レベッカの作品情報・感想・評価・動画配信

「レベッカ」に投稿された感想・評価

レベッカは一切出てこないのに主人公はレベッカ。桐島部活やめるってよの原型ってこれなのか?

このレビューはネタバレを含みます

Netflixでリメイクが配信されてたので、まずオリジナルからと鑑賞。
使用人の主人公が旅先で富豪と運命的に出会い、互いに恋に落ち、結婚。冒頭はロマンチック映画の展開。しかし、夫には事故で失った先妻がおり、彼女の影響は、未だに彼らが居を構える邸宅マンダーレの至る所に、また、人々の心に残り続けていた。
マンダーレを取り仕切るダンバース夫人を始めとした周囲の人々から受ける先妻との比較、時折みせる夫の不可解な行動が次第に主人公を追い詰めていく、そして、ある事件をきっかけに先妻の死の真相が明らかになり、物語は急展開に。

主演のジョーン・フォンテーンが上手い。冒頭の恋愛映画のような展開では初心で可憐な少女を、中盤でダンバース夫人に日に日に追い詰められる姿はまるでホラー映画のヒロイン。
そして終盤は夫を支える強い妻へ。
物語の展開と主人公の成長にあわせて見事に演じ分けていた。

また、演出がすばらしく、あえて見せないことで、観客の想像を掻き立てます。最近の映画なら簡単に回想シーンを挿入しそうなレベッカの記憶は、すべて役者たちのセリフ回しのみで表現。

そしてダンバース夫人が怖すぎる。白黒なので余計にホラー感がでていて、まるで悪魔のよう。

正直、オリジナルが素晴らしすぎて、Netflixの新作を見る気がしない。
Yoko

Yokoの感想・評価

3.6
どんな内容なのか、どうなっていくのか全然わからなかったけど、最後はこうなるんだと思う感じが面白かった。
J・フォンテイン演じるヒロインが、リビエラ旅行中に英国紳士マキシムと出会い、彼の後妻としてイギリスの屋敷にやってくる。だがその屋敷では、マキシムの死んだ前妻レベッカの、見えない影が全てを支配していた……。ヒッチコックの渡米第一作となったゴシック・ロマン。
2021.03.05
M

Mの感想・評価

3.6
名無しの主人公が、旅先でマキシムと出会い共にマンダレーへ行くことを決意する。マンダレーで過ごす日々の中で、今は亡きマキシムの前妻・レベッカの影に精神的に追い詰められていく。
ここからの展開が想像していたものと違くて最後は声出た!一度も登場しないにも関わらず物凄い存在感のあるレベッカと、名前が出てこない主人公。おもしろい〜。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.8
レベッカの存在感よ!

主人公が旅先で出会った紳士に
見染められ結婚するのだが、
彼の大屋敷に向かうとそこは
亡き前妻の影が…

いやー、面白かった。
展開も早くて飽きないし、
どんどんサスペンス性が
増していくのはヒッチコックって
感じでワクワクするし。

最後はまさかの展開だったけど
終わり方は好みでした。
しかし、あの家政婦
ただ者ではないですね。

モノクロなのに色が
見えてくるような
不思議な感覚にさせてくれる映画でした。
二時間ドラマの原型って感じ。ホッパー夫人が面白かったので、仮装パーティーに来てほしかった。
momo

momoの感想・評価

3.7
『風邪と共に去りぬ』の翌年公開、同じセルズニック製作。そのせいかオープニングの雰囲気が似ているような?だけど内容は全然!怖かった〜💧

人を愛する気持ちは、人を強くもすることを学んだ。
ゴシックロマンの傑作。最初は二人の会話でフォンテインが地雷をどんどん踏んでるのが、オリヴィエの表情の変化でわかるけど、なぜ地雷なのか見てる側にもその場ではわからない。ヒッチコックはヴァン・ホッパー夫人の手紙のように皮肉なユーモアを忘れていない

このレビューはネタバレを含みます

超やな女なのに誰かに熱狂的に愛される人っているんだよな…レベッカめ。
追い詰められていく様が本当にわかりすぎてつらい。
オールオッケーではないけどとりあえずこれでよかったよね…
ヒッチコックってなんでこんなにそわそわさせるんだ…
>|