哀愁の湖の作品情報・感想・評価

「哀愁の湖」に投稿された感想・評価

yadakor

yadakorの感想・評価

1.0
会話シーンばかりで移動シーンが無く、景色を映すという考えが見えない カット間に字幕で地名出したりしててまだまだ40年代感ある
正直このくらいの時代までの映画ってウィキでストーリー見ればそれで十分なの多すぎる
ラストもメチャクチャで、酷い映画
t

tの感想・評価

4.0
2人きりになりたい、という果てしない独占欲が行き着く先の悲劇。
嫉妬に狂う女を演じきるジーン・ティアニーの冷たい眼と赤い口紅、ぞっとする美しさ。
常に高低が強調される室内レイアウト(この時代のハリウッド作家は本当に立体感に意識的な気がする)や練り上げられた脚本がまた魅力。
何より、湖で泳ぐ子どもの後ろをサングラスをかけた彼女が舟でついていく、という図が恐ろしすぎて当分頭から離れないだろう。

このレビューはネタバレを含みます

ラストの夕暮れの湖が本当に美しい。この作品だけはスクリーンで見るチャンスがあれば絶対に見たい作品だ。リチャードに愛する父親の影を求め彼を独占しようとし彼の周りのものを全て引き離していこうとするこの愛の形はなんと哀しいんだろう。ジーン・ティアニー以外の女優にこの役を演じることは出来ないんじゃないかな。死んでからもリチャードを支配しつづける執念がジーン・ティアニーが画面から消えたのにも関わらず感じさせるのはさすがだ。リチャードの弟をボートの上で見殺しにするシーンやリチャードとの間のお腹の中の子供までも憎み自ら階段から落ちて殺そうとする様子などいつまでも頭に残り続けるだろう。
これはショッキングだ!
ジーン・ティアニーが嫉妬の権化と化す!
コーネル・ワイルドに近づく人間を次から次へと葬り去るノワール!
ラスト、ハッピーエンドと言い切っていいのだろうか…