白ゆき姫殺人事件

「白ゆき姫殺人事件」の画像

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

上映日:2014年 3月 29日

製作国: 日本 / 上映時間:126分

監督
原作
脚本
キャスト

あらすじ

誰もが認める美人OLが惨殺された。この不可解な殺人事件を巡って、一人の女に疑惑の目が集まる。同期入社の地味な女性【城野美姫】。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々がさまざまな【噂】を語り始める。過熱するテレビ報道、炎上するネット、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも…!? 原作は『告白』『北のカナリアたち』と映画化が続く湊かなえによる傑作長編。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など複雑な物語を巧みに描く名手・中村義洋。映画独自の表現を盛り込み、誰も見たことがない重層的なサスペンスが誕生した。 疑惑を集める主人公【城野美姫】を演じるのは、井上真央。ワイドショーのディレクター【赤星雄治】役に、綾野剛。美姫の後輩で、旧知の赤星に情報を与える【里沙子】役に蓮佛美沙子。謎の死を遂げる美人OL【典子】役に、映画初出演となる菜々緒。さらに、貫地谷しほり、金子ノブアキ、谷村美月、小野恵令奈、染谷将太、生瀬勝久ら、個性溢れる豪華キャストが適材適所に散りばめられた。 膨らむ妄想、ねつ造される記憶、拡散する悪意。動機は嫉妬か?恨みか?凶器は?はたして容疑者【城野美姫】はクロか、シロか!?

3.3

「白ゆき姫殺人事件」に投稿された感想・レビュー

kana の感想・レビュー

-

3

ちひ の感想・レビュー

3.3

SNSこわい

あやちゃん の感想・レビュー

3.0

記録。

aoki22000 の感想・レビュー

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

軽いタッチの事件捜査。TVマンの取材がベース。インタビューが続く新しい展開。ミスリードとどんでん返し。物語に引き込まれました。

ハル の感想・レビュー

3.5

Netflixにて。

nawaemon の感想・レビュー

3.5

記録

パンツ の感想・レビュー

3.0

白ゆきってゆきが平仮名なのが何か伏線なのかと思いきや〜

井上真央の幼少時代の子役がすごく似てた
Twitter怖い

ゆみ の感想・レビュー

3.5

すごいねぇ俳優さんって。井上真央なんて真ん中にいるタイプの美人なのに、この中では生まれた時からパッとしない、幸の薄い女性にしか見えない。現代の風刺的なアレコレはそんなんでもなく、やっぱりアンとダイアナのサインに、ジーンときたよ。

いいね!したユーザー

tmm の感想・レビュー

-

記録

piyonne45 の感想・レビュー

3.0

展開はなんとなく予想つくながらも、結構楽しい時間を過ごせました。
湊かなえ氏然とした、結局どーゆうことだったのよ?的なひも解き段階が◎。

それにしても綾野剛と金子ノブアキはゲスい役似合うなぁ。笑
全体としては貫地谷しほりちゃんが好演の一作。
あれ、役作りで太ったのかしら?(それでもかわいー♪)
そーゆう魂見せられると感激しちゃいます。

masaki7 の感想・レビュー

3.2

ある意味、殺人や情報操作よりも見所なのは、可愛いままの井上真央ちゃんが、地味な性格の女性をした時の印象の落差!

話し方と顔の表情の癖がイマイチになるだけで、こんなに人の印象って変わるんだと驚きます。

ある意味見所のもう一つは、華やかな女の裏の姿の真実⁉︎
リアルです。それが殺人の動機になってます。

最後に、本当の見所は、硬い友情です‼︎

いいね!したユーザー

なつーこ の感想・レビュー

3.5

現代のSNSの普及と絡めてあり、誰もが第二の加害者になりうるってことを感じました。
原作を読みたくなった。

よーへ の感想・レビュー

4.4

山中に体をめったざしにされた美人OLの死体が!容疑者に同僚の地味なOLが浮かび上がる。果して、本当に殺したのか?

完全にナメていたけれど、これがおもしろい。現代のSNSの病巣や過剰な報道などを織り込みつつ、ストーリーも2転3転。グイグイ引っ張る。

いいね!したユーザー

ハジメ の感想・レビュー

4.2

原作小説も割と特殊な本やったけど映画もかなり変わってた!
でも面白かったし結構原作に忠実だったと思う。生身の人間とSNSの怖さも良く描けてたと思います。
ただ、個人的には主人公(子役含む)はもう少し不細工じゃないと辻褄合わんような…笑
ところで蓮佛美沙子最近好きやな、こんな役もできるとは。
生瀬さんのミヤネ屋みたいなのは出るたび笑ってしまいました。

いいね!したユーザー

ミナ の感想・レビュー

3.3

女ってこええな。

いいね!したユーザー

すずき の感想・レビュー

4.1

原作はつまらないらしいけど、映画はドキドキする面白さ

あーな の感想・レビュー

3.5

むむむ。 原作未読のため映画単体での感想。
これは、、最後どんな感情で終えればよいのか? ストーリーの真相は早々に想像がついしまうので、あとはそれをどんな風に見せてくれるのかなと思ったら、、むむー。 最後に色々な感情を乗せてくるので、どれを受け取ったらよいか混乱。 最終的になんとも言えないもぞもぞした感じで終わる。

いいね!したユーザー

Risa の感想・レビュー

3.7

映像:⭐️⭐️⭐️
音楽:⭐️⭐️
ストーリー:⭐️⭐️⭐️
泣ける:
笑える:
怖い:⭐️⭐️⭐️
ためになる:⭐️

美女(菜々緒)、めった刺し
→事件の真相を暴くために、テレビ局の男(綾野剛)(ツイッター依存症)が関係者にインタビュー
→冴えないOL(井上真央)が容疑者として浮上
→しかし…

