すべてをあなたにの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「すべてをあなたに」に投稿された感想・評価

じゅん

じゅんの感想・評価

4.0
トムハンクスらしさが光る‼️
とても爽快感のある作品😄

ビートルズを彷彿とされるカリスマ性や
サントラも素晴らしくて最高😃⤴️⤴️

劇中で歌う楽曲も最高ですね✨
若者達が、一夜にして夢を掴む...

次第に、価値観や音楽性の違いに戸惑い悩む姿...

自分達は、歌っているのか?歌わされてるのか?などの疑問が徐々に明らかになるなつれ、亀裂が生まれる...

それでも、必死に前を向き一人一人の答えを出す姿...まさに青春❗

正解なんてないが、ワンダーズは少なくとも、大きさ足跡を残したに違いないと思います😄

リブタイラーは安定の美しさ😄
正解映画の良作ですね✨
おぐり

おぐりの感想・評価

4.0
初めて と おもって観たら、二度目だったけんど 楽しめた
トム・ハンクス 初監督作品
リヴ・タイラー美少女❣️
まだ ほっぺが ふっくらしてたころの シャーリーズちゃん も、ちょっとだけ出てる
pika

pikaの感想・評価

4.5
すごーく面白かった!音楽好きで映画のサントラを集めている方に『これは映画自体もサントラもいいよ』とおすすめをいただき見てみた。確かに曲がめちゃくちゃいい!田舎のティーンバンドがあれよあれよと人気になりビルボードにチャートインするまで上り詰めていくドラマなんだけど題名にもなっている『THAT THING YOU DO!』という楽曲がめちゃくちゃ良くて、この曲で売れていくので劇中何度も演奏されるんだけど何度聞いても飽きないしむしろ流れるとテンション上がる。それ以外にもジャズやバラードなど他のアーティストの曲も素敵で、全て映画のために作ったオリジナルらしく、確かにサントラ欲しくなるわと納得。

音楽界の栄光と挫折みたいなよくある筋書きながらも主軸は青春ドラマで、主人公が様々な人に出会い経験をし大人になっていく様が重点になっていて、酸いも甘いも描きながら教訓的な部分は軽やかに処理され全編穏やかな幸福感に満ちている。
トム・ハンクスの初監督作品で脚本、出演、作詞作曲もしているとのことで彼の人柄かセンスか、さすがコメディアンな才能が映画に反映されている。コミカルな間合いやドラマの緩急、人物造形など娯楽として満点な語り口で心地よく楽しめる。
ドロドロとした業界の裏側云々ではなくあくまでも青春ドラマであるとしているようにキャラクターがとても愛らしく魅力的。
主演のドラマー君はトム・ハンクスを彷彿とするようなコミカルな表情、仕草がとても良い。ヒロインのリヴ・タイラーの愛らしさも最高。クラクラするほどキュート。メンバーも個性的でそれぞれ多様な価値観で人生に直面していて、同じ出来事を経験していても捉え方が違っているというのをハリウッドの夜の過ごし方で見せている点が面白い。今のこの瞬間同時に演奏しているだけという交わり方が何気なくも深い。ハリウッドの高級ホテルでのドアマンとの応対の差で見せるキャラクターの変化も上手い。コメディ映画的なキャラの扱いもフィクションの楽しさが出ている。
実話物みたいなエンディングも面白い。その瞬間に何を重視し何を選択するのかで人生は変わっていくんだなー。

主人公のドラマーが仲間になる流れ、小規模な地元のコンテストで曲を初披露する流れなど、ドラマの流れを追いながらそれが楽しさへと昇華されているコメディ演出がとても上手い。初めてラジオから流れる瞬間に走り出すリヴタイラー、そこから集結して電器店ではしゃぐスピード感と多幸感も素晴らしい。なんて幸福なんだろう。
すごく良かった。久しぶりに人におすすめしたくなる、万人が楽しめるであろう傑作だった。

