#高倉健に関連する映画 57作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

〈『黒い雨』の同年に〉  太平洋戦争によって振り出しに戻った日本とアメリカの関係。云わばその「黒い雨以降」についての…

>>続きを読む

松田優作の遺作って事で、少々過大評価されているのでは?と、厳し目線で臨んだ本作ですが、いやぁ楽しかったです。 優作が…

>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ

上映日:

1977年10月01日

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「もし、まだ待ってくれるなら、黄色いハンカチをぶらさげてくれ」――― 第1回日本アカデミー賞作品賞、キネマ旬報ベストワンなど、1977年度の映画賞を独占した山田洋次監督の代表作のひとつ。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

不器用だけど信念は強く、犯した罪を償い愛する妻の元に今向かう。 刑期を終え、街に出てまず飲食店に入りビールを味わう。…

>>続きを読む

高倉健の出演作、初鑑賞。 日本アカデミー賞の第1回の作品賞・脚本賞・監督賞で最優秀獲得。 1970年代の作品で、時…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

経営していた工場が倒産したことで妻子に去られ失意の中にいた沖田が、友人で元過激派闘志の古賀と自身を慕う元従業員の大城と…

>>続きを読む

新幹線ひかり109号に爆弾が仕掛けられた! 「で、どこで停車するんです?」 「止められないんだ。 80キロ以下…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

高倉健さんの最後の主演映画である。 公開当時、本作に関連した日本経済新聞電子版「高倉健のダイレクトメッセージ」愛読して…

>>続きを読む

" 放浪 " と " 旅 " の違いとは… ロードムービー大好き…🎥 私が観る数少ない邦画の一作。 愛を確かめる1…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

息子と上手くやれなくて疎遠になっている男(高倉健)。 息子の命が長くないと知った彼は息子がやり残した仕事、つまり"単…

>>続きを読む

妻を亡くしてから、漁村でひっそりと暮らす老いた男(高倉健)。長年音信不通だった息子が重病に倒れた事を知る。 中国の仮面…

>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)

製作国:

上映時間:

112分
3.7

あらすじ

直木賞を受賞した浅田次郎の短編小説を高倉健主演で映画化したヒューマン・ドラマ。北海道の幌舞線の終着駅である幌舞駅で、不器用にもまっすぐに鉄道員として生きてきた定年間近の乙松は、ある少女と親…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リバイバル上映‼︎ 原作は浅田次郎の短編小説。 1999年、第23回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男…

>>続きを読む

高倉健が最強に渋い! 雪国を走る鉄道も最高にかっこいい! 北海道の幌舞駅にて、鉄道員として生涯働き続けた佐藤乙松 …

>>続きを読む

八甲田山

製作国:

上映時間:

169分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

午前10時の映画祭で4Kリマスター版を鑑賞。演技、物語、音楽、どれも重厚というにふさわしく、当時のロケの過酷さを想像す…

>>続きを読む

真冬の重装備やから誰が誰だか見分けが…。 公開当時、月に一回父親に映画に連れて行ってもらうのが楽しみでした。 今作も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ツッコミどころ満載!というより ツッコミどころだけで、出来ている稀有ない作品! もう、その限りでは、名作!?😁と呼…

>>続きを読む

WOWOWオンデマンドで。 ジョンウー監督「マンハント」の元ネタだというのでみてみたけど…ん❓ どうも本作が中国で最初…

>>続きを読む

健さん

上映日:

2016年08月20日

製作国:

上映時間:

95分
3.7

あらすじ

2014年11月10日、日本映画のひとつの時代が幕を下ろした。“最後の映画スター”高倉健、逝く――1960年代のプログラム・ピクチャー全盛期に任侠映画のブームを牽引し、映画館に詰めかけた観…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「1番好きな日本の俳優は?」と聞かれたら、迷わず答える。 「高倉健!」と。 いや、それ以上に、僕なんかがおこがまし…

>>続きを読む

目は、口ほどにものを言う。 健さんの眼力。 瞳に宿っているもの。 情念、憂い、愛情、優しさ、敬意、生命力。 多く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

元自衛隊の特殊工作員の味沢が、ある虐殺事件の生き残りで記憶喪失の少女・頼子を養女として引き取って保険外交員としての生活…

>>続きを読む

2016年感想。角川映画40年、高田宏治脚本特集ということで再見。真面目に全部見てみると、とにかく大味。そして、従来の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

