんの脚本は台詞が独特だな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

はぁ、面白かった。 朝ドラのヒロインは若い人が多いけど、今作は初登場の時点で37歳。たまには中年の主人公もいい。そもそ…

>>続きを読む

私が見てきたNHK朝ドラのなかでも屈指の名作🍠🐙🎃 当時は私も若かったので、ヒロインおばさんだなぁ🤔なんて思ってたけど…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原田美枝子目当てで鑑賞。 実話をベースにした感動のヒューマンストーリー。 絶望的な病にかかってしまう主人公だが、自…

>>続きを読む

涙そうそう〜この愛に生きて〜

公開日:

2005年10月09日

製作国:

3.3

あらすじ

黒木瞳主演、愛を支えに生きたヒロインとその娘たちの絆を描く。脚本は橋田壽賀子。共演は上戸彩、賀来千香子、三浦友和、伊東四朗、いしだあゆみ、泉ピン子、西田敏行ら。

おすすめの感想・評価

※ドラマは時間的に観返すことが出来なさそうなので、過去メモを記録。 タイでの旅行バス事故により愛する人を亡くした人…

>>続きを読む

タイ旅行のオプショナルツアーで起きたバス事故でそれぞれ家族を全て失った遺族たちが、家族に憧れを持つ主人公・伊坂将吾の呼…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大阪センチュリー交響楽団公式YouTubeチャンネルの配信で鑑賞。 竹内結子さん、お会いしたことはありませんが、1曲…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんだ・・・この狂った話は!!! ■ メインキャラクター 将一:主人公。 郷子:主人公の妻。 江津子:主人公…

>>続きを読む

2003年のドラマで27歳の#水野美紀 はまだ怪優ではなくて美しい横顔がまぶしく、35歳の渡部篤郎も時代遅…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

桐谷健太さんが何かのインタビューで、この作品で緒形拳さんに 優しくしてもらった、とのことで 興味をもち、視聴。 見所…

>>続きを読む

専門チャンネルで放送してた録画を視聴。 こういう人情系、やっぱいいよね〜。 なんかちょっと洋画風なストーリーやった感…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

森村誠一の代表作であり、松田優作・ジョー中山の映画のリメイク版ドラマ。 2001年ということで原作の米軍にレイプされ…

>>続きを読む

森村誠一原作で角川映画で映画化され大ヒットした作品のTV版リメイク。 アメリカ人を異様に嫌う刑事を渡辺謙、相棒を高島礼…

>>続きを読む

涙をふいて

公開日:

2000年10月11日

製作国:

3.7

あらすじ

体育会系の熱い大工・大西勝男が火事で亡くなったアメフト部の先輩の4人の子供たちを引取り、間借りしている勤務先の村田工務店で共に生活し、気合と根性で兄妹を育てるドラマ

おすすめの感想・評価

Tobenaitori by YUZU なん中途半端な所で終わる!笑 感謝カンゲキ雨嵐 by ARASHI たま…

>>続きを読む

血は繋がってはいなくても家族の暖かい絆を感じるほっこりホームドラマ♪ でも「愛くるしい」「さとうきび畑の唄」「とんび」…

>>続きを読む

お見合い結婚

公開日:

2000年01月11日

製作国:

再生時間:

46分
3.8

あらすじ

~「運命の恋」は「運命の出会い」から始まるとは限らない~

おすすめの感想・評価

再放送していたので飛びついて見ました。大豆田さんありがとうございます。古く感じる描写もあるけど面白かった。最終回エンデ…

>>続きを読む

懐かしい〰️!! もう20年前とは😭 でも私こういうラブコメ好きじゃないし、そもそも松たか子にもユースケ・サンタマリア…

>>続きを読む

収容所(ラーゲリ)から来た遺書

公開日:

1993年08月13日

製作国:

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

某動画サイトで視聴。 かなり映像が劣化していますが、 ストーリーの素晴らしさが伝わってきます。 学校の教材として使うべ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いしだあゆみの鬼クマ。そう聞いて期待する物好きの期待に対し冒頭のシーンで早々と百点の答案用紙を提出してくるあゆみ。おっ…

>>続きを読む

金曜日の妻たちへⅢ・恋におちて

公開日:

1985年08月30日

製作国:

3.8

あらすじ

“金妻(キンツマ)”なる流行語を生み出したヒット作「金曜日の妻たちへ」のパート3。パート3の舞台は東京郊外の私鉄沿線で“中庭を持つ家”。名門女子校の同窓生で、現在は同じ住宅地に住むヒロイン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

“金曜日の妻たちへ” ちょー有名だったドラマを鑑賞してみた。 1985年のため時代錯誤感はビビるレベル。 それにして…

>>続きを読む

いしだあゆみが、映画の翻訳をやってる役だった。 メリルストリープとデニーロ共演の『恋におちて』を翻訳していました。 …

>>続きを読む

遅れてきたサンタ

公開日:

1984年12月30日

製作国:

再生時間:

46分

ジャンル:

-

金曜日の妻たちへ

公開日:

1983年02月11日

製作国:

3.7

あらすじ

"金妻"なる流行語を生み出した80年代ドラマの代表作。東京郊外のニュータウンに建つテラスハウスと、一戸建てに住む団塊世代の3組の男女が繰り広げる人間模様を描く。

おすすめの感想・評価

一世を風靡した金妻のシーズン1。 東急が開発した多摩プラーザの戸建てに住む既婚者たちのストーリー。 🎵ダイヤル回して…

>>続きを読む

ふと夫婦の不倫とか好きだ嫌いだとかまだかわいいもんで、そうじゃなくて感情じゃなく何も思わないでただ金だけ貰えれば、相手…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

蛍の健気な五郎への気遣い 優しさが愛くるしい それに比べて阿呆な純 とはいえ2人とも可愛い 人間模様が豊富に…

>>続きを読む

夏に富良野に行くからそのために全部鑑賞した。 子どもの心情の機微とか絶妙に言語化できない気持ちや愛情などを可視化して言…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

露口茂の湿っぽい演技を見るにつけ、前作の緒形拳に想いを馳せつつ、あたりまえだけど同じ役でも俳優によってこんなに見え方が…

>>続きを読む

女は阿修羅かもしれない。1人の女が他の女を苦しめ、そしてその女がまた別の女を苦しめる。でもこのドラマを通して見ると、誰…

>>続きを読む

京都殺人案内 花の棺

公開日:

1979年04月21日

製作国:

2.6

あらすじ

副大統領とともに来日した令嬢のキャサリン(シェリー)は、副大統領の帰国後も生花を習得するため、一人残ることになった。

新・座頭市Ⅲ

公開日:

1979年04月16日

製作国:

ジャンル:

3.7

あらすじ

座頭市(勝新太郎)は、天保時代の盲目の侠客で居合いの達人、通常は、揉み療治を渡世として関八州を歩く。博打もすれば女も好むが、己の信条により非道を行う者には怒りの仕込み杖が唸る。

おすすめの感想・評価

1979年 脚本は向田邦子 制作は和田勉。 和田勉チーフディレクターの最初の作品。 良かった!すごく良かった。 一…

>>続きを読む

トルコの軍学隊が聴こえるとこの作品を思い出す。4姉妹に絡む人間模様を愛憎絡みながら描く。御本尊が佐分利信。インサートさ…

>>続きを読む