という謎解きミステリー。


以下、思うことをつらつらと。

1. インタビュー形式

綾野剛がインタビューを進めていくと同時に、視聴者である私たちも物語の真相を知っていくというスタイルが斬新で臨場感もある。
恐らく時系列に沿ったスタイルだったら全く面白くない映画。


2. 謎解き映画

この人の作品は映画になっても緊迫感と謎解きのワクワク感が残ったままで、本でも映画でもヒットしているイメージ。

この映画も、
犯人くさいな〜と思った人がどんぴしゃで犯人だった点を除けば(笑)、
謎解き映画として十分に楽しめた。


3. ネット社会への警鐘

ネット社会は人間の関わりをどのように変容したのか、
そして情報の質にどのような変化をもたらしたのか、
そんなことを考えさせられる映画でもあった。

この映画ではツイッターを使う人たちが、
意味のない情報を流したり、
匿名で他人を攻撃したり、
個人情報を晒したりしている様子が描かれている。

ツイッター含めSNSは確かに弊害が沢山ある。
でも今更全てを手放すなんてできないから、利用者が良識ある行動をとることを心がけて、上手く付き合っていく他ないのだと思う。

いいね!したユーザー

ずし の感想・レビュー

2.9

染谷将太は何役……?

ハルトモ の感想・レビュー

3.4

女子同士の複雑な関係、嫉妬。
それとは別に描かれるSNSの無責任な発言からなされる言葉のうねり。
それが複合して、どーなるの?事実は何なの?と坐り直すくらい入り込んだ。
それぞれの語りの回想シーンが、微妙に違っていた。
人の記憶なんて、そんな風に捏造されるというのを、映像ならではで表現されていた。
原作も読んでみたいなー。
最後の制裁も小気味好かった。
菜々緒の妖艶さと、井上真央の地味さの対比が明白で、さすが女優さんと思った。

いいね!したユーザー

えみぴょん の感想・レビュー

2.4

なかなか面白かった!

いいね!したユーザー

みずき の感想・レビュー

3.6

記録

はるかんぬ の感想・レビュー

3.1

SNSを含むメディアの怖さとそれをつくる人間の愚かさ 人の記憶は捏造されるっていうのがおもしろかった

いいね!したユーザー

MasashiMikame の感想・レビュー

3.5

何?何?何?twitterってあーゆー感じでやるわけ?自分でマッチに火をつけて、とどのつまりが、うぜぇ…みたいな?何をどうしたいんだ?っちゅうね?

一つの殺人事件から掘り起こされる闇。噂、僻み、嫉み、現代便利ツール、育ち、性格、小さな小さな世界…だいたいね?色々なことに翻弄されすぎ。これはもう幼少から教えていくべきなんだよね?言うのは簡単!って思うかも知らんけどもだな?だから何?それが何?まあ、良いじゃん!肩の力抜けよ!ってなモノを育んで行かなければいかんのだよ!大きな事件事故に結びつく前にね?今の世の中便利だからね?最悪、てめぇ一人になったって、ある程度の生活自体は困らないからね?あはは、おほほで行きて行こうぜ!っちゅうね?まあ、それだけだとそりゃ寂しいかもだけど、そんぐらいの構えで行こうぜ、行こうぜハニー!ってことよ。おじさんが言いたいのは!

なんかそんなんが浸透して来りゃ結構面白いぜマイライフ!ってことな?

少なくともこのような物語を観て、なんだよ、書いてる奴は性格悪そだな?そんなんねーよ!!って笑い飛ばせるようになれば良いんじゃね?きっと!きっと!作者もそれを望んでるぜ!あー!怖い!やだやだ!人間の闇って恐ろしいわー!なんて思われたくて書いてるわけじゃないはず!!!!

だからな?きっとな…

いいね!したユーザー

パピヨン の感想・レビュー

3.3

記録

Lily の感想・レビュー

3.0

ちょいと映像にするとあからさまな感じが出すぎてるかな。
プッと吹いてしまうところ多数。
きっと原作のほうが面白いのかな?
先日、ガキ使で「クイズ斎藤工の100のこと」を見て、「好きな女性のタイプは?」で「SNSをやらない人」と答えていたのを見て、共感したのを思い出した。

いいね!したユーザー

ジョン・スミス の感想・レビュー

3.3

いや、ラスト怖えわ。笑

ながら観してたけど、所々ほん呪臭がして好きい笑
ただ、ストーリー上にそんな
パッとした感ないなあと、
あと、ネットについて色々打ちたいけど、ネタバレになる…。
ただまあ、暇つぶしには宜しいかと…?

いいね!したユーザー

kokori の感想・レビュー

3.5

原作が大好きな作品です。原作では最後に資料としてつぶやきやブログ、週刊誌や新聞記事が載ってますが、映画ではその場面で同時に出るので携帯片手にSNS見てる感覚で観れて面白かったです。夕子ちゃんとの友情が映画の方が感動的でしたね。貫地谷しほりさんが良かったです。

いいね!したユーザー

sakurashimizu の感想・レビュー

2.7

先に原作を読んでいたのもあるが、映画館で観る必要性・オチの意外性もなく、全然良さを感じなかった。
原作の方が確実に面白かった。

いいね!したユーザー

kaho の感想・レビュー

3.4

ワイドショーのシーンの間や台詞がリアルでおもしろかった。真実だと思って見ていた映像がだんだん食い違っていくのにぞっとした。二夜連続スペシャルドラマって感じだった。

いいね!したユーザー