メカゴジラの逆襲の作品情報・感想・評価・動画配信

「メカゴジラの逆襲」に投稿された感想・評価

Hewer

Hewerの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

とあるUMA研究家がチタノサウルスの話をしていたが、これはそのチタノサウルスと同じなのか?ここから来ているのだろうか?しかし、ティタノサウルスと言う草食の恐竜をチタノサウルスという肉食の恐竜として当時勘違いしただけなのか?謎である。

サイボーグ化したヒロインが死ぬことで、メカゴジラが止まるというのはどこか今風なストーリー運びだなと思った。
監督 本多猪四郎
特技監督 中野昭慶

前作のキングシーサーの感じから変わって今作は重めのヒューマニズムを入れてくるあたりはさすがの本多猪四郎。

メカゴジラ2のミサイル全弾発射攻撃はいい。カッコイイー!

美少女とロボットの親和性はここから?

あらすじ
地球侵略を目論むブラックホール第3惑星人ムガールは恐龍チタノザウルスの研究で異端扱いされた真船博士を利用してメカゴジラを復活。真船博士の娘、桂はチタノザウルスのリモート操作事故で第3惑星人の技術によりサイボーグ少女となって生きることになる。
人が人を追い込み、虐げ、抹殺する酷い行いへの復讐劇がサスペンス調で進んで行きます。

藍とも子と佐々木勝彦のメロドラマを堪能しました。
tsuzuran

tsuzuranの感想・評価

3.0
ゴジラシリーズで1番適当に観てしまった
ゴジラピンチやったんは覚えてる
レディープレイヤー1先に観てたから、これの前のメカゴジラの時からこれがあのメカゴジラかーおもてた
昭和最後のゴジラはメカゴジラ再登場。人間ドラマ部分多め。ゴジラの登場シーンから怪獣の見せ方はなかなかで。メカゴジラの狂気の連続攻撃は変わらず凄いけれどほぼ動かずで惜しい。ラストシーンが素敵。
2021/1/22 Netflix
maebom

maebomの感想・評価

3.6
メカゴジラの残骸を探していた潜水艦が、昔学会を追放された真船博士がコントロールしているチタノサウルスに襲われる事件があり、博士の家を訪ねると娘から博士が五年前に死んだことを告げられる。
実は生きていて宇宙人と手を組んでいた博士がメカゴジラを二号機としてパワーアップさせて修復しており、チタノサウルスと共に横須賀を襲う!という話。

今作は観客動員数がワーストらしいのですが、
主人公っぽい一ノ瀬と博士の娘桂の恋愛とかも絡んで人間パートも面白かったですし、
特撮シーンも指ミサイルで地面陥没したり前作よりもド派手でかなりよかったです!

自分自身前評判だけは知ってて何となく観ておらず、今回初めて観たのですがめちゃよかった。
メガロで失敗したのがよくなかったのかな...

娘の手術シーンで胸出す意味あったんだろうか...そこだかはひっかかりました。

チタノサウルスの鳴き声が何か怖くて、尻尾から出す風もそうだけどキック力すげーなって感じです。ゴジラがポーンと飛ばされていく。
メカゴジラ2は前作と同じく首もいで終わりかと思いきやそこからめちゃくちゃ強力な光線出すなど意表を突いてきてよかった。

本作からリニューアル版のゴジラ(1984)までは新作が出ることがなかったのと、ゴジラ二代目は本作が最後の出番。
ラストシーンの海に帰ってくシーンは何となくウルッと来ました。
Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

3.5
本多猪四郎監督作品、オトナ向けダーク路線

ムガール人がチタノサウルスと修復したメカゴジラを操る。ゴジラは2対1のハンデ戦、メカゴジラとゴジラの造形は最高に良い。
平田昭彦がマッドサイエンティスト👨‍🔬で登場、ムガール人に担がれてなんと、亡くなった娘をアンドロイドにしてまで人類に復讐をしようとする。

最大のビックリは明らかにニセモノだけど、手術シーンにてかなり生々しい藍とも子の胸の露出シーンがあったところ🤭、ゴジラシリーズ唯一ではないか😅
昔見た時はホンモノだと思ってました😆

今回のゴジラはかなり強い格闘家風味と恐らく無属性と思われる熱線攻撃の組み合わせで、遠距離攻撃と近距離攻撃を混ぜてハンデ戦を切り抜ける、、なんというアジリティの高さ、、
そしてメカゴジラの頭は飾り物だった事件を経て、無属性熱線でムガール人🛸🛸🛸も葬る無双ぶり

ラストの夕陽❓浴びて海に帰る後ろ姿見、最高にかっこよかったぜ‼️

さらば昭和ゴジラよ❗

余談
やっぱり昭和メカゴジラ最高レベルにかっこよい。
シンメカゴジラかハリウド版メカゴジラがとても見てみたい❗
たろさ

たろさの感想・評価

2.5
前作ゴジラに敗れたブラックホール第三惑星人は破壊されたメカゴジラを回収して修理していた。一方チタノザウルスという新種の怪獣も登場。ゴジラはメカゴジラ、チタノザウルスと戦う。

今作も前作に引き続き大人路線。博士の人間への復讐、揺れ動くサイボーグの乙女心が描かれる。ゴジラシリーズ初の恋愛描写も見られるけど、ゴジラシリーズでやらなくてもいいと思う。人間パートが長すぎる。

ゴジラシリーズで唯一ゴジラの名を冠していない作品。
チタノザウルスの風攻撃はおもしろい。メカゴジラは相変わらず色々なものをぶっ放していて派手でおもしろい。
おっぱいが出てくるのはちょっとビックリ。偽物だけど。
ゴジラシリーズワーストの観客動員数97万人を記録。今作で昭和ゴジラシリーズはおしまい。次作の「ゴジラ(1984年)」まで9年間休止する。
特撮の場面のパワーアップが見てわかるくらいで感心してたんですけど、昭和シリーズはこれが最後になってしまったんですね。
メカゴジラⅡだけでなくチタノザウルスすらも人によって操縦され、その2匹に1匹で立ち向かったゴジラ。 過労死するって…
敵2匹どっちもデザイン良かったです。
りょー

りょーの感想・評価

3.1
昭和ゴジラシリーズ15作目
にて昭和ゴジラの最終映画

前作のメカゴジラがパワーアップして帰ってきた(あいも変わらず悪だが)

ゴジラとメカゴジラの戦闘シーンは火薬の量多めにて激しく感じる

この頃になると私が子供の頃よく観てた平成ゴジラに形が揃ってくる

ラストは悲しめ…
>|