多羅尾伴内 十三の魔王の作品情報・感想・評価

「多羅尾伴内 十三の魔王」に投稿された感想・評価

警官の格好してるだけであっさり個人情報得られるとか、どう見てもインド人じゃないだろとか、いろいとあるけど突っ込んだら負けな映画。

いいんです顔がデカくても。
いいんです足が短くても。
競馬がらみの犯罪かと思ったら、兄弟の復讐劇だった。
冒頭の競馬場のシーンで実況しているアナウンサーは、竹脇無我のお父さん。

【決め台詞】
ある時は、競馬師
ある時は、私立探偵
ある時は、画家
ある時は、片目の運転手
ある時は、インドの魔術師
ある時は、老警官
しかしてその実体は、
正義と真実の使徒、藤村大造