クレージーの大爆発の作品情報・感想・評価

「クレージーの大爆発」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.1
あーっ勿体無い!前半は最高に面白いのに、後半がグズグズだなぁ。
初見から出だしはめちゃくちゃ楽しく見たんだよ。クレイジー版・黄金の七人としてメンバー全員で銀行の金塊強奪を狙う。
植木等が元三億円事件犯人の大金持ち。過去の実績を買われ犯罪組織から金庫破りの依頼を受ける。
ハナと犬塚が土方。桜井が銀行印。石橋が銀行の元設計士。安田が植木の秘書。
で、谷啓の運営する歯医者から地下を掘り進み銀行の床を破る。

この人集めをして、作戦実行するのはテンポも良くてホントに面白い、
穴掘りのダイナマイトの爆音を誤魔化す為に、いしだあゆみが地上で歌謡ショーが行われるとか、最高にイカしてるわ。このシーンが日比谷シャンテ前なんだよね。

で、見事金塊を奪うが裏で暗躍する犯罪組織に裏切られ、横取りされる。
この辺りから話がスッゴイ雑になりテンポが落ちる。

警察との追いかけっこも変に長い。敵の水爆を積んだ飛行機を奪うが、富士山に不時着して篭城。
さらわれてロケットで脱出。
なんかゴチャゴチャなんだよなぁ。富士山のシーンもダレるよなぁ。あそこで篭城は無いよ。ストーリーが止まったもん。

でラストも正直投げっぱなし。広げに広げた風呂敷が畳めなかった印象。
もし後半がテンポ良く綺麗に収まったたら、大冒険に匹敵する完成度になったかもしれないのに。つくづく惜しい。

因みに特撮は爆発ショウちゃんこと中野昭慶だぞ!
帝国劇場(で撮影しているらしい。『クレージー映画大全』より)
特技監督:中野昭慶。そしてタイトル。皆さん、もうお分かりでしょうか。本作はクレージー映画でありながら、中野爆発も観られるのです!

しかし肝心のクレージー映画としての内容が残念でした。クレージーキャッツ全員で銀行から金塊を盗み出すものの、悪の組織に狙われてんやわんや、という内容なのですが、以前のシリーズで観たことがあるような気がします。というより、単にマンネリ化が進行してしまったのでしょう。変に政治的なメッセージ性が強いのも個人的にはマイナスポイント。とにかくお話は微妙でした。

しかし特撮には凝ってます。無駄に火薬量が多くて見応えたっぷりでした。飛行機が不時着するシーンも良かったです。本筋とは関係のないところで盛り上がれる映画でした。