ファイティング・テンプテーションズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ファイティング・テンプテーションズ」に投稿された感想・評価

自分が小学生くらいの頃に洋楽好きの父に勧められて、良く見てた記憶がある映画です。
久しぶりに見返したくなり、DVDが安くなっていたこともあり購入して見たのですが、やっぱり歌が最高ですね…!!
映画の技術が進歩した現在の作品と比べると、演出や脚本が少しチープっぽく感じますが、それ抜きで面白い作品でした。ビヨンセの圧倒的な歌唱力はもちろん、聖歌隊のゴスペルも聴き応えばっちりでした
Love your enemies, it will drive them crazy.

誘惑と戦う

仕事を首になったキューバ・グッディングがおばの葬儀のため、ジョージアに戻る。教会での葬儀が彼に昔を思い出させる。
おばの遺産を相続するためには教会のゴスペルチームを優勝させる必要があったのだが…

ビヨンセも出ていて、音楽が非常に良い元気が出る映画でした。歌もダンスも力強い。
お気に入りは床屋のシーン。
犬

犬の感想・評価

3.2
カード

叔母の遺産を狙うお調子者の男が、田舎町の聖歌隊を率いてゴスペル大会優勝を目指すコメディ

金儲け

ゴスペルから始まる

少し笑えた

歌が楽しい
ストーリーは普通かな

田舎
人々との交流が印象的でした
エンタメまっしぐら。
王道のなかの王道。

コンテストがあっさり優勝というのが評価しづらくさせているのかも。
つまりすんなりハッピーエンドになりすぎやろがーいっ!って感じ。

とはいえ曲は良いしノリは良いしゴスペルスピリッツ全開だしで楽しい作品です。
gm

gmの感想・評価

2.8
久しぶりに鑑賞。
正直、映画としては、冴えないコメディ。
だけどゴスペル映画なので、歌と終わりが良ければ良いんだろうな。きっとね。
音楽だけならスコア4は超える。

この映画のヒロインはビヨンセ。ビヨンセはここで歌っているビヨンセしか知りません^^;

サントラには入っていないけれど、この映画で最強にカッコいいのはシャーリー・シーザー(というゴスペル界の女王らしい)が葬儀で歌う鎮魂歌。
信仰心は全くないけれど、シビれます。
(ちなみに動画を見つけたので https://youtu.be/kMH41ivT32M )

そしてコレも好き。 https://youtu.be/8ljr_wZKMK4 
ゴスペルっていうのは、曲よりも歌詞が大事らしいよ。 

劇中は勿論ビヨンセが沢山唄っています。演技力は全くありません。っていうか、私は全然わからないんだけど、ゴスペル歌手とか沢山出ているらしい。歌さえよければ演技力なんて必要ないよね。笑
ian

ianの感想・評価

3.8
オージェイズ好きだったからサプライズ!
最初の掴みが良い、わかりやすい流れだけど、歌手が豪華だから何も文句ない。
ジョン

ジョンの感想・評価

4.0
ビヨンセがほぼ主役の若かりし頃の映画

こんな若い時から色気ムンムンサイコー
くぅー

くぅーの感想・評価

3.6
ニューヨークで一応は成功した男が叔母の遺言により、故郷のジョージア州の田舎の教会のゴスペル・クワイアを、コンテストで優勝させようと奮闘するコメディ。

まぁ、既視感ありまくりの展開は物足りなさを感じるかもだが・・・あのMTV製作ならではの、豪家なソウルフル・ボイスの共演がきっちりそれを補っているのだった。

まずは、ソバージュ美人の歌姫ビヨンセの歌声にはやはりクラクラし・・・魅惑のハーモニーのオージェイズを筆頭に、フェイス・エヴァンスにアンジー・ストーンにヨランダ・アダムスにモンテール・ジョーダンらの顔ぶれは、R&B好きにはたまらなくて、思わずニンマリ。

そう、キューバ・グッティング・Jr.は、ナビゲーター的な熱演になってますが・・・エンドロールで、確かにある意味で最高の演技を披露していて、ニヤリ。
お約束の王道パターンでもやっぱり好きなタイプの作品でした。ビヨンセのキュートさは言わずもがなですが、フェイス・エヴァンスも素敵だったし、ブラックミュージック愛好家にはたまらない豪華な布陣。アンジー・ストーンとかエディ・レヴァートら大物シンガーがいるのに「君がいなかったらただのお笑い集団だ」とリリー(ビヨンセ)に言い切ってしまうのもスゴイ。この頃からビヨンセはそんなにも特別扱いだったっけ?今思えばキューバ・グッティング・Jr.はジェイ・Zっぽい顔なので、妙に生々しい感じもしました。あと、モンテル・ジョーダン笑えました!
天使にラブソングを…のような感じ。ただしゴスペル中心。

主人公が脇役っぽく見える。
さすがビヨンセ。彼女がいるから、この映画成り立ってんじゃないかな。
>|