三大怪獣 地球最大の決戦の作品情報・感想・評価

「三大怪獣 地球最大の決戦」に投稿された感想・評価

キングギドラ初登場。シーンがあちらこちらに飛び、5つくらいのシーンが同時進行しているのに分かりやすい。頻繁に吹き飛ばされるモスラと岩を投げ合うラドンとゴジラが好き。キングギドラが逃げて終わりという点がややカタルシスに欠けるが、ゴジラシリーズ屈指の傑作である(まだ5作しか観てないけど)。
ゴジラシリーズ屈指の強敵、キングギドラ初登場作。
ゴジラ、モスラ、ラドンの三匹が力を合わせてギドラに立ち向かうストーリーですが、それよりもミニチュアの精巧さが印象的でしたね。

ギドラに蹂躙されて破壊される街並みや、ゴジラが倒された時に崩落する大きな橋など、かなりリアルに作られていたと思います。円谷英二率いる特撮班の仕事っぷりが影のMVPでしょう。
母お腹に居たときの作品
キングギドラの出現シーン 破壊シーンがすばらしい
負けない位すばらしいのが
ボンドガールの 若林映子
ゴジラ映画に美女ありってとこかな
ss

ssの感想・評価

-
モスラがゴジラとラドンを説得するってよ!
地球、日本で大暴れしているけれど、人間介入する余地無し!(笑)

日本語で説得しているのを通訳してくれたけど、なんか、まぁ、雰囲気でもわかるわ(笑)

「自称金星人」が何か言ってるとニュースで流れる。
何だかんだで、もうこの日本はゴジラとか金星人と共存しており、受け入れている雰囲気が好きだ。

ビームでゴジラのお尻がジュッ!ってなってゴジラ「あひゃっ!」ってなってお尻隠してた。
哀愁あってたまりませんな。

2018/2/11
カマ

カマの感想・評価

3.5
ギドラ初登場。そしてピーク。後は坂道を転がるように転落していく怪獣生。誕生からかっこいい。
チェケ

チェケの感想・評価

3.5
「マアス・ドオリナ・サルノ(まあ素通りなさるの)王女」というネーミングセンスが良い。クレしんの「売間久里代(うりまくりよ)」に通じる。怪獣が字幕で会話する演出は賛否両論だと思うが個人的には好き。
motutya

motutyaの感想・評価

4.0
今のところ見たゴジラシリーズの中で一番面白かった!
後半のキングギドラを倒すためにモスラがゴジラとラドンを説得するシーン笑った。
ゴジラは所謂平成ゴジラから入ったので怪獣たちが字幕で会話してて子供心に無いわと思った。

キングギドラの造形はこの頃すでに完成してて、首もウネウネ動いて特撮好きにはオススメ。

シンゴジラから入った人は間違っても見るな。
傑作。
ゴジラ、ラドン、モスラが話し合い、人間たちといちおう和解して、強く美しい宇宙超怪獣キングギドラと戦う、怪獣映画の集大成的作品。ゴジラ映画はここで一段落するのだ。
以後、ゴジラは宇宙人に操られたり、人里離れた島でひっそり(?)と暮らすこととなるのであった。どんどん縮小していくのが哀しい。
TOY

TOYの感想・評価

3.2
久しぶりに鑑賞。

ゴジラシリーズ第5作目。
ここら辺から子供向けの怪獣映画へと。

子供の時は気になっていなかったが、キングギドラと戦うため、モスラがラドンとゴジラを説得する設定だったんですね笑。
その様子を解説する小美人。
『地球がどうなろうと俺たちの知ったこっちゃない』には吹き出しちゃいました。

でも、動くと首のグニャグニャ感はあるものの、キングギドラ等怪獣たちの造形&特撮のアイデアは流石です。
>|