警察官としての実直さや責任感の強い人物像が高倉健とハマっていてとても良かった。 高倉健が素晴らしかったのは勿論だが、…

>>続きを読む

明日は大型台風が上陸、電車がすべて止まり映画館も予約を受け付けないと知らされ、観たい映画が多過ぎて追いつけていない状況…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

闘志無きものは去れ! ブロ野球、メジャー共に 開幕しましたね(^^) そこでメジャーから プロ野球にやってきた 「ガ…

>>続きを読む

健さんが「殺すぞ」という目つきで主人公を見るのがカッコよかった! Youは何しに日本へ?左遷されてヤンキースから中日…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「日本沈没」「八甲田山」などの森谷史郎監督による歴史映画。キャストは高倉健、吉永小百合、米倉斉加年などなど 5.15…

>>続きを読む

健さんが好きな私が見逃していたドラマ。まあ、史実と云っても良いと思われる作品で日本人なら是非鑑賞してほしい作品ですが、…

>>続きを読む

無宿 やどなし

製作国:

上映時間:

97分

ジャンル:

3.3

おすすめの感想・評価

本日3月24日は私の永遠の憧れ、梶芽衣子さんの70歳のお誕生日です! おめでとうございます! 日活から"ポスト藤純子…

>>続きを読む

傑作。 物語の下敷きになっている「冒険者たち」(監督:ロベール・アンリコ 主演:アラン・ドロン 1967年)に比べる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

最近、昭和の任侠映画しか投稿できてなくて申し訳ありませんが(笑)、もう少しだけお付き合いください_(:3」z)_ …

>>続きを読む

何気に初めて高倉健主演の映画を観たかも。『仁義なき戦い』などの実録ヤクザ映画が作られる前の任侠映画で、いい意味でも…

>>続きを読む

マンハント

上映日:

2018年02月09日

製作国:

上映時間:

110分
2.9

あらすじ

酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。現場には自身の指紋が付いたナイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

殺人の濡れ衣を着せられた弁護士と追う刑事が交錯する物語。 ジョン・ウー独特の既視感溢れるアクション劇はセルフパロディ…

>>続きを読む

こりゃあ、中々凄い映画… 勝手に全然違う内容を想像していた。 お金は掛かっていそうだが 満足度は反比例であろう。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

また、名作に出会ってしまった。 続けて2回観た。😊 先日、「幸福の黄色いハンカチ」を鑑賞後に、Filmaの新しい機能…

>>続きを読む

【北海道に訪れた春】 山田洋次×高倉健×倍賞美津子 が送る北海道を舞台とした恋愛ドラマ。 母と息子が暮らす家にあ…

>>続きを読む

日本侠客伝

製作国:

上映時間:

98分

ジャンル:

3.6

あらすじ

深川木場で運送業を営む木場政組と沖山運送株式会社は、何かと反目していた。というのも、沖山運送が汚い手で、木場政組を妨害しているからだった。小頭の辰巳の長吉が除隊し、帰ってくると、組の衰退を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京の下町、深川木場に古くから根強い地盤がある「木場政組」と新興の沖山組の2つの材木を運び出す運送業者(ヤクザ)とのい…

>>続きを読む

清水の次郎長などのチョンマゲやくざと、『仁義なき戦い』以降の現代ヤクザとの中間の時代に位置する任侠モノ。 決して暴力…

>>続きを読む

冬の華

製作国:

上映時間:

121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

関東の東竜会幹部・加納秀次は、会長の坂田の命令で、関西に寝返った兄貴分の松岡を殺害。殺された松岡には3才になる洋子という一人娘があり、加納は舎弟の南に洋子を託して旭川刑務所に服役する。加納…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

健さんがかっこいい♡初期の任侠物は2作も観れば飽きちゃう。これはちょうどヤクザ映画最後という頃で1978年作品。42年…

>>続きを読む

本作は高倉健定番のヤクザ映画だが、これまでの作品とは違う彼の持つ無口で哀愁漂う雰囲気がどハマりしているとても好きな作品…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

鹿児島の南の果てで、漁師・山岡(高倉健)と妻の知子(田中裕子)は40数年お互いを支えあいながら静かな暮らしを続けていた…

>>続きを読む

先日、帰り道で。。 片方の手は仲良く手を繋ぎ、もう片方の手は二人とも杖をついて歩く老夫婦とすれ違いました。 おじいちゃ…

>>続きを読む
>>|