10代か20代前半に見ていたら人生のお気に入りの1本になりそうな映画だった。4点くらいなんだけどおすすめしたい気持ちを含めて0.5点アップ。
-----------------
自分用記録
①26-1  字幕
ぽに

ぽにの感想・評価

3.5
リヴタイラー 愛好家として見とこうと思い見たのですがんんんんん〜〜〜〜んんんん〜〜〜〜微妙に面白くなかったしリヴタイラー の可愛い場面も私の好きな感じのシーンが無かっただけかあまりキュンキュン出来なかったです、、、、ですが!
みなさんが言ってる通り、サントラはすごい良い!
トム・ハンクス監督作!
いい映画作りますね~(^-^)/

時代風景や音楽やテンポの良さ!ポップで分かりやすくて面白かった(^-^)/

ジャズドラムもいいなぁ~(^-^)/😆
無

無の感想・評価

3.3
電気屋の息子でドラマーのガイは骨折したメンバーに代わり「ワンダーズ」としてバンドのコンテストに出場したところ優勝、あっという間に地元の人気者になった彼らはプロ契約を勝ち取りヒットチャートを賑わし映画出演も果たすが…

若い頃のトムハンクスを目当てにジャケ写の感じから主人公だと思って鑑賞したら全然違った…笑
ベタでありがちなラブもありの青春映画だけど熱血じゃなくてゆるくてちょうど良いテンポで進む60年代の建物やクラシックな衣装にレトロな家電がどれもオシャレで観ていて楽しい作品。
リヴ・タイラーがマイルドなアン・ハサウェイに見えてしょうがないw
各自キャラが立ってて特にオリラジの藤森みたいなスティーヴ・ザーンのチャラ男っぷりがいい味を出してる。
青年達のひと夏のきらめきが詰まった良作!
you〜🎶が頭から離れなくなる中毒性の高いサウンド🔊を初めて聴いたのは、ψ(`∇´)ψシャカラビッツがリリースした15年前くらい。この曲でシャカラビのファンになったんだけど、カバーと知らず。まさか映画から、トム・ハンクス氏監督とは。。そしてかなりの重要キャストとしても出演していて、劇中歌の作詞にも絡んでたり。。変態だ!天才的な変態だ😄
シャカラビUKIさんの甘辛い声とパンクビートな楽曲に慣れていたせいか、オリジナルは少しスローな感じで少し戸惑ったが、そこは作品の時代背景に沿った🎙オールディーズで。
田舎町から誕生したワンダーズが『That Thing You Do!』で🇺🇸全米チャートTOP10入りする快挙を成す。🚌ツアーの雰囲気や当時の何の演出もない殺風景なステージなんかもある意味リアル。そんな音楽一辺倒な作中には💕LOVEも投入されてはいるものの、もう一つ二つ起伏があっても良かったんじゃないかと。というか、もう少しこの作品が醸す雰囲気に酔っていたかった。それくらいの強いパワーが込められ、素晴らしい曲を生み出した快作。リヴ・タイラー氏がとってもキュートで愛らしい。トム・E・スコット氏のデビュー作。ストーリーポイント3.0、音楽4.8、割って3.9ポイント😆
60年代のバンド青春物!

トム・ハンクスはバンドマネージャー役で出演
奥さん、息子さんもちょい役で出ているそう

架空のバンド「ワンダーズ」の成功と終焉の物語

当時は創成期であり数々のバンドがしのぎを削り解散、結成を繰り返していたそうで、バンドの寿命が2、3年と言うこともざらだったそう
バンドあるあるも満載です!

特筆すべきは、架空のバンドではありながらちゃんとオリジナル曲を作りそれがまた中々いい曲!
当時、ヒットしていた曲といわれたら納得してしまう出来!
月

月の感想・評価

3.5
やっぱりバンド映画は良いなあ。
音楽もとても良かった。耳に残って心地が良いね。
>|