女囚さそり けもの部屋の作品情報・感想・評価

「女囚さそり けもの部屋」に投稿された感想・評価

てふ

てふの感想・評価

3.0
アト6での特集を聞いて気になった。主人公さそりの極めて少ない台詞数(恐らく3語)でも、作品として成り立つことは興味深かった。また物語展開の省略も大胆。東映の杜撰な脚本によるものなのか、劣化したフィルムの欠損によるものなのかは分からないけど笑。地下鉄にて刑事の腕を切り落として逃げる冒頭場面が山場かな。李麗仙の衣装もかなり尖ってる。

新文芸坐 梶芽衣子特集にて
一

一の感想・評価

-
成田三樹夫の腕をばっこり切り落として、かけられた手錠にその腕をぶら下げ渋谷の歩道橋を疾走する梶芽衣子。すごいつかみ。終始警察はすっごいバカだけど、そのあとも気合いの入った名場面の連打で最高。李麗仙のマンガみたいな魔女っぷりやばい。
普通に生きていく事のできない、腕がなかったり、脱走犯だったり、兄弟姦をする、異形の人々達の友情であり、復讐劇
それに対して、おそらくゲリラロケで撮影された普通の人々で構成される街中の場面が良い、梶芽衣子に見向きはするものの関わろうとはせず、異形の人々に関心があるのは同じく異形の人々だけなんだなあ、と
三作目にしてついにホラー映画に。
墓場で成田三樹夫の腕を咥えてる画がヤバすぎる。
後半は娼婦の怨霊に取り憑かれて殺人行脚始めるし何なんだ…。
プレッシャーで李礼仙を精神崩壊させて(白い包帯の滝!)成田三樹夫を縊り殺させるのとかもう怖すぎ。

下水道に落ちるマッチがどんどん増えていくシーンが素晴らしく幻想的。
火責めおっ始めるのもケレン味があるし悪役やってる成田三樹夫の面構えはやはり最高なのでたまんないっすね。
MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

4.3
もう冒頭から驚きで、
口があんぐり(((((゜゜;)

刑事に手錠をかけられて、
腕を切り落とし、
切り取った腕を手錠につけたまま、
全力疾走。
墓場の墓石でギコギコ擦りながら、
手錠をはずそうとするなんざ、
ホラーです。
大笑いです❗

墓場で出会った、
ゆきに助けられるが、
凶悪な警察に終われ、
地下水路に逃げ込むが、
なんと❗警察はガソリンを流し込み、
焼き殺そうとする。
火が消えるまで水の底に潜り込む、
ジャックマイオールかっ❗
そんなに息が続くなんて(((((゜゜;)

腕を切られる刑事は
成田三樹夫。若い!懐かしい!

壮絶な映画の内容に、
よく映倫にふれなかった。
と、驚き👀‼

スプラッターホラーですよ。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
オープニングアクトでの地下鉄からの渋谷の陸橋全力疾走シーン。
このシーンだけでもこの映画を見る価値があるw
もちろんツッコミどころは満載だが、この狂気の発想は最高である。
その後、墓場で手錠を削り落とすシーンはもう笑っちゃうほどの狂気。
そうしたハンパねえシーンを超絶美女の梶芽衣子さんにやらせるところに意味がある。

ただ残念なことに、ストーリーは若干微妙である。売春婦のユキと知り合うのだがアホになってしまった兄の介護もするし兄の子も作るしという、いろいろ??がつく設定なのだ。

その後、紆余曲折を経ていよいよ「けもの部屋」に入れられるさそりだが、入れられる理由も脱出する理由もなんだかあやふや。最終的にまた女囚となるのだが、いつ捕まったのかよくわからんくらい端折ってある。つまり物語の流れがまったく伝わってこないのがツライところだ。

ただね、冒頭のシーンといい、マンホールの中のシーンといい、当時のいい感じの渋谷が出てきてこれまた雰囲気は最高である。
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

4.0
手錠でつながれた刑事の腕切り落としてそのまま街に逃走する始まりから最高。下水に潜んださそりにマンホールからマッチ落として呼びかけるさそり〜!って声こびりつく
冒頭からぶったまげ。
梶芽衣子は美しい。

呑み屋の撮り方、トルコ風呂の店前の談笑、やくざ達のコミカルさ、

飽きずに観れる。
SimaFil

SimaFilの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

昔の女優で誰が一番美しいかと聞かれたら、真っ先に梶芽衣子の名を挙げる。

そんな美しい梶芽衣子がイメージからは想像できない役を演じるのが、さそりシリーズ。

シリーズの中でも、けもの部屋は内容がグロい。個人的には監禁されてから脱出するまでのエピソードを充実させて欲しかった。パルプフィクションの脱出シーンぐらい充実していたら、まさにけもの部屋だったかも。

時代を超えてのディレクターズカットを待ち望む。
Pistolstar

Pistolstarの感想・評価

3.4
本作はあんまり女囚ではないけど、試練の多い人生に圧倒される。
>|